TOP>連載 > 【いぬのはてな】チェリーアイってどんな病気?
  • 連載

【いぬのはてな】チェリーアイってどんな病気?

サクランボのように、目が赤く腫れます

1-1

チェリーアイとは、瞬膜にある瞬膜腺が外に飛び出し、炎症を起こして赤く腫れる目の病気で、主な症状は、目を前足でかいたりこすったりする、涙の量が増える、瞬きが増える、目の充血がみられるなどです。このチェリーアイは、角膜炎や結膜炎、眼球の傷などを引き起こします。

シーズーやビーグル、コッカー・スパニエル、ボストンテリア、チワワなどの犬種は先天的に起こりやすいといわれており、多くは生後6ヶ月から2歳くらいまでに発症します。もちろん、後天的に外傷や腫瘍が原因で発症することもあります。

軽度の場合は抗炎症作用のある点眼薬や抗菌剤の投与で腫れを抑えられますが、重度の場合や再発を繰り返す場合は、外科的処置で瞬膜腺を固定して飛び出さないようにします。

このチェリーアイは、早期発見・早期治療が一番の予防策。目に埃などがつかないように目の周りを清潔に保ち、症状が出たらすぐに病院に連れてくことが大切です。毎日の注意深い観察と飼い主の心がけで愛犬の目を守ってあげましょう。

文/大原絵理香

配信サイト:「ペットゥモロー」
https://petomorrow.jp/
ペットとの生活をより楽しく、充実させるためのノウハウや情報をお届けするペット総合情報メディアです。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

末っ子カリドと母子の旅へ【わんちゃんからの贈り物(おでかけ編25)】 (11.12)

  • 連載

ハロウィン。【まう助日記】 (10.31)

  • 連載

食欲の秋!ペットフードの選び方について【犬猫家族 特別編】 (10.17)

[PR]
  • 連載

動物愛護週間について【犬猫家族】 (9.30)

  • 連載

パパの息子達への思い【わんちゃんからの贈り物(おでかけ編24)】 (9.26)

  • 連載

ウォーターバトル。【まう助日記】 (8.30)

  • 連載

我が家の暑さ対策【犬猫家族】 (8.29)

  • 連載

保護犬出身五男グアポの初めてのお誕生日【わんちゃんからの贈り物(おでかけ編23)】 (8.23)

もっと見る

注目のグッズ

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット

豆柴のまう助がひょっこり「こんにちは」! 日常使いにぴったりのトートが登場

柴犬好きをアピールできちゃう♪ ペットゥモロー看板犬・まう助のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る