TOP>連載 > 【いぬのはてな】「犬猿の仲」の由来って?
  • 連載

【いぬのはてな】「犬猿の仲」の由来って?

PETomorrow(ペットゥモロー)】

「犬」が出てくる有名な慣用句の由来、知っていますか?

10-26

「犬猿の仲」という言葉は、仲が悪い者のたとえとして誰もが知っている言葉。

しかし、実際には必ずしも犬とサルの仲が悪いということはありません。それではどうして「犬猿の仲」という言葉が生まれたのでしょうか。

言葉の由来には諸説ありますが、そのひとつとして有名なのが干支にまつわる話です。

十二支は、神様の元に向かうレースで、ゴールした順に決められたという逸話があります。

レースの日、犬とサルは仲よく一緒に出発しました。しかしその道中で川に落ちたことがきっかけで両者は喧嘩となり、喧嘩した状態で神様の元へたどり着いたのが原因とのこと。

また、逸話とは違う現実的な説もあります。

猟の際に人間のお供として一緒に山に入った犬は、サルに出会うと威嚇して吠えました。それ以外にも、山から下り人の敷地内に入って来たサルに対して犬が吠える行動を見て、「犬とサルは仲が悪い」と認識されるようになり、「犬猿の仲」という言葉ができたともいわれています。

「犬猿の仲」の由来には、ほかにもいくつかの説があります。

しかし、実際の由来がどんなものであれ、犬とサルが昔から日本人にとって身近な存在だったため、このような言葉ができたということは間違いなさそうです。

文/大原絵理香

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

【いぬのはてな】ペットセーバーってなに? (8.16)

  • 連載

【看板犬探訪】3匹の看板犬とまったり触れ合える! 早稲田のベジタリアン向けカフェ「Cafe... (8.16)

  • 連載

【いぬのはてな】ひなたぼっこが好きな犬が多いのはどうして? (8.15)

  • 連載

【いぬのはてな】柴犬の独特な距離感「柴距離」って知ってる? (8.14)

  • 連載

久しぶりの愛犬との再会で実践したい3つのポイント【ドッグトレーニング】 (8.14)

  • 連載

【いぬのはてな】犬と人間の脳の違い (8.13)

  • 連載

光を失った先代犬が教えてくれたのは、「今をハッピーに頑張ること」【保護犬と暮らす】 (8.12)

  • 連載

熱中症対策、ウチの子はこうしてます! 愛犬家の皆さんに聞いてみた (8.12)

もっと見る

注目のグッズ

イタリアの工房が手がけるシルバー製の猫アクセサリー

雨の日が待ち遠しくなる!キュートなドラえもんレインコート

人気ブランド「PORTER」とコラボしたここでしか買えない限定お散歩トート

江戸猫がアクセント!「歌川国芳」の猫をあしらったビールグラス

あっという間に変身できちゃう!ドラえもんかぶり帽子

ドラえもんから投げキッス♡アウター風アレンジのボーダータンク

冷却機能と早食い防止機能を備えたおしゃれなフード&ウォーターボウル

ペットとのペアルックにいかが?田中帽子製の麦わら帽子

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る