TOP>連載 > 【いぬのはてな】名犬ラッシーを演じた俳優犬パルの秘密
  • 連載

【いぬのはてな】名犬ラッシーを演じた俳優犬パルの秘密

PETomorrow(ペットゥモロー)】

名犬ラッシーの秘密

10-30

1954年にアメリカで最初のテレビドラマシリーズが放送された「名犬ラッシー」。ドラマの中では、離れ離れになった飼い主の元に戻るため、次から次へと襲い掛かる困難に勇猛果敢に立ち向かい、長距離を駆け抜けた勇敢な犬でしたが、設定ではラッシーはメス犬。ところが、俳優犬として採用されたラフ・コリーのパルはなんとオス犬だったんです。

そもそも当初「バル」は主役を演じる予定ではなく、別の主役犬の訓練が終わっていなかったためスタント犬として起用された「パル」が主役をすることになったのです。

その後ラッシー役は「パル」の子孫に引き継がれ、最近では1994年のリメイク版にも「パル」の子孫がラッシー役に起用されています。

名犬ラッシーで一躍有名になった「パル」はその名前を轟かせることとなり、現在でも動物病院や保護団体の名称にもよく使われています。

文/大原絵理香

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

ケージの中だけで暮らしていたサルーキ【保護犬と暮らす】 (10.20)

  • 連載

【ペットのがん治療】将来に期待されるがんの治療法「実験的治療」とは? (10.20)

  • 連載

【今月のドッグフレンドリー・カー】ホンダ ステップワゴン・スパーダHV (10.20)

  • 連載

爪研ぎの変えどき。そして、誕生日【犬猫家族】 (10.20)

  • 連載

【ペットのがん治療】がんの放射線療法とは? (10.19)

  • 連載

【ペットのがん治療】がんの化学療法について (10.18)

  • 連載

光を失った犬が教えてくれたのは「今を頑張ること」【保護犬と暮らす】 (10.18)

  • 連載

【いぬのはてな】いくつ知ってる?「犬のことわざ」〜後編〜 (10.17)

もっと見る

注目のグッズ

ダンボールのプロが開発!おしゃれで使い勝手のいい猫用爪とぎ

音や振動に反応して猫シルエットが浮かび上がるLEDライト

背中に乗るドラえもんがかわいい!写真映えするキュートなミニベスト

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ

にゃにゃっ?予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク電動ねこじゃらし

機能性とデザイン性を両立した日本製の自動給餌器

アリなどの不快害虫からわんこを守る「インセクトシールド」

浮世絵師「歌川国芳」の猫をあしらったかわいい升酒グラス

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る