TOP>連載 > 赤色が見えにくい!犬の眼の構造を知ろう【わんこの処方箋】

  • 連載

赤色が見えにくい!犬の眼の構造を知ろう【わんこの処方箋】

PETomorrow(ペットゥモロー)】

Dr.林のわんこの処方箋

犬の眼について

e5af3ec52d0067a517063ca6ef4a7a86_s

犬は人間と同じように、視覚・嗅覚・聴覚・味覚・触覚の五感があります。人間の場合は、その中でも視覚が80%以上の割合を占めていて、目はもっとも重要な感覚器になっていますが犬の場合、嗅覚が40%、聴覚が30%、視覚が20%、その他10%くらいです。

犬は、物を見分ける能力は低いのですが動くものを捉える動体視力は優れていて、いわゆる近眼ですが、動くものであれば、人間よりもはるか遠くから察知することができます。また、犬は色盲とも言われていて赤色が見えにくいようです。

子犬は目を閉じたまま生まれてきます。生後7~14日くらいで、上下のまぶたが離れて目が開くのです。しかし目は開いているだけで、最初はよく見えていないようです。またこの段階では、角膜(眼球の表面の透明の膜)はわずかにくもっているが、生後4週齢を過ぎる頃にはくもりが消失し、普通に透明になります。

人間と犬は眼の構造が少々異なります。(猫は犬と一緒です)

その特徴的なものの一つに瞬膜があります。これは第三眼瞼(だいさんがんけん)とも呼ばれ、つまり3つ目のまぶたなのです。

この瞬膜はふだん目頭の下の方に収納されていますが、時々まばたきの時に現れます。見た目は白い膜で、上のまぶたの目尻の方を軽く押すと出てくるものですが、この瞬膜が出っ放しの時もあります。その場合は病気の時もあるので早めに動物病院での診察を受けた方がよいでしょう。瞬膜だけの問題のこともあるし、全身状態が悪くなっている信号の時もあるからです。

二つ目は、輝板(きばん)です。これはタペタムとも呼ばれるもので、網膜の位置にあります。網膜は、眼球の内側の一番奥にあるもので、そこにビッシリと光を感じる細胞が並んでいて、人間は、光が目の中に入ると、一回だけその光を細胞が感じます。

ところが犬の場合はこれが異なります。そのタペタム自体で反射した光も感じることができるのです。つまり、かすかな光が入っただけでも、それを増幅してより鮮明に光を感じることができる構造になっているのです。やはりこれは元々夜行性だった頃の名残りだと言われています。皆さんは、夜の犬の目が緑色に光っているのを見たことがありませんか?これは緑内障ではなく、かすかな光がタペタムで反射して、あのように見えるということなのです。

ee0e2094b6f25007480e9cbae2aba685_s

教訓:

一、 犬の目は、生後1週間から10日まであきません。この時期に目が閉じていても正常です!
二、 瞬膜が出ている時は動物病院に連れて行くべし!何らかの病気の兆候かもしれません。

IMG_4251-1

文/林 文明(はやしふみあき)

1988年北里大学獣医学修士課程修了。1998年コロラド州立大附属獣医学教育病院に留学し、欧米の先進動物医療を学ぶ。現在は、山梨・東京・ベトナムで5つの動物病院を経営。獣医師、日本動物医療コンシェルジュ協会代表理事。
◆日本動物医療コンシェルジュ協会
http://www.jamca.gr.jp/
◆ノア動物病院
http://www.noah-vet.co.jp/

最新著書『愛犬を長生きさせる食事』(本体1000円+税)好評発売中!

09310837
https://www.shogakukan.co.jp/books/09310837

配信サイト:「ペットゥモロー」
ペットとの生活をより楽しく、充実させるためのノウハウや情報をお届けするペット総合情報メディアです。
HP
http://petomorrow.jp/

ペットゥモロー公式TwitterFacebookでも記事を配信中。ぜひ、フォロー&いいね!してくださいね。
Twitter
https://twitter.com/PETomorrow
Facebookhttps://www.facebook.com/petomorrow/

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

【ペットのがん治療】熱でがんが消滅!?古代ギリシア時代でも用いられていた温熱療法について (10.21)

  • 連載

マリアお薦めのランチスポット軽井沢編 『DOG DEPT+CAFÉ』軽井沢プリンス店 (10.21)

  • 連載

ケージの中だけで暮らしていたサルーキ【保護犬と暮らす】 (10.20)

  • 連載

【ペットのがん治療】将来に期待されるがんの治療法「実験的治療」とは? (10.20)

  • 連載

【今月のドッグフレンドリー・カー】ホンダ ステップワゴン・スパーダHV (10.20)

  • 連載

爪研ぎの変えどき。そして、誕生日【犬猫家族】 (10.20)

  • 連載

【ペットのがん治療】がんの放射線療法とは? (10.19)

  • 連載

【ペットのがん治療】がんの化学療法について (10.18)

もっと見る

注目のグッズ

江戸猫がアクセント!「歌川国芳」の猫をあしらったビールグラス

ダンボールのプロが開発!おしゃれで使い勝手のいい猫用爪とぎ

音や振動に反応して猫シルエットが浮かび上がるLEDライト

背中に乗るドラえもんがかわいい!写真映えするキュートなミニベスト

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ

にゃにゃっ?予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク電動ねこじゃらし

機能性とデザイン性を両立した日本製の自動給餌器

アリなどの不快害虫からわんこを守る「インセクトシールド」

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る