TOP>連載 > 【いぬのはてな】タイタニック号に乗船していた犬
  • 連載

【いぬのはてな】タイタニック号に乗船していた犬

助かった犬と飼い主とともに最期を迎えた犬

11-8

1912年4月15日、豪華客船タイタニック号が沈没した悲劇は多くの人が知っていると思います。タイタニック号には約2,223人が乗船していましたが、その中にはペット連れの人たちも多く、数十頭の犬が船内にいたと言われています。しかしその中で生き残ったのは、たった3頭のみでした。

なぜ、この3頭は助かったのでしょうか。

それはこの3頭が小型犬で、飼い主たちが自身のコートの内側や毛布の中にくるんで、こっそりとペットを連れボートに乗ることが出来たからです。この3頭のうち、2頭は資産家ロスチャイルド家のポメラニアン、3頭目はニューヨークの出版社を経営するハーパー家のペキニーズでした。

他の数十頭の犬の飼い主たちは、救命ボートまでペットたちを連れて行き、「一緒に乗せてほしい」と頼みましたが人間優先のなか同乗を許されず、愛犬だけを残していきたくないと、愛犬と共にタイタニック号に残った乗客も多かったと言います。

助かった3頭の犬たちは本当にラッキーでしたが、飼い主に愛され、最後まで飼い主と一緒にいることのできた犬たちも幸せだったのではないでしょうか。

文/大原絵理香

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

ウォーターバトル。【まう助日記】 (8.30)

  • 連載

我が家の暑さ対策【犬猫家族】 (8.29)

  • 連載

保護犬出身五男グアポの初めてのお誕生日【わんちゃんからの贈り物(おでかけ編22)】 (8.23)

  • 連載

真夏の散歩。【まう助日記】 (8.15)

  • 連載

マツダ『アテンザワゴン』で行くリゾートホテルWan’s Resort山中湖 後編【わんこと... (8.6)

  • 連載

氷が取れない。【まう助日記】 (7.31)

  • 連載

保護犬出身カリドが早く家族の一員になれるように【わんちゃんからの贈り物(おでかけ編22)】 (7.31)

  • 連載

ボルボ『XC40』で行くレジーナリゾート鴨川 後編【わんこと行くクルマ旅】 (7.11)

もっと見る

注目のグッズ

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット

豆柴のまう助がひょっこり「こんにちは」! 日常使いにぴったりのトートが登場

柴犬好きをアピールできちゃう♪ ペットゥモロー看板犬・まう助のTシャツが登場!

こんなに毛が取れるの?わんこのお手入れにおすすめの『ファーミネーター』!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る