TOP>連載 > 【いぬのはてな】ダルメシアンの水玉模様の秘密
  • 連載

【いぬのはてな】ダルメシアンの水玉模様の秘密

あの水玉模様に隠された、様々な秘密。

11-14

ダルメシアンといえば、ディズニー映画「101匹わんちゃん」でおなじみの、水玉模様がキュートな犬種です。

ほとんどのダルメシアンの水玉模様は黒か茶色なのですが、たまにめずらしい毛色で生まれてくる子もいます。一番めずらしいとされている毛色は、ゴールデンレトリバーのような「ゴールデン」の水玉模様。他にも、薄いベージュの水玉模様「レモン」もめずらしいとされています。

そんなキュートな水玉模様ですが、生まれてくるときのダルメシアンには水玉模様はなく、全身真っ白。生後4週間ぐらいまではほぼ真っ白で、その後成長するにつれて水玉模様が浮き出てくるのです。

ちなみに、ダルメシアンの30%ぐらいは耳が聞こえにくいと言われていますが、その原因がキュートな水玉模様が関係しているとのこと。耳の内側にできる水玉模様とメラニン色素の関係によるものなのだそうです。

文/大原絵理香

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

【ペットのがん治療】熱でがんが消滅!?古代ギリシア時代でも用いられていた温熱療法について (10.21)

  • 連載

マリアお薦めのランチスポット軽井沢編 『DOG DEPT+CAFÉ』軽井沢プリンス店 (10.21)

  • 連載

ケージの中だけで暮らしていたサルーキ【保護犬と暮らす】 (10.20)

  • 連載

【ペットのがん治療】将来に期待されるがんの治療法「実験的治療」とは? (10.20)

  • 連載

【今月のドッグフレンドリー・カー】ホンダ ステップワゴン・スパーダHV (10.20)

  • 連載

爪研ぎの変えどき。そして、誕生日【犬猫家族】 (10.20)

  • 連載

【ペットのがん治療】がんの放射線療法とは? (10.19)

  • 連載

【ペットのがん治療】がんの化学療法について (10.18)

もっと見る

注目のグッズ

江戸猫がアクセント!「歌川国芳」の猫をあしらったビールグラス

ダンボールのプロが開発!おしゃれで使い勝手のいい猫用爪とぎ

音や振動に反応して猫シルエットが浮かび上がるLEDライト

背中に乗るドラえもんがかわいい!写真映えするキュートなミニベスト

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ

にゃにゃっ?予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク電動ねこじゃらし

機能性とデザイン性を両立した日本製の自動給餌器

アリなどの不快害虫からわんこを守る「インセクトシールド」

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る