TOP>連載 > 【いぬのはてな】アメリカの消防署でダルメシアンが飼われ続ける理由
  • 連載

【いぬのはてな】アメリカの消防署でダルメシアンが飼われ続ける理由

マスコットダルメシアンの秘密!

11-9

アメリカの消防署が描かれる際、ダルメシアンが一緒に描かれることがよくあるのですが、その理由をご存知ですか?

100年以上前のまだ街に馬車が走っていた頃、ダルメシアンが馬をリードして他の動物たちから馬を守る能力があることが分かりました。それに目を付けたのが当時の消防署。ホースを積んだ消防馬車とダルメシアンを火事現場まで並走させ、馬を無事に送り届ける任務を任せることになったのです。

ファイアーアラームが鳴り響くと同時に消防署から駆け出し、吠えて道行く人たちに消防馬車の出動を知らせ、並走しながら馬を火事現場までリードするダルメシアン。勇敢で、とてもかっこいいですね!

馬車が姿を消した現代では、ダルメシアンの消防署での仕事は無くなってしまいましたが、それでもマスコットとしてダルメシアンを飼い続ける消防署は数多くあります。

勇敢なダルメシアンの歴史が、今日のイメージを作ったのです。

文/大原絵理香

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

【いぬのはてな】犬がへそ天する理由って? (8.18)

  • 連載

【今月のドッグフレンドリー・カー】BMW 523dツーリング ラグジュアリー (8.17)

  • 連載

【いぬのはてな】ペットセーバーってなに? (8.16)

  • 連載

【看板犬探訪】3匹の看板犬とまったり触れ合える! 早稲田のベジタリアン向けカフェ「Cafe... (8.16)

  • 連載

【いぬのはてな】ひなたぼっこが好きな犬が多いのはどうして? (8.15)

  • 連載

【いぬのはてな】柴犬の独特な距離感「柴距離」って知ってる? (8.14)

  • 連載

久しぶりの愛犬との再会で実践したい3つのポイント【ドッグトレーニング】 (8.14)

  • 連載

【いぬのはてな】犬と人間の脳の違い (8.13)

もっと見る

注目のグッズ

予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク電動ねこじゃらし

猫が猫型ロボットに…!?「ドラえもん」に大変身できるアイテム

イタリアの工房が手がけるシルバー製の猫アクセサリー

雨の日が待ち遠しくなる!キュートなドラえもんレインコート

人気ブランド「PORTER」とコラボしたここでしか買えない限定お散歩トート

江戸猫がアクセント!「歌川国芳」の猫をあしらったビールグラス

あっという間に変身できちゃう!ドラえもんかぶり帽子

ドラえもんから投げキッス♡アウター風アレンジのボーダータンク

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る