TOP>連載 > 【いぬのはてな】長距離マラソンを人間と一緒に走った野良犬の話
  • 連載

【いぬのはてな】長距離マラソンを人間と一緒に走った野良犬の話

突然の出会いが生んだ、運命のパートナー。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-01-11-57-26

ゴビ砂漠を数日間かけて走り抜ける、過酷なマラソン大会エクストリームマラソンがあります。そのマラソンで出場者と仲良くなり、運命のパートナーとなった野良犬がいたことをご存知でしょうか。

マラソン初日、ランナーのレオナルドは、 自分の隣を小さな野良犬が一緒に走っていることに気付きましたが、「そのうちいなくなるだろう」と思い気にせず走り続けました。

ところが、その日のゴールラインをその犬も一緒に走り抜け、なんと彼のテントに当たり前のように入り、彼のとなりでスヤスヤと眠り始めました。そのあまりのかわいさに、レオナルドのハートは鷲掴みにされました。

この日彼は、この犬を「ゴビ」と名付け、翌日から共にマラソン大会を駆け抜けることになりました。大きな川を渡らなければならなかった時も、順位が下がることよりもゴビと一緒に走り抜くことを決めていたレオナルドは、当然のようにゴビを抱き上げ、一緒に川を渡りました。

最後のゴールラインを一緒に駆け抜けたレオナルドとゴビは、その日からもう離れられない運命のパートナーとなったそうです。

【動画】

出典元:http://www.insideedition.com/

文/大原絵理香

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

【ペットのがん治療】熱でがんが消滅!?古代ギリシア時代でも用いられていた温熱療法について (12.15)

  • 連載

産まれた赤ちゃんと引き換えによそへ出された甘えん坊の小さな犬【保護犬と暮らす】 (12.15)

  • 連載

【ペットのがん治療】将来に期待されるがんの治療法「実験的治療」とは? (12.14)

  • 連載

嫌いな場所。【まう助日記】 (12.14)

  • 連載

【ペットのがん治療】がんの放射線療法とは? (12.13)

  • 連載

【ペットのがん治療】がんの化学療法について (12.12)

  • 連載

マリアの愛車をシニア犬対応&スタイリッシュな快適仕様に変身大作戦! (12.12)

  • 連載

軽井沢のレジーナリゾートで二男クールの連続バースデー【わんちゃんからの贈り物(おでかけ編1... (12.12)

もっと見る

注目のグッズ

人気ブランド「PORTER」とコラボしたここでしか買えない限定お散歩トート

寒い季節にピッタリ♪ わんこ用『ドラえもん ちゃんちゃんこ』

にゃにゃっ?予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク猫じゃらし

押忍!ドラえもんの「わんこ用柔道着」が登場(笑)

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ

空気層96%のケアマット!驚くほど快適だからわんこもぐっすり

犬と猫、どっちを選ぶ…?村松誠の2018年版カレンダー

音や振動に反応して猫シルエットが浮かび上がるLEDライト

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る