TOP>連載 > ずっと犬を飼いたいと思っていた【柴門ふみの50過ぎて犬を飼う】

  • 連載

ずっと犬を飼いたいと思っていた【柴門ふみの50過ぎて犬を飼う】

柴門ふみの50過ぎて犬を飼う(1)

ずっと犬を飼いたいと思っていた

ずっと犬を飼いたいと思っていた。

子供たちの手が離れ、私の<何かを育てたい>欲望が行き場を失っていたからだ。家庭菜園を始めてみたが、手間暇かかる割にあっという間に食べてしまう。おまけに作物は喋らない。どうも物足りなかった。

そんな時、大学時代の友人に会った。彼女は定年まであと5年を残して早期退職していた。バツイチの一人暮らし。定年後の人生をどう過ごしているのと聞くと、犬を飼っていてその世話で一日があっという間に終わると言う。可愛いの? と尋ねると、

「そりゃあ。だって、ずっと3才のままの子供が家に居るのと同じだもの」

彼女のその一言で私は決心した。

「絶対、犬を飼おう」

ちょうど、長年暮らした練馬から吉祥寺に越したばかりだった。新居のすぐ裏は、井の頭公園だ。まさに、犬を飼えといわんばかりの環境である。

しかし、それでもまだ私は躊躇していた。毎朝の散歩が私にできるだろうか?犬を飼えば旅行ができなくなるという、家中毛だらけになるらしい、第一、私ってそれほど犬好きだっけ……?

犬を飼うことに賛成だった夫と一緒に、暇を見つけてはペットショップに立ち寄った。しかし、どの犬を見てもピンとこなかった。

そして、今から2年前の12月。ふと入ったペットショップでウェルシュコーギーの仔犬と目が合った。可愛いねと話し合う私たちに気づいた店のスタッフが声をかけてきた。

「抱っこしますか?」

言われるままに抱きかかえると、小刻みに震える仔犬の頼りなげな肉体から、確かな命の温もりが伝わってきた。ふわふわと、なんて温かいの!そんな私を見て夫が言った。

「気に入ったか? だったら、クリスマスプレゼントに俺が買ってやろう」

そうしてついに、我が家に<リンコ>がやってきたのである。

117

文/柴門ふみ

漫画家、エッセイスト。
1957年徳島市生まれ。
代表作「東京ラブストーリー」「あすなろ白書」「家族の食卓」など。
現在夫、愛犬リンコ(3歳)と共に東京武蔵野市に住む。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

【ペットのがん治療】熱でがんが消滅!?古代ギリシア時代でも用いられていた温熱療法について (10.21)

  • 連載

マリアお薦めのランチスポット軽井沢編 『DOG DEPT+CAFÉ』軽井沢プリンス店 (10.21)

  • 連載

ケージの中だけで暮らしていたサルーキ【保護犬と暮らす】 (10.20)

  • 連載

【ペットのがん治療】将来に期待されるがんの治療法「実験的治療」とは? (10.20)

  • 連載

【今月のドッグフレンドリー・カー】ホンダ ステップワゴン・スパーダHV (10.20)

  • 連載

爪研ぎの変えどき。そして、誕生日【犬猫家族】 (10.20)

  • 連載

【ペットのがん治療】がんの放射線療法とは? (10.19)

  • 連載

【ペットのがん治療】がんの化学療法について (10.18)

もっと見る

注目のグッズ

江戸猫がアクセント!「歌川国芳」の猫をあしらったビールグラス

ダンボールのプロが開発!おしゃれで使い勝手のいい猫用爪とぎ

音や振動に反応して猫シルエットが浮かび上がるLEDライト

背中に乗るドラえもんがかわいい!写真映えするキュートなミニベスト

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ

にゃにゃっ?予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク電動ねこじゃらし

機能性とデザイン性を両立した日本製の自動給餌器

アリなどの不快害虫からわんこを守る「インセクトシールド」

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る