TOP>連載 > 【いぬのはてな】宇宙に行った犬たち
  • 連載

【いぬのはてな】宇宙に行った犬たち

PETomorrow(ペットゥモロー)】

犬も宇宙に行けるんです!

10-2

宇宙開発が始まったばかりのころ、犬がロケットに乗って宇宙に飛び立っていた時代がありました。

宇宙に行った犬としてもっとも有名なのは、1957年に初めて人工衛星の軌道周回に成功した旧ソ連のメスの雑種犬「クドリャフカ」。しかし、1950年から1960年代までの間、10匹以上の犬達が宇宙飛行を経験しています。例えば、1951年弾道飛行に成功した「ツィガン」と「デジク」、1960年に宇宙に一日滞在し、軌道周回して帰還した「ベルカ」と「ストレルカ」、1966年に軌道上で22日間過ごした「ヴェテロク」と「ウゴリョーク」など。

ところで人間の宇宙飛行士は、宇宙に行く前に特別な訓練を受けますが、犬も同様に専用の訓練が行われていたようです。その内容は、ロケットで高高度まで打ち上げられパラシュートで降下したり、宇宙服を着たり、狭い密閉室で過ごしたり、宇宙食を食べたりといったもの。人間と似ていますね。

将来どこかの惑星に移住する日が来たなら、愛犬も一緒に行けるかもしれませんね!

文/大原絵理香

配信サイト:「ペットゥモロー」
ペットとの生活をより楽しく、充実させるためのノウハウや情報をお届けするペット総合情報メディアです。
HP
http://petomorrow.jp/

ペットゥモロー公式TwitterFacebookでも記事を配信中。ぜひ、フォロー&いいね!してくださいね。
Twitter
https://twitter.com/PETomorrow
Facebookhttps://www.facebook.com/petomorrow/

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

トイプードルは毛の色で性格が違う…? (12.16)

  • 連載

猫の睡眠事情【犬猫家族】 (12.16)

  • 連載

【ペットのがん治療】凍らせて壊死させるがんの治療法・凍結療法について (12.16)

  • 連載

【ペットのがん治療】熱でがんが消滅!?古代ギリシア時代でも用いられていた温熱療法について (12.15)

  • 連載

産まれた赤ちゃんと引き換えによそへ出された甘えん坊の小さな犬【保護犬と暮らす】 (12.15)

  • 連載

【ペットのがん治療】将来に期待されるがんの治療法「実験的治療」とは? (12.14)

  • 連載

嫌いな場所。【まう助日記】 (12.14)

  • 連載

【ペットのがん治療】がんの放射線療法とは? (12.13)

もっと見る

注目のグッズ

猫のモフモフリラックスタイム♪ 寝心地抜群の「ドラえもん フェイスベッド」

人気ブランド「PORTER」とコラボしたここでしか買えない限定お散歩トート

寒い季節にピッタリ♪ わんこ用『ドラえもん ちゃんちゃんこ』

にゃにゃっ?予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク猫じゃらし

押忍!ドラえもんの「わんこ用柔道着」が登場(笑)

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ

空気層96%のケアマット!驚くほど快適だからわんこもぐっすり

犬と猫、どっちを選ぶ…?村松誠の2018年版カレンダー

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る