TOP>連載 > 【いぬのはてな】エリザベス女王とコーギーの関係
  • 連載

【いぬのはてな】エリザベス女王とコーギーの関係

まるでエリザベス女王のボディガードのようなコーギーたち!

11-6

イギリスのエリザベス女王は、18歳の誕生日に父親のジョージ6世から、ウェルシュ・コーギー・ペンブロークの仔犬をもらって以来、ハネムーンや公務にまでコーギーを連れていくほど溺愛するようになりました。彼女はなんと、最も多いときで13頭同時に飼っていたという筋金入りのコーギーマニアです。

現在彼女が飼っている犬は、純血種(ウェルシュ・コーギー・ペンブローク)のエマとホリーの2頭と、コーギーとミニチュア・ダックスフンドとの交配したミックス犬(ドーギー)のリネット、ウィロウ、モンティの3頭です。このドーギーの交配には、エリザベス女王の妹、マーガレット王女が飼っていたミニチュア・ダックスフンドの力を借りたようです。

エリザベス女王がここまで犬を愛する理由として、王室ジャーナリストのブライアン・ホイ氏は「王室の人々は人を心から信頼出来る機会は少ないが、その分犬を信頼するようになった」と言っています。そう聞くとすこし寂しい気もしますが、エリザベス女王の愛犬たちがいつも近くで、まるでボディガードのようにいる様はとても微笑ましいです。

文/大原絵理香

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

【今月のドッグフレンドリー・カー】ホンダ・オデッセイ アブソルートHV (1.20)

  • 連載

ペットの介護生活の裏に潜むストレスや鬱、生活の質の低下 (1.19)

  • 連載

【わんこと行くクルマ旅 特別編】寒い時期にぴったり!プライベートドッグラン付きの宿 (1.19)

  • 連載

飼い主との死別を経てセラピードッグとなった柴犬【保護犬と暮らす】 (1.18)

  • 連載

【わんこと行くクルマ旅 特別編】レジーナリゾート蓼科がリニューアルオープン! (1.18)

  • 連載

おもちゃ。【まう助日記】 (1.17)

  • 連載

光を失った犬が教えてくれたこと【保護犬と暮らす】 (1.17)

  • 連載

秘密基地。【まう助日記】 (1.15)

もっと見る

注目のグッズ

浮世絵師「歌川国芳」の猫をあしらったかわいい升酒グラス

寒い季節にピッタリ♪ わんこ用『ドラえもん ちゃんちゃんこ』

押忍!ドラえもんの「わんこ用柔道着」が登場(笑)

人気ブランド「PORTER」とコラボしたここでしか買えない限定お散歩トート

にゃにゃっ?予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク猫じゃらし

空気層96%のケアマット!驚くほど快適だからわんこもぐっすり

背中に乗るドラえもんがかわいい!写真映えするキュートなミニベスト

使い心地に大満足!ペット用木製ベッドホーム

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る