TOP>連載 > 【いぬのはてな】ラブラドールの食いしん坊は遺伝子変異によるものだった!?
  • 連載

【いぬのはてな】ラブラドールの食いしん坊は遺伝子変異によるものだった!?

補助犬から高い確率で発見

9-4

犬は元々食欲旺盛な生き物ですが、中でもラブラドール・レトリーバーという犬種は食ベ過ぎで肥満になりやすいと言われています。

イギリスの研究グループが2016年に医学誌「Cell Metabolism」に発表した論文によると、このラブラドールの食欲の強さは、ある遺伝子変異が関係しているとのことです。

具体的には「プロオピオメラノコルチン(POMC)」というホルモンを作る遺伝子が変異すると満腹感が感じられず、いつも食べ物を欲しがるようになってしまうそう。

この遺伝子変異は、検査したラブラドール全体の23%で見つかり、さらに介助犬や盲導犬など補助犬のラブラドールに絞った検査では、76%も見つかりました。特に補助犬の犬からPOMC遺伝子変異が高率で見られる理由は、エサによる訓練がしやすいからではないかと考えられています。

犬の肥満はさまざまな病気を引き起こす可能性が高まり、呼吸器や関節への負担も増えるため減量対策は必須といえます。また一部のラブラドールのようにいつもお腹が空いたと思いながら生きているのもつらいでしょう。このような研究により今後、犬の健康に役立つ新たな予防法などが生まれることを期待したいですね。

文/大原絵理香

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

愛犬との安心ドライブのためのドライブレコーダー活用術【わんこと行くクルマ旅 特別編】 (2.23)

  • 連載

ボーダーコリーが話題の「ヒマチー」を食べたら…? (2.22)

  • 連載

お散歩デート3。【まう助日記】 (2.22)

  • 連載

今春以降オープンする愛犬同伴型リゾートホテル先取り情報【わんこと行くクルマ旅 特別編】 (2.21)

  • 連載

マリアお薦めスポット伊豆高原編 『神祇大社』 (2.19)

  • 連載

コウハイについての心配ごと【犬猫家族】 (2.19)

  • 連載

お散歩デート2。【まう助日記】 (2.17)

  • 連載

マリアお薦めのランチスポット伊豆高原編 『宇賀神』 (2.16)

もっと見る

注目のグッズ

手編みの温もりが嬉しい犬猫用「くつろぎバケット」

わんこの肉球を守るDOGブーツが登場♪

わんこのバスタイムを短縮♪ 重炭酸スパクリングシャワーヘッド!

まんまる仔犬に癒される〜♪琳派の豆皿と箸置き

寒い季節にピッタリ♪ わんこ用『ドラえもん ちゃんちゃんこ』

猫が猫型ロボットに…!?「ドラえもん」に大変身できるアイテム

あったか〜い。冬もヌクヌク♪わんこが喜ぶ「英国製ブランケット」

ダンボールのプロが開発!おしゃれで使い勝手のいい猫用爪とぎ

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る