TOP>連載 > またたびはたしなむ程度に【犬猫家族】

  • 連載

またたびはたしなむ程度に【犬猫家族】

PETomorrow(ペットゥモロー)】

石黒由紀子の犬猫家族
~豆柴センパイと捨て猫コウハイと一緒に~ vol.5

IMG_4927

豆柴のセンパイとまったり暮らしていた石黒家に、ある日捨て猫がやってきた! 犬と猫、仲よくなれるの? 不安いっぱいでスタートした夫婦+ワン!+ニャン!の日常は喜びと感動と、あきらめと……。犬と猫と暮らして見えてきたこと、使って気に入ってるグッズやおすすめのフード、趣味の動物愛護のことなど、ペットにまつわるあれこれを若干ゆるめに綴ります。

またたびはたしなむ程度に

父の知り合いからまたたびの枝をいただきました。行きつけの医院で一緒になる方だそうで、診察を待っている間に「娘のところには、犬と猫がいるのです」とでも話をしたのでしょう。それで次に会う機会に持参してくれたとのこと。ご自宅の庭にまたたびの木があるのだそうです。父はまたたびのことを知らなくて「とても貴重なものを貰った」と、もったいぶりながら私に渡してくれました。

またたびは木天蓼(もくてんりょうとも読みます)と書いて、梅雨の頃に咲く白い花はとても可憐。またたびには特有の匂いがあって、その匂いは猫の好物とされているのです。

そういえば、コウハイがまだ我が家に来て間もない頃に、またたびが付いたおもちゃを与えたことがありました。しかしそのときはあまり興味を示さなかったので、なんとなくそのままに。その後、またたびの存在すら意識の外になっていて……。

「猫が好きなもの」の筆頭に挙げられるのが「またたび」。今度こそは、コウハイもきっと大喜びするだろうと想像し。私は、2匹がまったりしているときに「いいものがあるよ!」とまたたびの枝を見せてみました。しかし「わぁ!」と色めきたったのは、なぜかセンパイのほう。「これ、ちょうだい!」と一番大きな枝を奪い、がしがし噛んで、なにやら満足そうです。きっと食べるものと勘違いしたのでしょう。

一方、コウハイは一生懸命に匂いを嗅いで、気にはなるようですが、噂に聞く「腰が抜ける」ようなことも「床にすりすりする」こともありません。我を忘れたかのように夢中になることは、残念ながらありませんでした。冷静な面持ちで慎重に味わっています。猫にとって、またたびは最強かと思っていましたが、そうでもなさそうです。猫にもよるのですね、きっと。

そういえば、最近、コウハイにと買ったダンボールの爪研ぎにマタタビの粉末が付いていました。少しずつふりかけておくと、猫は、その爪研ぎが大好きになるとか。これに関しては、コウハイも例外ではありませんでした。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

ケージの中だけで暮らしていたサルーキ【保護犬と暮らす】 (10.20)

  • 連載

【ペットのがん治療】将来に期待されるがんの治療法「実験的治療」とは? (10.20)

  • 連載

【今月のドッグフレンドリー・カー】ホンダ ステップワゴン・スパーダHV (10.20)

  • 連載

爪研ぎの変えどき。そして、誕生日【犬猫家族】 (10.20)

  • 連載

【ペットのがん治療】がんの放射線療法とは? (10.19)

  • 連載

【ペットのがん治療】がんの化学療法について (10.18)

  • 連載

光を失った犬が教えてくれたのは「今を頑張ること」【保護犬と暮らす】 (10.18)

  • 連載

【いぬのはてな】いくつ知ってる?「犬のことわざ」〜後編〜 (10.17)

もっと見る

注目のグッズ

ダンボールのプロが開発!おしゃれで使い勝手のいい猫用爪とぎ

音や振動に反応して猫シルエットが浮かび上がるLEDライト

背中に乗るドラえもんがかわいい!写真映えするキュートなミニベスト

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ

にゃにゃっ?予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク電動ねこじゃらし

機能性とデザイン性を両立した日本製の自動給餌器

アリなどの不快害虫からわんこを守る「インセクトシールド」

浮世絵師「歌川国芳」の猫をあしらったかわいい升酒グラス

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る