TOP>連載 > 見習いたい犬のポジティブ思考【柴門ふみの50過ぎて犬を飼う】

  • 連載

見習いたい犬のポジティブ思考【柴門ふみの50過ぎて犬を飼う】

以前は雨の日のお散歩が苦手で、用をすますと、一目散に家に戻ろうとしていたリンコだったが、この夏以降は雨の散歩を楽しむようになった。

水たまりを見つけると脚を入れて、水しぶきをあげて楽しそうに遊ぶのである。

これには、思い当たる節があった。

この夏、八ヶ岳の山荘で10日ほど過ごした。

朝夕二回、湧き水公園へ散歩に行っていた。こんこんと湧く地下水は、そのまま農業用水として使われる水路に流れて行った。その用水路に飛び込むのが、リンコの日課になったのである。

img_2576

ちょうどリンコのお腹あたりまでの水深だったので、リードをつけたまま、ぴちゃぴちゃと水の中を歩き、そのままごくごくと水を飲んだ。

八ヶ岳のふもととはいえ、真夏はかなりの暑さになり、連れて来られた犬にはこたえる。

湧き水は、人間が手をつけても数分でしびれるくらいの冷たさである。天然の冷水なのだ。

「農業用水だから、まいっか。地元の人も犬の水浴びに使っているし」

せいぜい5分の水浴びであったが、真夏に飛び込んだ用水路は、相当な快感であったに違いない。

それ以来、水たまりを見つけると、大喜びで飛び込むリンコなのである。

雨の日も、水遊びの時間だと思えば楽しみに代わる。

このポジティブ思考を、私も見習いたいものだ。

img_2536

文/柴門ふみ

漫画家、エッセイスト。
1957年徳島市生まれ。
代表作「東京ラブストーリー」「あすなろ白書」「家族の食卓」など。
現在夫、愛犬リンコ(3歳)と共に東京武蔵野市に住む。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

ケージの中だけで暮らしていたサルーキ【保護犬と暮らす】 (7.24)

  • 連載

ワンコの爪を自分で切る方法【Dr.古江のお悩み相談室】 (7.23)

  • 連載

【いぬのはてな】犬友達の見つけ方、増やし方 (7.23)

  • 連載

犬同士のあいさつで飼い主さんにしてほしいこと【ドッグトレーニング】 (7.22)

  • 連載

【いぬのはてな】犬に与えてはいけないもの《スイーツ編3》 (7.22)

  • 連載

プードルのビション・フリーゼ風カット【ドッグビューティー通信】 (7.21)

  • 連載

【いぬのはてな】犬に与えてはいけないもの《スイーツ編2》 (7.21)

  • 連載

『SUBARU XV』で行く千葉・九十九里の夏休み・後編【わんこと行くクルマ旅】 (7.21)

もっと見る

注目のグッズ

カラー・デザインをカスタマイズ!機能的でオシャレなペットキャリー

触り方の違いを感知!スマホ技術を応用したぬいぐるみ猫ちゃん

音や振動に反応して猫シルエットが浮かび上がるLEDライト

予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク電動ねこじゃらし

火も電気も使わないユーカリ成分の虫除けジェル

愛犬もお祭り気分を満喫!ドラえもんのキュートなお祭り半てん

愛犬も飼い主さんもひんやり気持ちいい!熱中症対策に役立つアイテム登場

冷却機能と早食い防止機能を備えたおしゃれなフード&ウォーターボウル

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る