TOP>連載 > 【いぬのはてな】ビクトリア女王に愛されたポメラニアン
  • 連載

【いぬのはてな】ビクトリア女王に愛されたポメラニアン

ポメラニアンが、人気になったきっかけとは?

11-26

つぶらな瞳とふわふわの被毛が特徴的なポメラニアン。そのルーツはドイツにありました。ポメラニアンの先祖は、ソリ犬として活躍していたロシア原産の大型犬のサモエドといわれています。シベリアン・スピッツと称されるサモエドの血を引く牧羊犬がポメラニア地方に現れ、その地で小型に改良されて誕生した犬種が現在のポメラニアン。

1888年、当時のイギリス・ビクトリア女王がイタリアで出会ったポメラニアンを大変気に入り、イギリスへ連れ帰ったことがきっかけで、ポメラニアンは人気犬種の仲間入りを果たしました。ビクトリア女王は自らドッグショーに参加するほどポメラニアンを愛し、女王が亡くなるときにもポメラニアンがその枕元にいたといわれているほどです。

そんなポメラニアンが日本にやって来たのは1961年。その後の人気犬種ランキングでは、常にランクインしています。

文/大原絵理香

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

SUBARU『レヴォーグ』で晩秋の伊豆を走る・前編【わんこと行くクルマ旅】 (10.24)

  • 連載

【今月のドッグフレンドリー・カー】ホンダ・オデッセイHV マイチェンモデル公開直前情報 (10.23)

  • 連載

【ペットのがん治療】凍らせて壊死させるがんの治療法・凍結療法について (10.22)

  • 連載

【いぬのはてな】犬が◯◯をなめる理由は? (10.22)

  • 連載

【ペットのがん治療】熱でがんが消滅!?古代ギリシア時代でも用いられていた温熱療法について (10.21)

  • 連載

マリアお薦めのランチスポット軽井沢編 『DOG DEPT+CAFÉ』軽井沢プリンス店 (10.21)

  • 連載

ケージの中だけで暮らしていたサルーキ【保護犬と暮らす】 (10.20)

  • 連載

【ペットのがん治療】将来に期待されるがんの治療法「実験的治療」とは? (10.20)

もっと見る

注目のグッズ

ウイスキー評論家・山岡秀雄氏監修!キュートな猫ラベルの数量限定シングルモルト登場

これは飽きないにゃ〜!PETomorrow限定 猫遊び3種セット

朗らか笑顔がキュートな「ドラえもんフェイスボーダー」

江戸猫がアクセント!「歌川国芳」の猫をあしらったビールグラス

ダンボールのプロが開発!おしゃれで使い勝手のいい猫用爪とぎ

音や振動に反応して猫シルエットが浮かび上がるLEDライト

背中に乗るドラえもんがかわいい!写真映えするキュートなミニベスト

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る