TOP>連載 > 【いぬのはてな】しっぽを振る時、右と左では意味が違う?
  • 連載

【いぬのはてな】しっぽを振る時、右と左では意味が違う?

イタリアの研究チームによって解明された犬のしっぽの意味とは

12-9

犬がしっぽを振るのは嬉しいからだといわれていますが、右に振るか左に振るかでは違う意味をもつことが、2007年にイタリアの研究チームによって発見されました。

研究チームは、30頭のミックス犬を、飼い主、知らない人、猫、面識のない強そうな犬、にそれぞれ対面させ、しっぽの振り方を計測しました。その結果、飼い主には大きく右に、知らない人にはかすかに右に、猫には小さく数回右に、面識のない強そうにな犬は左にしっぽを振るという結果が出ました。

またこのとき、犬同士で相手のしっぽの向きを理解しているかという実験も行われました。結果は、右にしっぽを振る犬の映像を見た時より、左にしっぽを振る犬の映像を見たときのほうが、対象の犬の心臓の動きが激しく落ち着きのない様子を見せました。このことから、犬は他の犬の感情をしっぽの向きで認識しているということがわかりました。

人間の場合、右脳はネガティブ、左脳はポジティブな感情と関連があり、右脳の動きが左半身、左脳の動きが右半身に表れるといわれてますが、ある意味、犬も人間と同じような結果が出たわけです。

愛犬のしっぽが右に振られているか、左に振られているか、意識して観察してみてはいかがでしょうか。

文/大原絵理香

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

パパの息子達への思い【わんちゃんからの贈り物(おでかけ編24)】 (9.26)

  • 連載

ウォーターバトル。【まう助日記】 (8.30)

  • 連載

我が家の暑さ対策【犬猫家族】 (8.29)

  • 連載

保護犬出身五男グアポの初めてのお誕生日【わんちゃんからの贈り物(おでかけ編23)】 (8.23)

  • 連載

真夏の散歩。【まう助日記】 (8.15)

  • 連載

マツダ『アテンザワゴン』で行くリゾートホテルWan’s Resort山中湖 後編【わんこと... (8.6)

  • 連載

氷が取れない。【まう助日記】 (7.31)

  • 連載

保護犬出身カリドが早く家族の一員になれるように【わんちゃんからの贈り物(おでかけ編22)】 (7.31)

もっと見る

注目のグッズ

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット

豆柴のまう助がひょっこり「こんにちは」! 日常使いにぴったりのトートが登場

柴犬好きをアピールできちゃう♪ ペットゥモロー看板犬・まう助のTシャツが登場!

こんなに毛が取れるの?わんこのお手入れにおすすめの『ファーミネーター』!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る