TOP>連載 > 【いぬのはてな】被災者を見つける災害救助犬
  • 連載

【いぬのはてな】被災者を見つける災害救助犬

PETomorrow(ペットゥモロー)】

災害救助犬は小さなヒーロー

6e42aeed8779d716d67a1e3100f27cdd_s

災害発生時、多くの救助隊と共に災害救助犬が人命救助、行方不明者捜索などのために出動します。災害救助犬は人の数千倍の嗅覚と聴覚を駆使し、被災者を探していきますが、例えば地震の際、災害救助犬はなんと瓦礫の8m下にいる人のうめき声を探知出来ると言われています。

災害救助犬は、世界各国で育成が進められており、大地震などの災害があると国際協力のもと他国にも出動する場合も。災害救助犬の発祥国と言われているスイスでは、積極的に災害救助犬の派遣を行っているようです。

1995年の阪神淡路大震災の際もスイスから災害救助犬が9頭派遣されましたが、当時の日本は災害救助犬の認知度が低かったため、受け入れ体制が整っていなかったほか、動物の検疫にも時間がかかってしまったと言われています。そこで、2011年の東日本大震災では柔軟な検疫措置が施されました。

災害救助犬にはシェパードやゴールデン・レトリーバーなど大型犬の活躍が目立ちますが、大型犬の入れない隙間に潜り込める小型犬も活躍しています。

文/大原絵理香

配信サイト:「ペットゥモロー」
ペットとの生活をより楽しく、充実させるためのノウハウや情報をお届けするペット総合情報メディアです。
HP
http://petomorrow.jp/

ペットゥモロー公式TwitterFacebookでも記事を配信中。ぜひ、フォロー&いいね!してくださいね。
Twitter
https://twitter.com/PETomorrow
Facebookhttps://www.facebook.com/petomorrow/

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

【今月のドッグフレンドリー・カー】BMW 523dツーリング ラグジュアリー (8.17)

  • 連載

【いぬのはてな】ペットセーバーってなに? (8.16)

  • 連載

【看板犬探訪】3匹の看板犬とまったり触れ合える! 早稲田のベジタリアン向けカフェ「Cafe... (8.16)

  • 連載

【いぬのはてな】ひなたぼっこが好きな犬が多いのはどうして? (8.15)

  • 連載

【いぬのはてな】柴犬の独特な距離感「柴距離」って知ってる? (8.14)

  • 連載

久しぶりの愛犬との再会で実践したい3つのポイント【ドッグトレーニング】 (8.14)

  • 連載

【いぬのはてな】犬と人間の脳の違い (8.13)

  • 連載

光を失った先代犬が教えてくれたのは、「今をハッピーに頑張ること」【保護犬と暮らす】 (8.12)

もっと見る

注目のグッズ

猫が猫型ロボットに…!?「ドラえもん」に大変身できるアイテム

イタリアの工房が手がけるシルバー製の猫アクセサリー

雨の日が待ち遠しくなる!キュートなドラえもんレインコート

人気ブランド「PORTER」とコラボしたここでしか買えない限定お散歩トート

江戸猫がアクセント!「歌川国芳」の猫をあしらったビールグラス

あっという間に変身できちゃう!ドラえもんかぶり帽子

ドラえもんから投げキッス♡アウター風アレンジのボーダータンク

冷却機能と早食い防止機能を備えたおしゃれなフード&ウォーターボウル

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る