TOP>連載 > 【いぬのはてな】冒険家・植村直己さんを支えた雌犬アンナ
  • 連載

【いぬのはてな】冒険家・植村直己さんを支えた雌犬アンナ

PETomorrow(ペットゥモロー)】

北極圏1万2000キロを走破!

10-11

世界を旅した冒険家・植村直己さんは1974年、12頭のエスキモー犬を引き連れ北極圏へ犬ぞりの旅へと出発しました。ところが、犬たちはばらばらに走り、犬ぞりはうまく進みません。

そこで、植村さんはおとなしい雌犬のアンナをボスにしてみました。すると温厚なアンナに他の犬たちは従い、見事にそろって走り出しました!

数日後、氷の薄い海の前に来ると犬たちは急に言うことを聞かなくなり、一瞬のすきに引き綱がはずれ、犬たちはあっという間に逃げ出してしまいました。一人ぼっちになった植村さんは途方に暮れました。助かるためにはなんとか近くの村に行かなくては、とやっとの思いで歩き出した植村さんの前に小さな影が見えました。

なんと、アンナが5頭の犬を引き連れて戻ってきてくれたのです。

アンナは他の犬たちを連れ戻すために追いかけていたのでした。植村さんはアンナをぎゅっと抱きしめました。アンナの忠誠心に命を助けられ、北極圏1万2000キロを走破した植村さんは、その後無事日本に戻ることが出来ました。

文/大原絵理香

配信サイト:「ペットゥモロー」
ペットとの生活をより楽しく、充実させるためのノウハウや情報をお届けするペット総合情報メディアです。
HP
http://petomorrow.jp/

ペットゥモロー公式TwitterFacebookでも記事を配信中。ぜひ、フォロー&いいね!してくださいね。
Twitter
https://twitter.com/PETomorrow
Facebookhttps://www.facebook.com/petomorrow/

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

ケージの中だけで暮らしていたサルーキ【保護犬と暮らす】 (12.18)

  • 連載

まうじろうおじさんと散歩。【まう助日記】 (12.18)

  • 連載

【ペットのがん治療】超音波を使ったがん治療「高強度収束超音波治療」とは? (12.17)

  • 連載

トイプードルは毛の色で性格が違う…? (12.16)

  • 連載

猫の睡眠事情【犬猫家族】 (12.16)

  • 連載

【ペットのがん治療】凍らせて壊死させるがんの治療法・凍結療法について (12.16)

  • 連載

【ペットのがん治療】熱でがんが消滅!?古代ギリシア時代でも用いられていた温熱療法について (12.15)

  • 連載

産まれた赤ちゃんと引き換えによそへ出された甘えん坊の小さな犬【保護犬と暮らす】 (12.15)

もっと見る

注目のグッズ

ウイスキー評論家・山岡秀雄氏監修!キュートな猫ラベルの数量限定シングルモルト登場

避難時のペット運搬に!『避難ジャケット ベーシック(付属品9点セット)』

猫のモフモフリラックスタイム♪ 寝心地抜群の「ドラえもん フェイスベッド」

人気ブランド「PORTER」とコラボしたここでしか買えない限定お散歩トート

寒い季節にピッタリ♪ わんこ用『ドラえもん ちゃんちゃんこ』

にゃにゃっ?予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク猫じゃらし

押忍!ドラえもんの「わんこ用柔道着」が登場(笑)

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る