TOP>連載 > 初心者でも大丈夫!ワンコの爪を自分で切る方法【Dr.古江のお悩み相談室】
  • 連載

初心者でも大丈夫!ワンコの爪を自分で切る方法【Dr.古江のお悩み相談室】

Dr.古江のお悩み相談室

petomorrow連載イラスト10

飼い主さんがよくおっしゃられる、お家で難しいケアの一つに「爪切り」があります。どこまで切っていいか悩まれる方も多いです。切りすぎると出血してしまうし、嫌がる姿を見ると、確かに躊躇してしまいますよね。病院やトリミングサロンで切ってもらうこともできますが、お家でケアができるように頑張ってみませんか?

まずは爪を切った方がいいのかどうか見てみましょう。犬の足が地面に着いた状態で見たときに、肉球が接地しているラインよりも下に出ている爪は伸びすぎです。爪が伸びてしまうと、フローリングなどの上では滑ってしまったり、常にふんばって立とうとすることで関節に負担をかけてしまいます。

さらにどんどん伸びると肉球に刺さってしまうこともあります。いまお家のワンコがどういう状態なのかチェックしてみてくださいね。堅い床の上をチャカチャカ爪の音をさせて歩いている場合は伸びすぎですよ!!

爪が伸びると血管や神経までも伸びる

3fe173a8ed98316793eb0d61213f2a31_s

犬の爪は伸びるにつれて、爪の中の血管・神経が先の方まで伸びてきます。ですので、伸びすぎた爪を適正な長さで切ると出血してしまいますし、痛みもあります。出血すると飼い主さんもあわてますし、ワンコも嫌がって次の爪を切らせるまいと暴れてしまい、我慢できなくなってしまいます。すでに伸びすぎている場合は病院やサロンで適正な長さに切ってもらい、次回からチャレンジする方がいいかもしれませんね。

いきなり爪切りにチャレンジしてみる前に普段からやっていただきたい事として、足先をさわられる事、さわる事にお互い慣れる様にしましょう!まずはお散歩帰りに足を拭く時に肉球をモミモミしてみたり、爪をさわってみたりして、足先をさわられることは怖いことではないことをワンコに理解してもらいます。

ガマンができたらごほうびをあげるのもいいですね。足先は敏感な場所なので、さわられるだけでも嫌がる子が多いため、普段からさわっておくことで恐怖心を少しでも軽くしてあげることが大切です。爪切りを見せたり、実際には切らずに爪にあてるだけのエアー爪切りの練習もしておくと良いですよ。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

【ペットのがん治療】がんの化学療法について (10.18)

  • 連載

光を失った犬が教えてくれたのは「今を頑張ること」【保護犬と暮らす】 (10.18)

  • 連載

【いぬのはてな】いくつ知ってる?「犬のことわざ」〜後編〜 (10.17)

  • 連載

【ペットのがん治療】そもそも「がん」とは? (10.16)

  • 連載

【いぬのはてな】いくつ知ってる?「犬のことわざ」〜前編〜 (10.16)

  • 連載

愛犬の健康を維持するためのフード選び (10.16)

[PR]
  • 連載

【いぬのはてな】犬を飼っていない人の家に行く時に持参したいもの (10.15)

  • 連載

【いぬのはてな】ミックス犬の魅力と種類について (10.14)

もっと見る

注目のグッズ

音や振動に反応して猫シルエットが浮かび上がるLEDライト

背中に乗るドラえもんがかわいい!写真映えするキュートなミニベスト

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ

にゃにゃっ?予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク電動ねこじゃらし

機能性とデザイン性を両立した日本製の自動給餌器

アリなどの不快害虫からわんこを守る「インセクトシールド」

浮世絵師「歌川国芳」の猫をあしらったかわいい升酒グラス

猫が猫型ロボットに…!?「ドラえもん」に大変身できるアイテム

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る