TOP>連載 > 【いぬのはてな】ラブラドールの食いしん坊は遺伝子変異によるものだった!?
  • 連載

【いぬのはてな】ラブラドールの食いしん坊は遺伝子変異によるものだった!?

PETomorrow(ペットゥモロー)】

補助犬から高い確率で発見

9-4

犬は元々食欲旺盛な生き物ですが、中でもラブラドール・レトリーバーという犬種は食ベ過ぎで肥満になりやすいと言われています。

イギリスの研究グループが2016年に医学誌「Cell Metabolism」に発表した論文によると、このラブラドールの食欲の強さは、ある遺伝子変異が関係しているとのことです。

具体的には「プロオピオメラノコルチン(POMC)」というホルモンを作る遺伝子が変異すると満腹感が感じられず、いつも食べ物を欲しがるようになってしまうそう。

この遺伝子変異は、検査したラブラドール全体の23%で見つかり、さらに介助犬や盲導犬など補助犬のラブラドールに絞った検査では、76%も見つかりました。特に補助犬の犬からPOMC遺伝子変異が高率で見られる理由は、エサによる訓練がしやすいからではないかと考えられています。

犬の肥満はさまざまな病気を引き起こす可能性が高まり、呼吸器や関節への負担も増えるため減量対策は必須といえます。また一部のラブラドールのようにいつもお腹が空いたと思いながら生きているのもつらいでしょう。このような研究により今後、犬の健康に役立つ新たな予防法などが生まれることを期待したいですね。

文/大原絵理香

配信サイト:「ペットゥモロー」
ペットとの生活をより楽しく、充実させるためのノウハウや情報をお届けするペット総合情報メディアです。
HP
http://petomorrow.jp/

ペットゥモロー公式TwitterFacebookでも記事を配信中。ぜひ、フォロー&いいね!してくださいね。
Twitter
https://twitter.com/PETomorrow
Facebookhttps://www.facebook.com/petomorrow/

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

【今月のドッグフレンドリー・カー】ホンダ・オデッセイHV マイチェンモデル公開直前情報 (10.23)

  • 連載

【ペットのがん治療】凍らせて壊死させるがんの治療法・凍結療法について (10.22)

  • 連載

【いぬのはてな】犬が◯◯をなめる理由は? (10.22)

  • 連載

【ペットのがん治療】熱でがんが消滅!?古代ギリシア時代でも用いられていた温熱療法について (10.21)

  • 連載

マリアお薦めのランチスポット軽井沢編 『DOG DEPT+CAFÉ』軽井沢プリンス店 (10.21)

  • 連載

ケージの中だけで暮らしていたサルーキ【保護犬と暮らす】 (10.20)

  • 連載

【ペットのがん治療】将来に期待されるがんの治療法「実験的治療」とは? (10.20)

  • 連載

【今月のドッグフレンドリー・カー】ホンダ ステップワゴン・スパーダHV (10.20)

もっと見る

注目のグッズ

ウイスキー評論家・山岡秀雄氏監修!キュートな猫ラベルの数量限定シングルモルト登場

これは飽きないにゃ〜!PETomorrow限定 猫遊び3種セット

朗らか笑顔がキュートな「ドラえもんフェイスボーダー」

江戸猫がアクセント!「歌川国芳」の猫をあしらったビールグラス

ダンボールのプロが開発!おしゃれで使い勝手のいい猫用爪とぎ

音や振動に反応して猫シルエットが浮かび上がるLEDライト

背中に乗るドラえもんがかわいい!写真映えするキュートなミニベスト

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る