TOP>連載 > 【いぬのはてな】愛犬との旅行で気をつけるべき事
  • 連載

【いぬのはてな】愛犬との旅行で気をつけるべき事

宿泊施設ごとに決められたルールを守りましょう。

1-6

最近ではペットも家族の一員という事から、旅館やコテージ、ホテルなど、全国各地でペットと同伴宿泊可能の施設が増えてきています。また宿泊施設によっては、宿泊者が利用できる大きなドッグランや、犬専用の露天風呂があり、人間同様に愛犬も楽しめます。

今回は、愛犬との旅行を楽しむために覚えておきたいことをご紹介いたします。

まず、混合ワクチンや狂犬病予防はしっかりとしておきましょう。多くの宿泊施設が設けているルールの1つになりますし、飼い主としての当然の義務です。旅先では多くの他の犬との触れ合いもありますから、混合ワクチンの接種はきちんとしておきましょう。

また、トイレや、オスワリ・マテ・フセなどといった基本的なしつけはすでに済んでいることを条件としている宿泊施設も多いです。ただし、普段ちゃんとトイレが出来ている子でも、環境が変わることで不安や恐怖心から粗相をしてしまう子可能性もあるので、マナーベルトや犬用のおむつを持参していくと安心でしょう。

楽しい旅行にして、愛犬とたくさんの思い出を作ってくださいね!

文/大原絵理香

配信サイト:「ペットゥモロー」
ペットとの生活をより楽しく、充実させるためのノウハウや情報をお届けするペット総合情報メディアです。
HP
http://petomorrow.jp/

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

犬に多い病気・子宮蓄膿症が疑われる4つの注意ポイント【Dr.古江のお悩み相談室】 (3.26)

  • 連載

【いぬのはてな】かまってほしい時に見せる犬のしぐさ (3.26)

  • 連載

はじめてのお散歩【柴門ふみの50過ぎて犬を飼う】 (3.25)

  • 連載

【いぬのはてな】うれしい時に見せる犬のしぐさ (3.25)

  • 連載

【青山尚暉のワンderful LIFE】マリアの幸せ(1) (3.24)

  • 連載

【いぬのはてな】チワワはなぜかわいい? (3.24)

  • 連載

警察署前に捨てられた子犬、今ではInstagramの人気者!【保護犬と暮らす】 (3.24)

  • 連載

赤色が見えにくい!犬の眼の構造を知ろう【わんこの処方箋】 (3.23)

もっと見る

注目のグッズ

機能性とデザイン性を両立した日本製の自動給餌器

ダンボールのプロが開発!おしゃれで使い勝手のいい猫用爪とぎ

ベッドとキャリーバッグがひとつになった多機能キャットベッド

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ

ドラえもんの大好物「どら焼き」型ペットベッドが当たるキャンペーン開催

ドラえもんの大好物、どら焼きをベッドにしちゃいました! ドラえもん「どら焼きベッド」をプレ...

浮世絵師「歌川国芳」の猫をあしらったかわいい升酒グラス

イタリアの熟練クラフトマンが生んだ猫のシルバージュエリー

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る