TOP>連載 > 【いぬのはてな】ミニチュア・シュナウザーの歴史とは?
  • 連載

【いぬのはてな】ミニチュア・シュナウザーの歴史とは?

ドイツ生まれの人気者!

11-15

ヒゲのような顔の毛が特徴のミニチュア・シュナウザーが、どのような歴史を歩んできたのか見てみましょう。

ミニチュア・シュナウザーが属するテリア・グループのほとんどの犬種がイギリス原産であるのに対し、ミニチュア・シュナウザーは唯一ドイツ原産の犬種です。

名前のとおりの「小さいシュナウザー」で、成犬になると20キロを超えるスタンダード・シュナウザーのなかでも小ぶりな個体に、プードルやドイツ生まれのアーフェンピンシャーを掛け合わせることで小型化し、ミニチュア・シュナウザーが誕生したと言われています。

19世紀末にはすでに独立した犬種としてドッグショーに出場していますが、比較的新しい犬種といえるでしょう。

当初、農場などのネズミを捕まえるために掛け合わされたミニチュア・シュナウザー。今も残る特徴的な目の上や口の周りの長い毛は、ネズミから顔を守るためのものだといわれています。

ミニチュア・シュナウザーは、原産国のドイツよりも飼育頭数が多いといわれるアメリカから、昭和30年代に日本に輸入されました。テリア・グループの中でも特に高い人気を誇り、今では日本でも愛好家が多い犬種になっています。

文/大原絵理香

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

【いぬのはてな】うれしい時に見せる犬のしぐさ (8.23)

  • 連載

【今月のドッグフレンドリー・カー】ホンダ・フィット (8.23)

  • 連載

【いぬのはてな】愛犬の肉球のニオイはポップコーン?雑巾? (8.22)

  • 連載

「猫かぶり」をつくりました【犬猫家族】 (8.22)

  • 連載

飼い主との死別を経てセラピードッグとなった柴犬【保護犬と暮らす】 (8.21)

  • 連載

【看板犬探訪】真田丸の舞台・九度山に実在した高野山の案内犬ゴン (8.20)

  • 連載

【わんこと行くクルマ旅 特別編】災害時に強いドッグフレンドリーカー (8.20)

  • 連載

露天風呂で愛を育む【わんちゃんからの贈り物(おでかけ編10)】 (8.20)

もっと見る

注目のグッズ

雨がしのげてデザインもキュート!全天候型の便利な犬用ジャケット

機能性に大満足! オシャレなフードボウル

夏にぴったりな涼しげカラー!ドラえもんフェイスボーダー

音や振動に反応して猫シルエットが浮かび上がるLEDライト

機能性とデザイン性を両立した日本製の自動給餌器

予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク電動ねこじゃらし

猫が猫型ロボットに…!?「ドラえもん」に大変身できるアイテム

イタリアの工房が手がけるシルバー製の猫アクセサリー

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る