TOP>連載 > 見習いたい犬のポジティブ思考【柴門ふみの50過ぎて犬を飼う】

  • 連載

見習いたい犬のポジティブ思考【柴門ふみの50過ぎて犬を飼う】

以前は雨の日のお散歩が苦手で、用をすますと、一目散に家に戻ろうとしていたリンコだったが、この夏以降は雨の散歩を楽しむようになった。

水たまりを見つけると脚を入れて、水しぶきをあげて楽しそうに遊ぶのである。

これには、思い当たる節があった。

この夏、八ヶ岳の山荘で10日ほど過ごした。

朝夕二回、湧き水公園へ散歩に行っていた。こんこんと湧く地下水は、そのまま農業用水として使われる水路に流れて行った。その用水路に飛び込むのが、リンコの日課になったのである。

img_2576

ちょうどリンコのお腹あたりまでの水深だったので、リードをつけたまま、ぴちゃぴちゃと水の中を歩き、そのままごくごくと水を飲んだ。

八ヶ岳のふもととはいえ、真夏はかなりの暑さになり、連れて来られた犬にはこたえる。

湧き水は、人間が手をつけても数分でしびれるくらいの冷たさである。天然の冷水なのだ。

「農業用水だから、まいっか。地元の人も犬の水浴びに使っているし」

せいぜい5分の水浴びであったが、真夏に飛び込んだ用水路は、相当な快感であったに違いない。

それ以来、水たまりを見つけると、大喜びで飛び込むリンコなのである。

雨の日も、水遊びの時間だと思えば楽しみに代わる。

このポジティブ思考を、私も見習いたいものだ。

img_2536

文/柴門ふみ

漫画家、エッセイスト。
1957年徳島市生まれ。
代表作「東京ラブストーリー」「あすなろ白書」「家族の食卓」など。
現在夫、愛犬リンコ(3歳)と共に東京武蔵野市に住む。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

愛犬をペットホテルに預ける前の注意点5【ドッグトレーニング】 (2.22)

  • 連載

【いぬのはてな】犬の「狼爪」って知ってる? (2.22)

  • 連載

【ペットのがん治療】ウイルスを用いた最先端のがん治療 (2.22)

  • 連載

足を上げておしっこする理由って?覚えておきたい犬の生態【わんこの処方箋】 (2.21)

  • 連載

【いぬのはてな】狛犬って犬なの? (2.21)

  • 連載

【青山尚暉のワンderful LIFE】クルマ嫌い・クルマ酔い克服法2 (2.21)

  • 連載

【いぬのはてな】犬同士ニオイを嗅ぎあうのはなんで? (2.20)

  • 連載

【ドッグフレンドリー・カー】ホンダ「N BOX SLASH」 (2.20)

もっと見る

注目のグッズ

雨がしのげてデザインもキュート!全天候型の便利な犬用ジャケット

ペットどら焼き完成!ドラえもんのかわいいペットベッド

江戸猫がアクセント!「歌川国芳」の猫をあしらったビールグラス

ファン垂涎!映画『ペット』のかわいいマスコットキーホルダー登場

ベッドとキャリーバッグがひとつになった多機能キャットベッド

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ

しっぽふりふりダンスがかわいい!手漉き和紙の仔猫ちゃん壁掛け時計

おくだけで簡単取り付け!わんこの転倒防止に役立つ階段マット

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る