TOP>連載 > 【いぬのはてな】被災者を見つける災害救助犬
  • 連載

【いぬのはてな】被災者を見つける災害救助犬

PETomorrow(ペットゥモロー)】

災害救助犬は小さなヒーロー

6e42aeed8779d716d67a1e3100f27cdd_s

災害発生時、多くの救助隊と共に災害救助犬が人命救助、行方不明者捜索などのために出動します。災害救助犬は人の数千倍の嗅覚と聴覚を駆使し、被災者を探していきますが、例えば地震の際、災害救助犬はなんと瓦礫の8m下にいる人のうめき声を探知出来ると言われています。

災害救助犬は、世界各国で育成が進められており、大地震などの災害があると国際協力のもと他国にも出動する場合も。災害救助犬の発祥国と言われているスイスでは、積極的に災害救助犬の派遣を行っているようです。

1995年の阪神淡路大震災の際もスイスから災害救助犬が9頭派遣されましたが、当時の日本は災害救助犬の認知度が低かったため、受け入れ体制が整っていなかったほか、動物の検疫にも時間がかかってしまったと言われています。そこで、2011年の東日本大震災では柔軟な検疫措置が施されました。

災害救助犬にはシェパードやゴールデン・レトリーバーなど大型犬の活躍が目立ちますが、大型犬の入れない隙間に潜り込める小型犬も活躍しています。

文/大原絵理香

配信サイト:「ペットゥモロー」
ペットとの生活をより楽しく、充実させるためのノウハウや情報をお届けするペット総合情報メディアです。
HP
http://petomorrow.jp/

ペットゥモロー公式TwitterFacebookでも記事を配信中。ぜひ、フォロー&いいね!してくださいね。
Twitter
https://twitter.com/PETomorrow
Facebookhttps://www.facebook.com/petomorrow/

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

【ペットのがん治療】熱でがんが消滅!?古代ギリシア時代でも用いられていた温熱療法について (10.21)

  • 連載

マリアお薦めのランチスポット軽井沢編 『DOG DEPT+CAFÉ』軽井沢プリンス店 (10.21)

  • 連載

ケージの中だけで暮らしていたサルーキ【保護犬と暮らす】 (10.20)

  • 連載

【ペットのがん治療】将来に期待されるがんの治療法「実験的治療」とは? (10.20)

  • 連載

【今月のドッグフレンドリー・カー】ホンダ ステップワゴン・スパーダHV (10.20)

  • 連載

爪研ぎの変えどき。そして、誕生日【犬猫家族】 (10.20)

  • 連載

【ペットのがん治療】がんの放射線療法とは? (10.19)

  • 連載

【ペットのがん治療】がんの化学療法について (10.18)

もっと見る

注目のグッズ

江戸猫がアクセント!「歌川国芳」の猫をあしらったビールグラス

ダンボールのプロが開発!おしゃれで使い勝手のいい猫用爪とぎ

音や振動に反応して猫シルエットが浮かび上がるLEDライト

背中に乗るドラえもんがかわいい!写真映えするキュートなミニベスト

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ

にゃにゃっ?予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク電動ねこじゃらし

機能性とデザイン性を両立した日本製の自動給餌器

アリなどの不快害虫からわんこを守る「インセクトシールド」

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る