TOP>連載 > 【いぬのはてな】フレンチ・ブルドッグの誕生秘話
  • 連載

【いぬのはてな】フレンチ・ブルドッグの誕生秘話

祖先であるブルドッグを助けた

11-3

その愛らしい容姿や性格から、日本で着実にファンを増やしているフレンチ・ブルドッグ。どのように犬種が誕生し、どんな歴史を持っているのでしょうか。

フレンチ・ブルドッグの原産国はその名の通りフランスですが、その誕生にはイギリス人やイングリッシュ・ブルドッグが関わっているという説が有力です。イギリス人がフランスに連れて行ったイングリッシュ・ブルドッグとパグやテリアなどの犬種が交配され、フレンチ・ブルドッグが誕生したといわれています。

闘犬のブルドッグを先祖に持つフレンチ・ブルドッグですが、改良を重ねる中で温和な性格になっていき、愛玩犬として貴族の間で大変人気になりました。そんなフレンチ・ブルドッグは、先祖であるブルドッグの原産国イギリスに逆輸入されたという歴史を持っています。

ブルドッグは闘犬として人気でしたが、1835年に闘犬を禁ずる法令の発令されたことにより、犬種存続の危機に直面。このピンチを救ったのが、フレンチ・ブルドッグです。フレンチ・ブルドッグとの交配が、ブルドッグの闘争的な性格を取り除き、愛玩犬として飼いやすいよう小型化することに役立ち、犬種の存続に貢献したといわれています。

日本で紹介されはじめたのは大正時代といわれており、その後、昭和初期に人気を博しました。それからは飼育頭数を減らした時期があったものの、現在は再びフレンチ・ブルドッグに魅了される人が年々増えています。

文/大原絵理香

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

【ペットのがん治療】がんの化学療法について (10.18)

  • 連載

光を失った犬が教えてくれたのは「今を頑張ること」【保護犬と暮らす】 (10.18)

  • 連載

【いぬのはてな】いくつ知ってる?「犬のことわざ」〜後編〜 (10.17)

  • 連載

【ペットのがん治療】そもそも「がん」とは? (10.16)

  • 連載

【いぬのはてな】いくつ知ってる?「犬のことわざ」〜前編〜 (10.16)

  • 連載

愛犬の健康を維持するためのフード選び (10.16)

[PR]
  • 連載

【いぬのはてな】犬を飼っていない人の家に行く時に持参したいもの (10.15)

  • 連載

【いぬのはてな】ミックス犬の魅力と種類について (10.14)

もっと見る

注目のグッズ

音や振動に反応して猫シルエットが浮かび上がるLEDライト

背中に乗るドラえもんがかわいい!写真映えするキュートなミニベスト

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ

にゃにゃっ?予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク電動ねこじゃらし

機能性とデザイン性を両立した日本製の自動給餌器

アリなどの不快害虫からわんこを守る「インセクトシールド」

浮世絵師「歌川国芳」の猫をあしらったかわいい升酒グラス

猫が猫型ロボットに…!?「ドラえもん」に大変身できるアイテム

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る