TOP>連載 > 犬が食事中に唸るのをどうにかしたい!【ドッグトレーニング】
  • 連載

犬が食事中に唸るのをどうにかしたい!【ドッグトレーニング】

須﨑大のヒューマン・ドッグトレーニング

犬が食事中に唸るのをどうにかしたい!

sd09

犬の口腔内構造を改めて観てみると、お皿から食物をこぼしながら食べることはごく当たり前で、集中して食べるさまは、野生動物を彷彿させ、むしろ免疫力を高めるのに有効にも映ります。健康な犬で、規則正しく生活し、食事時に空腹を感じている場合、長くても5分程度で、食事はきれいに食べてしまうもの。早食いは決して悪いマナーではありません。

しかし、たまに、食事中に近づくと唸る犬がいます。これは、下記の心情をもとに周囲を脅している状態だと考えられます。

◇食べ物を守りたい

◇食事の時間を邪魔されたくない

◇食事中にプライベートスペースに入ってきてほしくない

◇食べるペースを乱されたくない

◇食べ物があることによる過剰威嚇

食べ物は基本的に飼い主のものであり、それを「分け与えてもらっている」という体裁で与えましょう。そうすれば、食事中に近づこうが、触れようが、食べ物を取り上げられようが、それは必然になります。大事なのは、何よりも飼い主と愛犬との関係性です。大人の犬として、もっとスマートにディナーを楽しむ余裕を持てるよう、常日頃から愛犬に大人のマナーを教えましょう。

◆トレーニング方法◆

1.予防として、子犬の頃から食事中、食器に手を入れたり、体に触り、誰も食事を奪わないことを経験させることで、守ったり主張したりする必要がないことを教えます。すでに成犬の場合はおやつ、食事は手から与え、独占しなくても大丈夫であることを教えましょう。

2.「ウー」と唸られた場合、度合いが弱ければ同じように唸り返すと、唸りをやめる事があります。唸ることをやめたら、体に触らず言葉だけで穏やかに褒めてあげてください。なぜならばこの時、犬は興奮を自制している状態ですので、飼い主側が落ち着かせるつもりだとしても、触れることで逆に犬を興奮させてしまうことがあります。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

【ペットのがん治療】がんの化学療法について (10.18)

  • 連載

光を失った犬が教えてくれたのは「今を頑張ること」【保護犬と暮らす】 (10.18)

  • 連載

【いぬのはてな】いくつ知ってる?「犬のことわざ」〜後編〜 (10.17)

  • 連載

【ペットのがん治療】そもそも「がん」とは? (10.16)

  • 連載

【いぬのはてな】いくつ知ってる?「犬のことわざ」〜前編〜 (10.16)

  • 連載

愛犬の健康を維持するためのフード選び (10.16)

[PR]
  • 連載

【いぬのはてな】犬を飼っていない人の家に行く時に持参したいもの (10.15)

  • 連載

【いぬのはてな】ミックス犬の魅力と種類について (10.14)

もっと見る

注目のグッズ

音や振動に反応して猫シルエットが浮かび上がるLEDライト

背中に乗るドラえもんがかわいい!写真映えするキュートなミニベスト

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ

にゃにゃっ?予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク電動ねこじゃらし

機能性とデザイン性を両立した日本製の自動給餌器

アリなどの不快害虫からわんこを守る「インセクトシールド」

浮世絵師「歌川国芳」の猫をあしらったかわいい升酒グラス

猫が猫型ロボットに…!?「ドラえもん」に大変身できるアイテム

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る