TOP>連載 > 【いぬのはてな】電車・バス・飛行機などの公共交通機関の利用方法
  • 連載

【いぬのはてな】電車・バス・飛行機などの公共交通機関の利用方法

それぞれにルールがあるので、事前の確認が必要です

d00632b91d10419a0b9f98cdc4c35087_s

◆電車
クレートやバッグに入れることで、手回り品として乗車が可能です。都内の場合、JRは一律280円、東京メトロは無料。JRの場合、窓口や改札で別途切符を購入した後に乗車となります。

◆新幹線
乗車規定は電車と同じです。荷物扱いになり、自由席の座席に置いたり指定席を取ることは出来ないため、クレートは自席の足元に置きましょう。

◆バス
都バスは、追加料金不要の手荷物として乗車が可能です。クレートは重量の合計が10キロ以内、三辺の長さの合計が100センチ以内のものに限ります。

◆タクシー
基本的に追加料金はかからず、クレートに入れ乗車可能ですが、地方の事業者や個人タクシーによっては乗車できない場合があるので、乗車前に確認すると良いでしょう。

◆高速バス
夜行バスのペットの乗車はできません。夜間走行しない昼行便は、30×30×30センチ以内のクレートに入れることで、乗車可能になります。ただし鳴き声やにおいで途中下車を促されることもあり、その場合の乗車券の払い戻しは出来ません。

◆飛行機
ANA、JAL、スカイマークは受託手荷物として預けることが可能です。重量により料金が変わり、3000~6000円程度の料金が発生します。ANA、JALは有料のクレートの貸し出しも行っています。各航空会社とも、気圧の変化に弱い犬種(ブルドッグ、フレンチ・ブルドッグ、ボクサー、シーズー、ボストン・テリア、ブル・テリア、キングチャールズ・スパニエル、チベタン・スパニエル、ブリュッセル・グリフォン、チャウチャウ、パグ、チン、ペキニーズなど)の搭乗はできません。

おおまかに紹介しましたが、詳しいルールはそれぞれの機関で事前に確認してくださいね。公共交通機関は当然他の人も一緒に乗り合わせることが多く、中には犬が苦手な方もいます。犬を連れて乗車する場合は、ルールとマナーを守り、最大限配慮することが大切です。

文/大原絵理香

配信サイト:「ペットゥモロー」
ペットとの生活をより楽しく、充実させるためのノウハウや情報をお届けするペット総合情報メディアです。
HP
http://petomorrow.jp/

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

愛犬との安心ドライブのためのドライブレコーダー活用術【わんこと行くクルマ旅 特別編】 (2.23)

  • 連載

ボーダーコリーが話題の「ヒマチー」を食べたら…? (2.22)

  • 連載

お散歩デート3。【まう助日記】 (2.22)

  • 連載

今春以降オープンする愛犬同伴型リゾートホテル先取り情報【わんこと行くクルマ旅 特別編】 (2.21)

  • 連載

マリアお薦めスポット伊豆高原編 『神祇大社』 (2.19)

  • 連載

コウハイについての心配ごと【犬猫家族】 (2.19)

  • 連載

お散歩デート2。【まう助日記】 (2.17)

  • 連載

マリアお薦めのランチスポット伊豆高原編 『宇賀神』 (2.16)

もっと見る

注目のグッズ

手編みの温もりが嬉しい犬猫用「くつろぎバケット」

わんこの肉球を守るDOGブーツが登場♪

わんこのバスタイムを短縮♪ 重炭酸スパクリングシャワーヘッド!

まんまる仔犬に癒される〜♪琳派の豆皿と箸置き

寒い季節にピッタリ♪ わんこ用『ドラえもん ちゃんちゃんこ』

猫が猫型ロボットに…!?「ドラえもん」に大変身できるアイテム

あったか〜い。冬もヌクヌク♪わんこが喜ぶ「英国製ブランケット」

ダンボールのプロが開発!おしゃれで使い勝手のいい猫用爪とぎ

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る