TOP>連載 > 【いぬのはてな】最も古い愛玩犬!?マルチーズの歴史
  • 連載

【いぬのはてな】最も古い愛玩犬!?マルチーズの歴史

愛玩犬として確固たる地位を築いているマルチーズの歴史とは?

11-11

人気が高いマルチーズは、もっとも古い愛玩犬といわれています。そんなマルチーズですが、どのような歴史を歩んできたのでしょうか。

マルチーズの起源は、紀元前にまでさかのぼると言われており、フェニキア人の船乗りが地中海に浮かぶマルタ島に持ち込んだ犬がマルチーズの祖先だそう。イソップ物語にもマルチーズについて「長い船旅をする船員のペット」との記述があるほど、古くから人々に親しまれてきた犬種です。

15世紀ごろフランスに渡ったマルチーズは、貴婦人の愛玩犬として人気を博した後、19世紀ごろイギリスに持ち込まれました。その後ビクトリア女王がマルチーズを飼いはじめたことから、その人気に火が付いたといわれています。

マルチーズ人気が白熱するいっぽうで、マルチーズはある危機に直面していました。かつてはマルタ島で純粋な交配が行われていたマルチーズですが、他国に渡り他犬種との交雑が進んだことによって、1800年代には純血種の絶滅が危惧されるようになったのです。この絶滅の危機はマニラからやって来た数頭のマルチーズの血統により何とか避けることができ、今日まで犬種を継承することができたと言われています。

日本においてもマルチーズの人気は高く、1968年から1984年までの16年間、ジャパン・ケネルクラブの登録数1位に輝いていました。今もその人気は安定して続いていて、たくさんの人に愛され続けている犬種だといえるでしょう。

文/大原絵理香

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

【ペットのがん治療】熱でがんが消滅!?古代ギリシア時代でも用いられていた温熱療法について (10.21)

  • 連載

マリアお薦めのランチスポット軽井沢編 『DOG DEPT+CAFÉ』軽井沢プリンス店 (10.21)

  • 連載

ケージの中だけで暮らしていたサルーキ【保護犬と暮らす】 (10.20)

  • 連載

【ペットのがん治療】将来に期待されるがんの治療法「実験的治療」とは? (10.20)

  • 連載

【今月のドッグフレンドリー・カー】ホンダ ステップワゴン・スパーダHV (10.20)

  • 連載

爪研ぎの変えどき。そして、誕生日【犬猫家族】 (10.20)

  • 連載

【ペットのがん治療】がんの放射線療法とは? (10.19)

  • 連載

【ペットのがん治療】がんの化学療法について (10.18)

もっと見る

注目のグッズ

江戸猫がアクセント!「歌川国芳」の猫をあしらったビールグラス

ダンボールのプロが開発!おしゃれで使い勝手のいい猫用爪とぎ

音や振動に反応して猫シルエットが浮かび上がるLEDライト

背中に乗るドラえもんがかわいい!写真映えするキュートなミニベスト

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ

にゃにゃっ?予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク電動ねこじゃらし

機能性とデザイン性を両立した日本製の自動給餌器

アリなどの不快害虫からわんこを守る「インセクトシールド」

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る