TOP>連載 > 【いぬのはてな】チェリーアイってどんな病気?
  • 連載

【いぬのはてな】チェリーアイってどんな病気?

サクランボのように、目が赤く腫れます

1-1

チェリーアイとは、瞬膜にある瞬膜腺が外に飛び出し、炎症を起こして赤く腫れる目の病気で、主な症状は、目を前足でかいたりこすったりする、涙の量が増える、瞬きが増える、目の充血がみられるなどです。このチェリーアイは、角膜炎や結膜炎、眼球の傷などを引き起こします。

シーズーやビーグル、コッカー・スパニエル、ボストンテリア、チワワなどの犬種は先天的に起こりやすいといわれており、多くは生後6ヶ月から2歳くらいまでに発症します。もちろん、後天的に外傷や腫瘍が原因で発症することもあります。

軽度の場合は抗炎症作用のある点眼薬や抗菌剤の投与で腫れを抑えられますが、重度の場合や再発を繰り返す場合は、外科的処置で瞬膜腺を固定して飛び出さないようにします。

このチェリーアイは、早期発見・早期治療が一番の予防策。目に埃などがつかないように目の周りを清潔に保ち、症状が出たらすぐに病院に連れてくことが大切です。毎日の注意深い観察と飼い主の心がけで愛犬の目を守ってあげましょう。

文/大原絵理香

配信サイト:「ペットゥモロー」
http://petomorrow.jp/
ペットとの生活をより楽しく、充実させるためのノウハウや情報をお届けするペット総合情報メディアです。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

【看板犬探訪】真田丸の舞台・九度山に実在した高野山の案内犬ゴン (8.20)

  • 連載

【わんこと行くクルマ旅 特別編】災害時に強いドッグフレンドリーカー (8.20)

  • 連載

露天風呂で愛を育む【わんちゃんからの贈り物(おでかけ編10)】 (8.20)

  • 連載

犬との幸せな時間のために生きている【柴門ふみの50過ぎて犬を飼う】 (8.19)

  • 連載

【いぬのはてな】犬がへそ天する理由って? (8.18)

  • 連載

【今月のドッグフレンドリー・カー】BMW 523dツーリング ラグジュアリー (8.17)

  • 連載

【いぬのはてな】ペットセーバーってなに? (8.16)

  • 連載

【看板犬探訪】3匹の看板犬とまったり触れ合える! 早稲田のベジタリアン向けカフェ「Cafe... (8.16)

もっと見る

注目のグッズ

音や振動に反応して猫シルエットが浮かび上がるLEDライト

機能性とデザイン性を両立した日本製の自動給餌器

予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク電動ねこじゃらし

猫が猫型ロボットに…!?「ドラえもん」に大変身できるアイテム

イタリアの工房が手がけるシルバー製の猫アクセサリー

雨の日が待ち遠しくなる!キュートなドラえもんレインコート

人気ブランド「PORTER」とコラボしたここでしか買えない限定お散歩トート

江戸猫がアクセント!「歌川国芳」の猫をあしらったビールグラス

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る