TOP>連載 > シニアの小型犬に多い心臓の病気に注意!【Dr.古江のお悩み相談室】
  • 連載

シニアの小型犬に多い心臓の病気に注意!【Dr.古江のお悩み相談室】

シニアの小型犬に多い心臓の病気、「僧帽弁閉鎖不全症」に注意しましょう!

004f128a20a498a3f1fb4cbaa56e7f3f_s

小型犬に多い心臓病の一つ「僧帽弁閉鎖不全症」を知っていますか?キャバリアキングチャールズスパニエルや、シーズー、マルチーズ、チワワ、プードル、ポメラニアンなどに多く見られる病気です。

僧帽弁というのは、左心室と左心房を隔てている薄い膜状の構造物のことを言います。この弁があるおかげで、正常な心臓は血液を一方向に送り出せるようになっていますが、これが閉鎖不全、つまりしっかり閉じなくなることで、血液が左心室から左心房へと逆戻りしてしまうことがこの病気の特徴です。これを僧帽弁閉鎖不全症と言います。シニアの小型犬によく見られる病気ですので、気になる兆候があれば元気でも動物病院へ行った方が良いかもしれません。

さて、その病気の兆候というのは・・・簡単に言うと「咳をする」ということです。

先ほど血液は「左心房→左心室」という一方向の流れとお話ししましたが、もう少し血液の流れを大きく見てみると、「右心房→右心室→肺→左心房→左心室→全身→右心房→・・・・」と循環します。これが僧帽弁閉鎖不全症により左心で血液逆流が起こると、「左心室→左心房→肺・・・」というように、肺での血流も悪くなってしまいます。そのため、肺へ負荷がかかり、咳が出てくるのです。

私が診察の中で咳の話をすると、飼い主さんに「先生、犬の咳ってどんな感じなんですか?」とご質問を受けることもあります。そういう飼い主さんのためにお伝えしておくと、犬の咳も人間の咳もあまり変わりはありません。ですから、咳をしていれば見逃すことはないと思いますよ。

あと、注意していただきたいのは、僧帽弁閉鎖不全症では、咳まではいかないけれど「カッ、カッ、カッ」という痰が絡んだような音を出す場合もあります。気管の問題でもこのような痰が絡んだような音が出ることはあるので、念のためかかりつけの病院を受診することをお勧めします。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

もしかして、ボケがはじまった? 【犬猫家族】 (12.17)

  • 連載

エリザベスカラーを装着したけど…【犬猫家族】 (11.21)

  • 連載

末っ子カリドと母子の旅へ【わんちゃんからの贈り物(おでかけ編25)】 (11.12)

  • 連載

ハロウィン。【まう助日記】 (10.31)

  • 連載

食欲の秋!ペットフードの選び方について【犬猫家族 特別編】 (10.17)

[PR]
  • 連載

動物愛護週間について【犬猫家族】 (9.30)

  • 連載

パパの息子達への思い【わんちゃんからの贈り物(おでかけ編24)】 (9.26)

  • 連載

ウォーターバトル。【まう助日記】 (8.30)

もっと見る

注目のグッズ

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット

豆柴のまう助がひょっこり「こんにちは」! 日常使いにぴったりのトートが登場

柴犬好きをアピールできちゃう♪ ペットゥモロー看板犬・まう助のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る