TOP>連載 > 【いぬのはてな】タイタニック号に乗船していた犬
  • 連載

【いぬのはてな】タイタニック号に乗船していた犬

助かった犬と飼い主とともに最期を迎えた犬

11-8

1912年4月15日、豪華客船タイタニック号が沈没した悲劇は多くの人が知っていると思います。タイタニック号には約2,223人が乗船していましたが、その中にはペット連れの人たちも多く、数十頭の犬が船内にいたと言われています。しかしその中で生き残ったのは、たった3頭のみでした。

なぜ、この3頭は助かったのでしょうか。

それはこの3頭が小型犬で、飼い主たちが自身のコートの内側や毛布の中にくるんで、こっそりとペットを連れボートに乗ることが出来たからです。この3頭のうち、2頭は資産家ロスチャイルド家のポメラニアン、3頭目はニューヨークの出版社を経営するハーパー家のペキニーズでした。

他の数十頭の犬の飼い主たちは、救命ボートまでペットたちを連れて行き、「一緒に乗せてほしい」と頼みましたが人間優先のなか同乗を許されず、愛犬だけを残していきたくないと、愛犬と共にタイタニック号に残った乗客も多かったと言います。

助かった3頭の犬たちは本当にラッキーでしたが、飼い主に愛され、最後まで飼い主と一緒にいることのできた犬たちも幸せだったのではないでしょうか。

文/大原絵理香

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

【いぬのはてな】ペットセーバーってなに? (8.16)

  • 連載

【看板犬探訪】3匹の看板犬とまったり触れ合える! 早稲田のベジタリアン向けカフェ「Cafe... (8.16)

  • 連載

【いぬのはてな】ひなたぼっこが好きな犬が多いのはどうして? (8.15)

  • 連載

【いぬのはてな】柴犬の独特な距離感「柴距離」って知ってる? (8.14)

  • 連載

久しぶりの愛犬との再会で実践したい3つのポイント【ドッグトレーニング】 (8.14)

  • 連載

【いぬのはてな】犬と人間の脳の違い (8.13)

  • 連載

光を失った先代犬が教えてくれたのは、「今をハッピーに頑張ること」【保護犬と暮らす】 (8.12)

  • 連載

熱中症対策、ウチの子はこうしてます! 愛犬家の皆さんに聞いてみた (8.12)

もっと見る

注目のグッズ

イタリアの工房が手がけるシルバー製の猫アクセサリー

雨の日が待ち遠しくなる!キュートなドラえもんレインコート

人気ブランド「PORTER」とコラボしたここでしか買えない限定お散歩トート

江戸猫がアクセント!「歌川国芳」の猫をあしらったビールグラス

あっという間に変身できちゃう!ドラえもんかぶり帽子

ドラえもんから投げキッス♡アウター風アレンジのボーダータンク

冷却機能と早食い防止機能を備えたおしゃれなフード&ウォーターボウル

ペットとのペアルックにいかが?田中帽子製の麦わら帽子

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る