TOP>連載 > 【いぬのはてな】犬のフンから電気が作れるんです!
  • 連載

【いぬのはてな】犬のフンから電気が作れるんです!

PETomorrow(ペットゥモロー)】

スマホの充電まで!

9-3

いつも捨ててしまう犬のフンですが、実はこの犬のフンから、電気を作ることが出来るのです。大まかな仕組みとしては、発酵用のタンクの中に、フンと水と微生物を入れてかくはんし、分解が促進され発生したメタンガスを利用して電気を作り出しています。

すでに世界では、犬のフン問題解決の一案として再利用エネルギーの開発が進められています。例えば、2006年よりアメリカのカリフォルニア州サン・フランシスコで、ペットの犬のフンを回収し電力に変える試みが始まっています。サン・フランシスコでは年間6000トンもの犬フンが埋め立て地に回されているそうで、ゴミ削減に貢献するというのです。

また2010年から、アメリカのマサチューセッツ州ケンブリッジでは、「The Park Spark Project」というプロジェクトが実行中で、公園内に犬フンを投入できる消化装置を設置し、メタンガスそのものを公園の街灯として利用しています。

さらに注目したいのは、ジェノバのデザイナー・イザド氏によって発明された家庭用サイズの「PooPooPower」という装置。犬の散歩後、自宅で装置上部の蓋を開けてフンを投入すれば電気が作られます。充電池部分はとりはずして持ち運べるため、スマホの充電や扇風機の電源にも活用できます。

毎日捨てていた犬のフンが電気に変わるなんて、とても経済的。日本にも、犬のフン処理法として身近に広がると良いですね。

文/大原絵理香

配信サイト:「ペットゥモロー」
ペットとの生活をより楽しく、充実させるためのノウハウや情報をお届けするペット総合情報メディアです。
HP
http://petomorrow.jp/

ペットゥモロー公式TwitterFacebookでも記事を配信中。ぜひ、フォロー&いいね!してくださいね。
Twitter
https://twitter.com/PETomorrow
Facebookhttps://www.facebook.com/petomorrow/

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

【ペットのがん治療】超音波を使ったがん治療「高強度収束超音波治療」とは? (12.17)

  • 連載

トイプードルは毛の色で性格が違う…? (12.16)

  • 連載

猫の睡眠事情【犬猫家族】 (12.16)

  • 連載

【ペットのがん治療】凍らせて壊死させるがんの治療法・凍結療法について (12.16)

  • 連載

【ペットのがん治療】熱でがんが消滅!?古代ギリシア時代でも用いられていた温熱療法について (12.15)

  • 連載

産まれた赤ちゃんと引き換えによそへ出された甘えん坊の小さな犬【保護犬と暮らす】 (12.15)

  • 連載

【ペットのがん治療】将来に期待されるがんの治療法「実験的治療」とは? (12.14)

  • 連載

嫌いな場所。【まう助日記】 (12.14)

もっと見る

注目のグッズ

避難時のペット運搬に!『避難ジャケット ベーシック(付属品9点セット)』

猫のモフモフリラックスタイム♪ 寝心地抜群の「ドラえもん フェイスベッド」

人気ブランド「PORTER」とコラボしたここでしか買えない限定お散歩トート

寒い季節にピッタリ♪ わんこ用『ドラえもん ちゃんちゃんこ』

にゃにゃっ?予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク猫じゃらし

押忍!ドラえもんの「わんこ用柔道着」が登場(笑)

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ

空気層96%のケアマット!驚くほど快適だからわんこもぐっすり

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る