TOP>連載 > 【いぬのはてな】犬が雷でパニックになった時の対処法
  • 連載

【いぬのはてな】犬が雷でパニックになった時の対処法

PETomorrow(ペットゥモロー)】

人間が思っている以上にこわい雷!

8-9

突然ピカッと光りゴロゴロと大きな音を立てる雷と、打ち付ける様な強い雨の音。聴覚に優れている犬にとって、恐怖を感じることが多いです。雷の音に反応し怯える犬もいれば、恐怖のあまり吠えてしまう犬もいます。

犬が吠えるとつい怒りがちですが、これは大きな間違い。恐怖で吠えているのに、それを怒ってしまうと犬は更にパニックに陥ってしまい、雷が鳴る度に恐怖を感じてしまう場合も。

もし大きな雷が鳴ったら、優しく抱きしめてあげたり、犬が安心できるような空間を作ってあげることがその場の対処法としては望ましいです。そうすることで、犬は恐怖心を和らげることができます。

ただ、中には全身の震えが止まらない・嘔吐・大量のヨダレが出る・呼吸が荒いなどの雷恐怖症の症状が出る犬もいます。万が一、雷がなる度にこのような症状が出るようでしたら獣医師に相談をすると良いでしょう。

文/大原絵理香

配信サイト:「ペットゥモロー」
ペットとの生活をより楽しく、充実させるためのノウハウや情報をお届けするペット総合情報メディアです。
HP
http://petomorrow.jp/

ペットゥモロー公式TwitterFacebookでも記事を配信中。ぜひ、フォロー&いいね!してくださいね。
Twitter
https://twitter.com/PETomorrow
Facebookhttps://www.facebook.com/petomorrow/

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

ケージの中だけで暮らしていたサルーキ【保護犬と暮らす】 (10.20)

  • 連載

【ペットのがん治療】将来に期待されるがんの治療法「実験的治療」とは? (10.20)

  • 連載

【今月のドッグフレンドリー・カー】ホンダ ステップワゴン・スパーダHV (10.20)

  • 連載

爪研ぎの変えどき。そして、誕生日【犬猫家族】 (10.20)

  • 連載

【ペットのがん治療】がんの放射線療法とは? (10.19)

  • 連載

【ペットのがん治療】がんの化学療法について (10.18)

  • 連載

光を失った犬が教えてくれたのは「今を頑張ること」【保護犬と暮らす】 (10.18)

  • 連載

【いぬのはてな】いくつ知ってる?「犬のことわざ」〜後編〜 (10.17)

もっと見る

注目のグッズ

ダンボールのプロが開発!おしゃれで使い勝手のいい猫用爪とぎ

音や振動に反応して猫シルエットが浮かび上がるLEDライト

背中に乗るドラえもんがかわいい!写真映えするキュートなミニベスト

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ

にゃにゃっ?予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク電動ねこじゃらし

機能性とデザイン性を両立した日本製の自動給餌器

アリなどの不快害虫からわんこを守る「インセクトシールド」

浮世絵師「歌川国芳」の猫をあしらったかわいい升酒グラス

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る