TOP>連載 > 【いぬのはてな】世界的に有名なドッグトレーナーのしつけ方
  • 連載

【いぬのはてな】世界的に有名なドッグトレーナーのしつけ方

全くちがう二人が提唱するトレーニング方法とは?

12-2

カリスマ・ドッグトレーナーといわれるシーザー・ミランと、美人ドッグトレーナーと呼ばれるヴィクトリア・スティルウェル。どちらも世界的に有名な2人ですが、2人のトレーニング方法には大きな違いがあります。

シーザーの考え方の基本となるのは、愛犬の問題行動は飼い主のせいであり、犬は犬として扱うべきだという事です。彼は、飼い主が穏やかで毅然とした態度を取れば、犬は飼い主を群れのリーダーとみなし、穏やかで従順になると説いています。シーザーはときに犬を服従させるため、手や足で刺激を与えたり、トゲのついたスパイクカラーや電流が流れるショックカラーを使ったりするので、愛犬家たちから批判されることも多いです。

一方、ヴィクトリアはシーザーのスパイクカラーやショックカラーには断固反対しており、褒めてしつけるポジティブトレーニングを提唱しています。犬が良い行動をしたら分かりやすい言葉でほめたりご褒美をあげたりして、犬にどうしたら飼い主が喜ぶか考えさせるのです。このトレーニング方法では、犬が正しい行動をとるまで何度でも同じことを繰り返してトレーニングをするので、飼い主は根気よく取り組むことが必要です。

どちらのトレーニング方法が正しいという事はありません。愛犬にあった方法で、飼い主がきちんとトレーニングをしていく事が何より大切なのではないでしょうか。

文/大原絵理香

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

「ツンデレ猫」と仲良くなるためのテクニック (11.21)

  • 連載

ボルボ『V90 Cross Country』でレジーナリゾート旧軽井沢に訪れる・後編【わん... (11.21)

  • 連載

マリアお薦めのランチスポット軽井沢編『Hamy’s』 (11.21)

  • 連載

はじめまして、まう助です!【まう助日記】 (11.19)

  • 連載

【いぬのはてな】犬がおもらしする理由って…? (11.17)

  • 連載

【今月のドッグフレンドリー・カー】ボルボXC60 (11.17)

  • 連載

ボルボ『V90 Cross Country』でレジーナリゾート旧軽井沢に訪れる・中編【わん... (11.14)

  • 連載

【いぬのはてな】柴犬にM字眉毛が出現する怪現象!? (11.13)

もっと見る

注目のグッズ

水難事故対策のわんこ用ライフジャケット「ツナガード for DOG」

ペットの粗相で困っている人は必見!水を噴射して汚れを吸い取る「switle」

ベッドとキャリーバッグがひとつになった多機能キャットベッド

ウイスキー評論家・山岡秀雄氏監修!キュートな猫ラベルの数量限定シングルモルト登場

避難時のペット運搬に!『避難ジャケット ベーシック(付属品9点セット)』

防炎素材を使用した避難用キャリー『ライフバッグ ポケッタブル』

災害時にペットを守る!非常用グッズが付属した『ライフバッグ カジュアル』

水難事故対策のわんこ用ライフジャケット「ツナガード for DOG」

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る