TOP>連載 > 【いぬのはてな】電車・バス・飛行機などの公共交通機関の利用方法
  • 連載

【いぬのはてな】電車・バス・飛行機などの公共交通機関の利用方法

それぞれにルールがあるので、事前の確認が必要です

d00632b91d10419a0b9f98cdc4c35087_s

◆電車
クレートやバッグに入れることで、手回り品として乗車が可能です。都内の場合、JRは一律280円、東京メトロは無料。JRの場合、窓口や改札で別途切符を購入した後に乗車となります。

◆新幹線
乗車規定は電車と同じです。荷物扱いになり、自由席の座席に置いたり指定席を取ることは出来ないため、クレートは自席の足元に置きましょう。

◆バス
都バスは、追加料金不要の手荷物として乗車が可能です。クレートは重量の合計が10キロ以内、三辺の長さの合計が100センチ以内のものに限ります。

◆タクシー
基本的に追加料金はかからず、クレートに入れ乗車可能ですが、地方の事業者や個人タクシーによっては乗車できない場合があるので、乗車前に確認すると良いでしょう。

◆高速バス
夜行バスのペットの乗車はできません。夜間走行しない昼行便は、30×30×30センチ以内のクレートに入れることで、乗車可能になります。ただし鳴き声やにおいで途中下車を促されることもあり、その場合の乗車券の払い戻しは出来ません。

◆飛行機
ANA、JAL、スカイマークは受託手荷物として預けることが可能です。重量により料金が変わり、3000~6000円程度の料金が発生します。ANA、JALは有料のクレートの貸し出しも行っています。各航空会社とも、気圧の変化に弱い犬種(ブルドッグ、フレンチ・ブルドッグ、ボクサー、シーズー、ボストン・テリア、ブル・テリア、キングチャールズ・スパニエル、チベタン・スパニエル、ブリュッセル・グリフォン、チャウチャウ、パグ、チン、ペキニーズなど)の搭乗はできません。

おおまかに紹介しましたが、詳しいルールはそれぞれの機関で事前に確認してくださいね。公共交通機関は当然他の人も一緒に乗り合わせることが多く、中には犬が苦手な方もいます。犬を連れて乗車する場合は、ルールとマナーを守り、最大限配慮することが大切です。

文/大原絵理香

配信サイト:「ペットゥモロー」
ペットとの生活をより楽しく、充実させるためのノウハウや情報をお届けするペット総合情報メディアです。
HP
http://petomorrow.jp/

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

【青山尚暉のワンderful LIFE】マリアの幸せ(2) (3.28)

  • 連載

【いぬのはてな】犬が落ち着きはじめるのは何歳ぐらいから? (3.28)

  • 連載

【ドッグフレンドリー・カー】VWティグアン ハイライン (3.28)

  • 連載

老化と間違えやすい病気!犬の甲状腺機能低下症とは?【Dr.古江のお悩み相談室】 (3.27)

  • 連載

【いぬのはてな】チワワがもっと好きになる!チワワの意外な特徴 (3.27)

  • 連載

犬に多い病気・子宮蓄膿症が疑われる4つの注意ポイント【Dr.古江のお悩み相談室】 (3.26)

  • 連載

【いぬのはてな】かまってほしい時に見せる犬のしぐさ (3.26)

  • 連載

はじめてのお散歩【柴門ふみの50過ぎて犬を飼う】 (3.25)

もっと見る

注目のグッズ

機能性とデザイン性を両立した日本製の自動給餌器

ダンボールのプロが開発!おしゃれで使い勝手のいい猫用爪とぎ

ベッドとキャリーバッグがひとつになった多機能キャットベッド

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ

ドラえもんの大好物「どら焼き」型ペットベッドが当たるキャンペーン開催

ドラえもんの大好物、どら焼きをベッドにしちゃいました! ドラえもん「どら焼きベッド」をプレ...

浮世絵師「歌川国芳」の猫をあしらったかわいい升酒グラス

イタリアの熟練クラフトマンが生んだ猫のシルバージュエリー

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る