TOP>連載 > 生後三か月のリンコ【柴門ふみの50過ぎて犬を飼う】

  • 連載

生後三か月のリンコ【柴門ふみの50過ぎて犬を飼う】

柴門ふみの50過ぎて犬を飼う(3)

生後三か月のリンコ

犬を飼うにあたって、我が家では家族会議が開かれた。

まず、犬を外で飼うか室内で飼うかが、議題となった。

「そんなの外に決まっているだろう。庭に放しておけばいい。そしたら、散歩の手間も省けるし」

夫が主張した。しかし、

「犬は、家族です。家族を庭に放置していいのですか?」

という私の意見を押し通し、リンコの室内犬としての教育が始まったのである。

とは言ったものの、私が室内で犬を飼うのは、生まれて初めてのことなのである。

初めてリンコを我が家に迎えた日、私もリンコも緊張でコチコチだった。サークルとトイレトレイ、水飲みは取りあえずそろえたものの、慌て過ぎてトイレシートの裏表を逆に敷いてしまった。おかげで犬の足元はびしょびしょになってしまった。

sz01ic3

「ひとりにしておくと寂しいのかな?」

「暗いと怖がる?」

「寒いと風邪をひくかもしれない」

そこで私は電気がコウコウと輝く部屋に暖房を強めに入れ、寂しがらないようにテレビをつけっぱなしにしたのである。

サークルの中を覗くと、生後三か月のリンコは、わけがわからない様子でワンともキュンとも言わずに、小刻みに震えながらうずくまっている。

「先祖の暮らすイングランドから遠く離れた日本で、しかも親兄弟とも別れ、ひとりぼっちの可愛そうな子、・・・」

そう考え始めると、胸が引き裂かれそうになった。

たったひとりでリンコを躾けるのは無理だと思い、私は友人に頼んでドッグトレーナーを紹介してもらった。リンコが家に来て三日後にさっそくトレーナーのNさんがやって来た。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

【ペットのがん治療】超音波を使ったがん治療「高強度収束超音波治療」とは? (12.17)

  • 連載

トイプードルは毛の色で性格が違う…? (12.16)

  • 連載

猫の睡眠事情【犬猫家族】 (12.16)

  • 連載

【ペットのがん治療】凍らせて壊死させるがんの治療法・凍結療法について (12.16)

  • 連載

【ペットのがん治療】熱でがんが消滅!?古代ギリシア時代でも用いられていた温熱療法について (12.15)

  • 連載

産まれた赤ちゃんと引き換えによそへ出された甘えん坊の小さな犬【保護犬と暮らす】 (12.15)

  • 連載

【ペットのがん治療】将来に期待されるがんの治療法「実験的治療」とは? (12.14)

  • 連載

嫌いな場所。【まう助日記】 (12.14)

もっと見る

注目のグッズ

避難時のペット運搬に!『避難ジャケット ベーシック(付属品9点セット)』

猫のモフモフリラックスタイム♪ 寝心地抜群の「ドラえもん フェイスベッド」

人気ブランド「PORTER」とコラボしたここでしか買えない限定お散歩トート

寒い季節にピッタリ♪ わんこ用『ドラえもん ちゃんちゃんこ』

にゃにゃっ?予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク猫じゃらし

押忍!ドラえもんの「わんこ用柔道着」が登場(笑)

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ

空気層96%のケアマット!驚くほど快適だからわんこもぐっすり

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る