TOP>連載 > 【いぬのはてな】胃腸の不調に役立つツボマッサージ
  • 連載

【いぬのはてな】胃腸の不調に役立つツボマッサージ

ツボマッサージで胃腸の働きをサポート!

11-23

愛犬の食欲や便の状況から、胃腸の調子が悪いのかもしれないと感じた時は、ツボマッサージを試してみることもオススメです。

愛犬が便秘や下痢をしている時は、愛犬の一番下の肋骨から骨4個分下がった腰椎の両脇にある大腸兪(だいちょうゆ)と骨盤側から骨1個分上がった腰椎の両脇にある小腸兪(しょうちょうゆ)というツボを、親指と人差し指で腰椎の脇を挟んで揉むように刺激します。この2つのツボは、大腸と小腸の問題を整えてくれる効果が期待できます。また便秘の時はほんの少しだけ強めに、下痢の時は弱めに刺激すると効果的です。

愛犬が車酔いしている時は、愛犬の前足の内側、手根関節の少し上にある内関(ないかん)というツボと後ろ足のかかと内側の少し上にある築賓(ちくひん)というツボを刺激してみましょう。ツボに人差し指を直角に当てて初めは優しく押し、効果が出ない場合はほんの少しだけ強めに押します。これらのツボは、気持ちを安定させ胃の動きを正常にする効果が期待出来ます。

そして愛犬が食欲不振になっている時は、みぞおちとおへその間にある中脘(ちゅうかん)というツボを、そっと手のひらで時計回りになでるようにマッサージしてみましょう。このツボは、胃の動きをよくするのに役立ちます。

文/大原絵理香

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

【ペットのがん治療】凍らせて壊死させるがんの治療法・凍結療法について (10.22)

  • 連載

【いぬのはてな】犬が◯◯をなめる理由は? (10.22)

  • 連載

【ペットのがん治療】熱でがんが消滅!?古代ギリシア時代でも用いられていた温熱療法について (10.21)

  • 連載

マリアお薦めのランチスポット軽井沢編 『DOG DEPT+CAFÉ』軽井沢プリンス店 (10.21)

  • 連載

ケージの中だけで暮らしていたサルーキ【保護犬と暮らす】 (10.20)

  • 連載

【ペットのがん治療】将来に期待されるがんの治療法「実験的治療」とは? (10.20)

  • 連載

【今月のドッグフレンドリー・カー】ホンダ ステップワゴン・スパーダHV (10.20)

  • 連載

爪研ぎの変えどき。そして、誕生日【犬猫家族】 (10.20)

もっと見る

注目のグッズ

朗らか笑顔がキュートな「ドラえもんフェイスボーダー」

江戸猫がアクセント!「歌川国芳」の猫をあしらったビールグラス

ダンボールのプロが開発!おしゃれで使い勝手のいい猫用爪とぎ

音や振動に反応して猫シルエットが浮かび上がるLEDライト

背中に乗るドラえもんがかわいい!写真映えするキュートなミニベスト

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ

にゃにゃっ?予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク電動ねこじゃらし

機能性とデザイン性を両立した日本製の自動給餌器

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る