TOP>連載 > 【いぬのはてな】白内障ってどんな病気?
  • 連載

【いぬのはてな】白内障ってどんな病気?

シニア期や糖尿病などで発症しやすい病気

b8df4e1fbfdf9c9be8925bcffa44db0c_s

人間同様、犬も発症する白内障はどんな病気なのでしょうか。

白内障とは、眼球の中にはレンズと呼ばれる水晶体があります。この水晶体はラグビーボールの様な形をしており、主に水とタンパク質で出来ています。通常は無色透明ですが、タンパク質が乱れることでその透明性を維持できなくなり、一部又は全部白く濁る病気のこと。

加齢による身体の変化や糖尿病、外傷や網膜症で発症し、外傷性では片眼、その他では両眼に発症することが多いといわれています。また、アメリカン・コッカー・スパニエル、ミニチュア・シュナウザー、ボストン・テリア、トイ・プードルなどが白内障の好発犬種とも。

目が見えにくくなり、物にぶつかる、階段から落ちて骨折するなどの怪我をする可能性があるため、もし白内障を発症してしまったら、お家で工夫してあげると犬も安心です。

点眼薬では進行を遅らせることは出来ても完治は難しいため、手術によって眼内レンズを水晶体の代わりに入れる治療も勧められます。いずれにせよ、早期発見が重要となりますので、シニア犬は健康診断で一緒に目も診てもらうと良いでしょう。

文/大原絵理香

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

SUBARU『レヴォーグ』で晩秋の伊豆を走る・前編【わんこと行くクルマ旅】 (10.24)

  • 連載

【今月のドッグフレンドリー・カー】ホンダ・オデッセイHV マイチェンモデル公開直前情報 (10.23)

  • 連載

【ペットのがん治療】凍らせて壊死させるがんの治療法・凍結療法について (10.22)

  • 連載

【いぬのはてな】犬が◯◯をなめる理由は? (10.22)

  • 連載

【ペットのがん治療】熱でがんが消滅!?古代ギリシア時代でも用いられていた温熱療法について (10.21)

  • 連載

マリアお薦めのランチスポット軽井沢編 『DOG DEPT+CAFÉ』軽井沢プリンス店 (10.21)

  • 連載

ケージの中だけで暮らしていたサルーキ【保護犬と暮らす】 (10.20)

  • 連載

【ペットのがん治療】将来に期待されるがんの治療法「実験的治療」とは? (10.20)

もっと見る

注目のグッズ

ウイスキー評論家・山岡秀雄氏監修!キュートな猫ラベルの数量限定シングルモルト登場

これは飽きないにゃ〜!PETomorrow限定 猫遊び3種セット

朗らか笑顔がキュートな「ドラえもんフェイスボーダー」

江戸猫がアクセント!「歌川国芳」の猫をあしらったビールグラス

ダンボールのプロが開発!おしゃれで使い勝手のいい猫用爪とぎ

音や振動に反応して猫シルエットが浮かび上がるLEDライト

背中に乗るドラえもんがかわいい!写真映えするキュートなミニベスト

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る