TOP>連載 > 【いぬのはてな】長距離マラソンを人間と一緒に走った野良犬の話
  • 連載

【いぬのはてな】長距離マラソンを人間と一緒に走った野良犬の話

突然の出会いが生んだ、運命のパートナー。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-01-11-57-26

ゴビ砂漠を数日間かけて走り抜ける、過酷なマラソン大会エクストリームマラソンがあります。そのマラソンで出場者と仲良くなり、運命のパートナーとなった野良犬がいたことをご存知でしょうか。

マラソン初日、ランナーのレオナルドは、 自分の隣を小さな野良犬が一緒に走っていることに気付きましたが、「そのうちいなくなるだろう」と思い気にせず走り続けました。

ところが、その日のゴールラインをその犬も一緒に走り抜け、なんと彼のテントに当たり前のように入り、彼のとなりでスヤスヤと眠り始めました。そのあまりのかわいさに、レオナルドのハートは鷲掴みにされました。

この日彼は、この犬を「ゴビ」と名付け、翌日から共にマラソン大会を駆け抜けることになりました。大きな川を渡らなければならなかった時も、順位が下がることよりもゴビと一緒に走り抜くことを決めていたレオナルドは、当然のようにゴビを抱き上げ、一緒に川を渡りました。

最後のゴールラインを一緒に駆け抜けたレオナルドとゴビは、その日からもう離れられない運命のパートナーとなったそうです。

【動画】

出典元:http://www.insideedition.com/

文/大原絵理香

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

【今月のドッグフレンドリー・カー】BMW 523dツーリング ラグジュアリー (8.17)

  • 連載

【いぬのはてな】ペットセーバーってなに? (8.16)

  • 連載

【看板犬探訪】3匹の看板犬とまったり触れ合える! 早稲田のベジタリアン向けカフェ「Cafe... (8.16)

  • 連載

【いぬのはてな】ひなたぼっこが好きな犬が多いのはどうして? (8.15)

  • 連載

【いぬのはてな】柴犬の独特な距離感「柴距離」って知ってる? (8.14)

  • 連載

久しぶりの愛犬との再会で実践したい3つのポイント【ドッグトレーニング】 (8.14)

  • 連載

【いぬのはてな】犬と人間の脳の違い (8.13)

  • 連載

光を失った先代犬が教えてくれたのは、「今をハッピーに頑張ること」【保護犬と暮らす】 (8.12)

もっと見る

注目のグッズ

猫が猫型ロボットに…!?「ドラえもん」に大変身できるアイテム

イタリアの工房が手がけるシルバー製の猫アクセサリー

雨の日が待ち遠しくなる!キュートなドラえもんレインコート

人気ブランド「PORTER」とコラボしたここでしか買えない限定お散歩トート

江戸猫がアクセント!「歌川国芳」の猫をあしらったビールグラス

あっという間に変身できちゃう!ドラえもんかぶり帽子

ドラえもんから投げキッス♡アウター風アレンジのボーダータンク

冷却機能と早食い防止機能を備えたおしゃれなフード&ウォーターボウル

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る