TOP>連載 > 愛犬をペットホテルに預ける前の注意点5【ドッグトレーニング】
  • 連載

愛犬をペットホテルに預ける前の注意点5【ドッグトレーニング】

須﨑大のヒューマン・ドッグトレーニング

愛犬をペットホテルに預ける前の注意点5

966216148750eb36ce8f282c63e14df8_s

様々な理由で愛犬をペットホテルや宿泊施設、場合によっては動物病院に預ける方も多いと思います。

もしお預け期間が数日だったとしても、犬にとっては長い期間に映ります。ペットホテルにも様々なスタイルの施設・システムがありますが、大事な我が子をお願いするわけですから、預ける際に飼い主として確認・注意しておきたい事柄があります。

1.担当者とのコミュニケーション

大事な命を預けるのですから、担当者がはっきりしていることを確認したいもの。犬は話すことが出来ないので、私達飼い主がしっかりと担当者とコミュニケーションをはかる事が重要だと思います。

2.事前の健康状態の確認

預けるということは通常の生活環境とは異なります。犬にとって環境の変化と大好きな飼い主との別離は、少なからずともストレスとなります。だからこそ、食欲や睡眠、排便等に異常がないか?事前の健康状態の確認に留意しましょう。もし異変を感じるようでしたら、かかりつけ医に事前に診てもらいましょう。

3.事前の立ち居振舞いの聞き取り、確認

複数の犬が集まれば個々の個性がぶつかることもあります。また各自、様々な課題を抱えていて当然。大きな犬が苦手だったり、バイクの音に怖がる子や、吠える傾向がつよい子もいるでしょう。各自の課題をスタッフが事前に把握できていることで、お預かり期間中に出来るケアがありますし、アフターケアも可能になります。心のある犬ですから、配慮ある対応に努めて下さるサービスを利用したいものです。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

【いぬのはてな】愛犬のニオイがいつもと違ったら (9.19)

  • 連載

はじめてのお散歩【柴門ふみの50過ぎて犬を飼う】 (9.19)

  • 連載

【いぬのはてな】犬の味覚の感じ方 (9.18)

  • 連載

ウソ泣きがしつけの最後の手段【柴門ふみの50過ぎて犬を飼う】 (9.18)

  • 連載

【ペットのがん治療】ウイルスを用いた最先端のがん治療 (9.18)

  • 連載

【いぬのはてな】オスとメスの違い (9.17)

  • 連載

生後三か月のリンコ【柴門ふみの50過ぎて犬を飼う】 (9.17)

  • 連載

【ペットのがん治療】超音波を使ったがん治療「高強度収束超音波治療」とは? (9.17)

もっと見る

注目のグッズ

使い心地に大満足!ペット用木製ベッドホーム

猫が猫型ロボットに…!?「ドラえもん」に大変身できるアイテム

犬と猫、どっちを選ぶ…?村松誠の2018年版カレンダー

ペットの粗相で困っている人は必見!水を噴射して汚れを吸い取る「switle」

ドラえもんのひみつ道具が散りばめられた「I’m Doraemonプリントパーカー」

人気ブランド「PORTER」とコラボしたここでしか買えない限定お散歩トート

猫が猫型ロボットに…!?「ドラえもん」に大変身できるアイテム

ベッドとキャリーバッグがひとつになった多機能キャットベッド

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る