TOP>連載 > 【いぬのはてな】歴史に名を残すハスキー犬「バルト」と「トーゴ」の活躍
  • 連載

【いぬのはてな】歴史に名を残すハスキー犬「バルト」と「トーゴ」の活躍

PETomorrow(ペットゥモロー)】

人命救助のヒーローはハスキー犬だった

10-29

1924年2月。アラスカ北部の都市ノームでジフテリアが蔓延し、大量の血清が必要になる事態となりました。

1万人を超える犠牲者が出る可能性がある最悪の事態を防ぐため、全長1085キロという距離を走りぬいて血清を届けたのは、電車でもなく車でもなく飛行機でもない、「犬ぞり」でした。日本でいうと青森~東京間という長距離を、なんと犬と人がバトンタッチを続けて血清を届けたのです。

勇敢な20人のマッシャー(操縦者)と100頭以上の犬達の努力で、30万ユニットの血清はわずか5日半でノームに到着。この偉業はラジオや新聞で大々的に報道され、犬ぞりチームは一躍ヒーローになりました。

特に注目を浴びたのは、ノームに到達する最終区間を担当したリーダー「バルト」です。

強く利口なバルトは、吹雪でほとんど見えない道をまっすぐに目的地に向かって駆け抜け、町の人だけでなく犬ぞりチームをも救ったヒーローなのです。

また、「バルト」と合わせてヒーローと讃えられているのが、全区画中最長の距離を走り抜けたチームリーダー「トーゴ」です。バルトチームの85キロに対して、トーゴチームはなんと146キロを走破した最強のチームです。

「バルト」「トーゴ」が有名になったものの、この時関わったどの犬達も、それぞれが一心に与えられた仕事をやり抜いた立派なヒーローです。

文/大原絵理香

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

光を失った犬が教えてくれたのは「今を頑張ること」【保護犬と暮らす】 (10.18)

  • 連載

【いぬのはてな】いくつ知ってる?「犬のことわざ」〜後編〜 (10.17)

  • 連載

【ペットのがん治療】そもそも「がん」とは? (10.16)

  • 連載

【いぬのはてな】いくつ知ってる?「犬のことわざ」〜前編〜 (10.16)

  • 連載

愛犬の健康を維持するためのフード選び (10.16)

[PR]
  • 連載

【いぬのはてな】犬を飼っていない人の家に行く時に持参したいもの (10.15)

  • 連載

【いぬのはてな】ミックス犬の魅力と種類について (10.14)

  • 連載

【いぬのはてな】危険なものがいっぱい!犬の「誤飲物」ランキング10 (10.13)

もっと見る

注目のグッズ

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ

にゃにゃっ?予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク電動ねこじゃらし

機能性とデザイン性を両立した日本製の自動給餌器

アリなどの不快害虫からわんこを守る「インセクトシールド」

浮世絵師「歌川国芳」の猫をあしらったかわいい升酒グラス

猫が猫型ロボットに…!?「ドラえもん」に大変身できるアイテム

犬と猫、どっちを選ぶ…?村松誠の2018年版カレンダー

触り方の違いを感知!スマホ技術を応用したぬいぐるみ猫ちゃん

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る