TOP>連載 > 【いぬのはてな】チェリーアイってどんな病気?
  • 連載

【いぬのはてな】チェリーアイってどんな病気?

サクランボのように、目が赤く腫れます

1-1

チェリーアイとは、瞬膜にある瞬膜腺が外に飛び出し、炎症を起こして赤く腫れる目の病気で、主な症状は、目を前足でかいたりこすったりする、涙の量が増える、瞬きが増える、目の充血がみられるなどです。このチェリーアイは、角膜炎や結膜炎、眼球の傷などを引き起こします。

シーズーやビーグル、コッカー・スパニエル、ボストンテリア、チワワなどの犬種は先天的に起こりやすいといわれており、多くは生後6ヶ月から2歳くらいまでに発症します。もちろん、後天的に外傷や腫瘍が原因で発症することもあります。

軽度の場合は抗炎症作用のある点眼薬や抗菌剤の投与で腫れを抑えられますが、重度の場合や再発を繰り返す場合は、外科的処置で瞬膜腺を固定して飛び出さないようにします。

このチェリーアイは、早期発見・早期治療が一番の予防策。目に埃などがつかないように目の周りを清潔に保ち、症状が出たらすぐに病院に連れてくことが大切です。毎日の注意深い観察と飼い主の心がけで愛犬の目を守ってあげましょう。

文/大原絵理香

配信サイト:「ペットゥモロー」
http://petomorrow.jp/
ペットとの生活をより楽しく、充実させるためのノウハウや情報をお届けするペット総合情報メディアです。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

【ペットのがん治療】がんの化学療法について (12.12)

  • 連載

マリアの愛車をシニア犬対応&スタイリッシュな快適仕様に変身大作戦! (12.12)

  • 連載

軽井沢のレジーナリゾートで二男クールの連続バースデー【わんちゃんからの贈り物(おでかけ編1... (12.12)

  • 連載

寝顔。【まう助日記】 (12.9)

  • 連載

【ペットのがん治療】ウイルスを用いた最先端のがん治療 (12.8)

  • 連載

【ペットのがん治療】そもそも「がん」とは? (12.7)

  • 連載

【ペットのがん治療】がんになるとなぜ死ぬのか? (12.6)

  • 連載

僕のトイレ。【まう助日記】 (12.5)

もっと見る

注目のグッズ

にゃにゃっ?予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク猫じゃらし

押忍!ドラえもんの「わんこ用柔道着」が登場(笑)

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ

空気層96%のケアマット!驚くほど快適だからわんこもぐっすり

犬と猫、どっちを選ぶ…?村松誠の2018年版カレンダー

音や振動に反応して猫シルエットが浮かび上がるLEDライト

これは飽きないにゃ〜!PETomorrow限定 猫遊び3種セット

寒い時期に大活躍のアウター!わんこ用「ドラえもん スタジャン」

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る