TOP>連載 > 【いぬのはてな】タイタニック号に乗船していた犬
  • 連載

【いぬのはてな】タイタニック号に乗船していた犬

助かった犬と飼い主とともに最期を迎えた犬

11-8

1912年4月15日、豪華客船タイタニック号が沈没した悲劇は多くの人が知っていると思います。タイタニック号には約2,223人が乗船していましたが、その中にはペット連れの人たちも多く、数十頭の犬が船内にいたと言われています。しかしその中で生き残ったのは、たった3頭のみでした。

なぜ、この3頭は助かったのでしょうか。

それはこの3頭が小型犬で、飼い主たちが自身のコートの内側や毛布の中にくるんで、こっそりとペットを連れボートに乗ることが出来たからです。この3頭のうち、2頭は資産家ロスチャイルド家のポメラニアン、3頭目はニューヨークの出版社を経営するハーパー家のペキニーズでした。

他の数十頭の犬の飼い主たちは、救命ボートまでペットたちを連れて行き、「一緒に乗せてほしい」と頼みましたが人間優先のなか同乗を許されず、愛犬だけを残していきたくないと、愛犬と共にタイタニック号に残った乗客も多かったと言います。

助かった3頭の犬たちは本当にラッキーでしたが、飼い主に愛され、最後まで飼い主と一緒にいることのできた犬たちも幸せだったのではないでしょうか。

文/大原絵理香

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

【今月のドッグフレンドリー・カー】ホンダ・オデッセイHV マイチェンモデル公開直前情報 (10.23)

  • 連載

【ペットのがん治療】凍らせて壊死させるがんの治療法・凍結療法について (10.22)

  • 連載

【いぬのはてな】犬が◯◯をなめる理由は? (10.22)

  • 連載

【ペットのがん治療】熱でがんが消滅!?古代ギリシア時代でも用いられていた温熱療法について (10.21)

  • 連載

マリアお薦めのランチスポット軽井沢編 『DOG DEPT+CAFÉ』軽井沢プリンス店 (10.21)

  • 連載

ケージの中だけで暮らしていたサルーキ【保護犬と暮らす】 (10.20)

  • 連載

【ペットのがん治療】将来に期待されるがんの治療法「実験的治療」とは? (10.20)

  • 連載

【今月のドッグフレンドリー・カー】ホンダ ステップワゴン・スパーダHV (10.20)

もっと見る

注目のグッズ

ウイスキー評論家・山岡秀雄氏監修!キュートな猫ラベルの数量限定シングルモルト登場

これは飽きないにゃ〜!PETomorrow限定 猫遊び3種セット

朗らか笑顔がキュートな「ドラえもんフェイスボーダー」

江戸猫がアクセント!「歌川国芳」の猫をあしらったビールグラス

ダンボールのプロが開発!おしゃれで使い勝手のいい猫用爪とぎ

音や振動に反応して猫シルエットが浮かび上がるLEDライト

背中に乗るドラえもんがかわいい!写真映えするキュートなミニベスト

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る