TOP>連載 > 犬がいるおウチに新しく犬を迎え入れるポイント【わんこの処方箋】
  • 連載

犬がいるおウチに新しく犬を迎え入れるポイント【わんこの処方箋】

PETomorrow(ペットゥモロー)】

Dr.林のわんこの処方箋

同居の動物がいたらどうしますか?

29ebe13e90ad3693b5d0d0d9f69db442_s

今回は、新しいワンちゃんを家に迎え入れる際、すでに“他の動物”がいたらどうするか、というお話をしましょう。最近は多頭飼いの飼い主さんも多いですからね。

お家に他のワンちゃんがいた場合(先住犬と言います)、重要な点が二つあります。一つは、どうやって初対面させるか、です。いきなり同じ部屋に入れたりすると、食ったり食われたり、殺し合いの大げんか大惨事になる可能性があります(いや、嘘です)。

そこまではいかずとも大げんかになる可能性はあるのです。ですので、最初は違う部屋に入れておいて、まずは新顔のワンちゃんを家に慣れさせてあげることから始めましょう。その後、少しずつ、先住のワンちゃんを近付けるようにします。最初のうちはサークル越しが良いでしょう。お互いに警戒するでしょうし、いきなり吠え合うかもしれないですね。

だから、顔合わせの時間も最初は短時間にしましょう。日ごとに少しずつ一緒にいる時間を長くしていくと良いですね。例えば、今日は5分、明日は10分というようにします。そしてサークル越しで慣れたと思ったら、サークルから出して直接会わせましょう。お互いにお尻の匂いを確認し会うことから始まります。この段階でケンカをする雰囲気があれば、また最初の段階に戻ります。焦らず、慌てず、徐々に進めましょう。

ここで重要なポイントを1つ。先住犬と新参犬、どっちのワンちゃんを上の順位にするかということなんですが、よくありがちなのが、先住のワンちゃんをないがしろにして、新参のワンちゃんばかりをかわいがることです。これは絶対にしないでくださいね。先住のワンちゃんがイジけて家出しますよ。いや、そんなことはありません。

先住のワンちゃんの方が、どんなに体格的に小さくても、どんなに年齢的に若くても、順位は先住のワンちゃんを上にすべきなのです。順位が上ということは、かわいがるのも先住ワンちゃんが先で時間も長く。ごはんをあげる時も先住のワンちゃんが先、新参のワンちゃんはその後、といった具合にします。(もちろん、人間はその前)

人間の場合、兄弟ゲンカをして、叱られるのはいつも年上のお兄ちゃんになりがちですが、犬は群れをなす動物なので、それではいけません。ケンカをした場合は、そのケンカをふっかけられようが、新参犬は耐え、怒られる時も新参犬になるのです。群れの順位は、犬にとってとても大切なことなので、特に注意をしてください。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

【ペットのがん治療】熱でがんが消滅!?古代ギリシア時代でも用いられていた温熱療法について (12.15)

  • 連載

産まれた赤ちゃんと引き換えによそへ出された甘えん坊の小さな犬【保護犬と暮らす】 (12.15)

  • 連載

【ペットのがん治療】将来に期待されるがんの治療法「実験的治療」とは? (12.14)

  • 連載

嫌いな場所。【まう助日記】 (12.14)

  • 連載

【ペットのがん治療】がんの放射線療法とは? (12.13)

  • 連載

【ペットのがん治療】がんの化学療法について (12.12)

  • 連載

マリアの愛車をシニア犬対応&スタイリッシュな快適仕様に変身大作戦! (12.12)

  • 連載

軽井沢のレジーナリゾートで二男クールの連続バースデー【わんちゃんからの贈り物(おでかけ編1... (12.12)

もっと見る

注目のグッズ

人気ブランド「PORTER」とコラボしたここでしか買えない限定お散歩トート

寒い季節にピッタリ♪ わんこ用『ドラえもん ちゃんちゃんこ』

にゃにゃっ?予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク猫じゃらし

押忍!ドラえもんの「わんこ用柔道着」が登場(笑)

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ

空気層96%のケアマット!驚くほど快適だからわんこもぐっすり

犬と猫、どっちを選ぶ…?村松誠の2018年版カレンダー

音や振動に反応して猫シルエットが浮かび上がるLEDライト

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る