TOP>連載 > 【いぬのはてな】ミニチュア・シュナウザーの歴史とは?
  • 連載

【いぬのはてな】ミニチュア・シュナウザーの歴史とは?

ドイツ生まれの人気者!

11-15

ヒゲのような顔の毛が特徴のミニチュア・シュナウザーが、どのような歴史を歩んできたのか見てみましょう。

ミニチュア・シュナウザーが属するテリア・グループのほとんどの犬種がイギリス原産であるのに対し、ミニチュア・シュナウザーは唯一ドイツ原産の犬種です。

名前のとおりの「小さいシュナウザー」で、成犬になると20キロを超えるスタンダード・シュナウザーのなかでも小ぶりな個体に、プードルやドイツ生まれのアーフェンピンシャーを掛け合わせることで小型化し、ミニチュア・シュナウザーが誕生したと言われています。

19世紀末にはすでに独立した犬種としてドッグショーに出場していますが、比較的新しい犬種といえるでしょう。

当初、農場などのネズミを捕まえるために掛け合わされたミニチュア・シュナウザー。今も残る特徴的な目の上や口の周りの長い毛は、ネズミから顔を守るためのものだといわれています。

ミニチュア・シュナウザーは、原産国のドイツよりも飼育頭数が多いといわれるアメリカから、昭和30年代に日本に輸入されました。テリア・グループの中でも特に高い人気を誇り、今では日本でも愛好家が多い犬種になっています。

文/大原絵理香

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

【ペットのがん治療】超音波を使ったがん治療「高強度収束超音波治療」とは? (12.17)

  • 連載

トイプードルは毛の色で性格が違う…? (12.16)

  • 連載

猫の睡眠事情【犬猫家族】 (12.16)

  • 連載

【ペットのがん治療】凍らせて壊死させるがんの治療法・凍結療法について (12.16)

  • 連載

【ペットのがん治療】熱でがんが消滅!?古代ギリシア時代でも用いられていた温熱療法について (12.15)

  • 連載

産まれた赤ちゃんと引き換えによそへ出された甘えん坊の小さな犬【保護犬と暮らす】 (12.15)

  • 連載

【ペットのがん治療】将来に期待されるがんの治療法「実験的治療」とは? (12.14)

  • 連載

嫌いな場所。【まう助日記】 (12.14)

もっと見る

注目のグッズ

避難時のペット運搬に!『避難ジャケット ベーシック(付属品9点セット)』

猫のモフモフリラックスタイム♪ 寝心地抜群の「ドラえもん フェイスベッド」

人気ブランド「PORTER」とコラボしたここでしか買えない限定お散歩トート

寒い季節にピッタリ♪ わんこ用『ドラえもん ちゃんちゃんこ』

にゃにゃっ?予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク猫じゃらし

押忍!ドラえもんの「わんこ用柔道着」が登場(笑)

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ

空気層96%のケアマット!驚くほど快適だからわんこもぐっすり

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る