TOP>連載 > 【いぬのはてな】愛犬のお世話を請け負うドッグウォーカーとは?
  • 連載

【いぬのはてな】愛犬のお世話を請け負うドッグウォーカーとは?

一人の男性のアイデアから生まれたものでした

11-2

ドッグウォーカーとは、忙しい飼い主に代わって愛犬のお散歩や食事のお世話などを請け負ってくれる人たちのことを言います。現代社会では、そんなドッグウォーカーはペットと共に暮らす人間にとって欠かせない存在となっていますが、いつ、どのように始まったのでしょうか?

プロとして世界で初めてドッグウォーカーを始めたのは、アメリカのニューヨークに住むジム・ベックさんと言われています。1960年、飼い犬たちのお散歩代行として近隣住民を対象に始まったドッグウォーカービジネスでしたが、これがすぐに大人気に。その後は、評判を聞きつけた政財界の著名人やセレブたちが顧客となり、10人以上の従業員を雇い入れるまでに急成長しました。

後にジム・ベックさんはこの経験を活かし犬の学校を開校、プロフェッショナルドッグウォーカー育成のための犬のしつけ方をはじめ、一般の飼い主たちに向けたペットを飼う心構えなどの教育を行うようになりました。

忙しい飼い主にとって、とてもありがたい存在であるドッグウォーカー。この仕組みのおかげで、多忙な飼い主でも安心して仕事などを行うことができるのようになったんです。

文/大原絵理香

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

【ペットのがん治療】将来に期待されるがんの治療法「実験的治療」とは? (10.20)

  • 連載

【今月のドッグフレンドリー・カー】ホンダ ステップワゴン・スパーダHV (10.20)

  • 連載

爪研ぎの変えどき。そして、誕生日【犬猫家族】 (10.20)

  • 連載

【ペットのがん治療】がんの放射線療法とは? (10.19)

  • 連載

【ペットのがん治療】がんの化学療法について (10.18)

  • 連載

光を失った犬が教えてくれたのは「今を頑張ること」【保護犬と暮らす】 (10.18)

  • 連載

【いぬのはてな】いくつ知ってる?「犬のことわざ」〜後編〜 (10.17)

  • 連載

【ペットのがん治療】そもそも「がん」とは? (10.16)

もっと見る

注目のグッズ

ダンボールのプロが開発!おしゃれで使い勝手のいい猫用爪とぎ

音や振動に反応して猫シルエットが浮かび上がるLEDライト

背中に乗るドラえもんがかわいい!写真映えするキュートなミニベスト

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ

にゃにゃっ?予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク電動ねこじゃらし

機能性とデザイン性を両立した日本製の自動給餌器

アリなどの不快害虫からわんこを守る「インセクトシールド」

浮世絵師「歌川国芳」の猫をあしらったかわいい升酒グラス

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る