TOP>連載 > 【いぬのはてな】世界的に有名なドッグトレーナーのしつけ方
  • 連載

【いぬのはてな】世界的に有名なドッグトレーナーのしつけ方

全くちがう二人が提唱するトレーニング方法とは?

12-2

カリスマ・ドッグトレーナーといわれるシーザー・ミランと、美人ドッグトレーナーと呼ばれるヴィクトリア・スティルウェル。どちらも世界的に有名な2人ですが、2人のトレーニング方法には大きな違いがあります。

シーザーの考え方の基本となるのは、愛犬の問題行動は飼い主のせいであり、犬は犬として扱うべきだという事です。彼は、飼い主が穏やかで毅然とした態度を取れば、犬は飼い主を群れのリーダーとみなし、穏やかで従順になると説いています。シーザーはときに犬を服従させるため、手や足で刺激を与えたり、トゲのついたスパイクカラーや電流が流れるショックカラーを使ったりするので、愛犬家たちから批判されることも多いです。

一方、ヴィクトリアはシーザーのスパイクカラーやショックカラーには断固反対しており、褒めてしつけるポジティブトレーニングを提唱しています。犬が良い行動をしたら分かりやすい言葉でほめたりご褒美をあげたりして、犬にどうしたら飼い主が喜ぶか考えさせるのです。このトレーニング方法では、犬が正しい行動をとるまで何度でも同じことを繰り返してトレーニングをするので、飼い主は根気よく取り組むことが必要です。

どちらのトレーニング方法が正しいという事はありません。愛犬にあった方法で、飼い主がきちんとトレーニングをしていく事が何より大切なのではないでしょうか。

文/大原絵理香

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

愛犬との安心ドライブのためのドライブレコーダー活用術【わんこと行くクルマ旅 特別編】 (2.23)

  • 連載

ボーダーコリーが話題の「ヒマチー」を食べたら…? (2.22)

  • 連載

お散歩デート3。【まう助日記】 (2.22)

  • 連載

今春以降オープンする愛犬同伴型リゾートホテル先取り情報【わんこと行くクルマ旅 特別編】 (2.21)

  • 連載

マリアお薦めスポット伊豆高原編 『神祇大社』 (2.19)

  • 連載

コウハイについての心配ごと【犬猫家族】 (2.19)

  • 連載

お散歩デート2。【まう助日記】 (2.17)

  • 連載

マリアお薦めのランチスポット伊豆高原編 『宇賀神』 (2.16)

もっと見る

注目のグッズ

手編みの温もりが嬉しい犬猫用「くつろぎバケット」

わんこの肉球を守るDOGブーツが登場♪

わんこのバスタイムを短縮♪ 重炭酸スパクリングシャワーヘッド!

まんまる仔犬に癒される〜♪琳派の豆皿と箸置き

寒い季節にピッタリ♪ わんこ用『ドラえもん ちゃんちゃんこ』

猫が猫型ロボットに…!?「ドラえもん」に大変身できるアイテム

あったか〜い。冬もヌクヌク♪わんこが喜ぶ「英国製ブランケット」

ダンボールのプロが開発!おしゃれで使い勝手のいい猫用爪とぎ

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る