TOP>連載 > 同伴避難を考える その2【犬猫家族】

  • 連載

同伴避難を考える その2【犬猫家族】

PETomorrow(ペットゥモロー)】

石黒由紀子の犬猫家族
~豆柴センパイと捨て猫コウハイと一緒に~ vol.11

DSC06000

豆柴のセンパイとまったり暮らしていた石黒家に、ある日捨て猫がやってきた! 犬と猫、仲よくなれるの? 不安いっぱいでスタートした夫婦+ワン!+ニャン!の日常は喜びと感動と、あきらめと……。犬と猫と暮らして見えてきたこと、使って気に入ってるグッズやおすすめのフード、趣味の動物愛護のことなど、ペットにまつわるあれこれを若干ゆるめに綴ります。

同伴避難を考える その2

IMG_6220

熊本で被災地を見て来たことで、防災と、ペットと同伴避難することへの関心が高まっている私です。そこで、この連載でも2回に渡り、筆圧高めに書かせていただいています。

前回は、熊本の避難所を見て感じたことを書きましたが、今回は、その感じたことを日々の暮らしに活かせるように実践してみました。

前回でも書いたように「ペットに対しての日頃からの接し方が、いざ!というときにものをいう」ことを実感したので、我が家でも避難用のケージをときどきリビングに出しておくことにしました。センパイ(我が家の犬です 10歳になる豆柴・メス)やコウハイ(我が家の猫です 5歳になる雑種・オス)に、ケージの中でおやつを食べさせたりして「この中も悪くないな」と思ってもらうことが狙いです。

以前にもやっていましたが、たまにやっておかないと忘れてしまうのでは? という気がしたので。「猫は恐怖のあまり、どこかに隠れてしまうことがある」と聞いたので、センパイの行動をコウハイが真似をしてくれたらいいなぁ、と思っていたのですが、しばらくしたら、ケージに入って昼寝をしているコウハイを発見。これを続けていけば、被災し避難したときにもスムーズにケージで過ごしてもらえそうです。

IMG_6228

次に、避難グッズの見直しです。まず必要なのは数日分のフードとおやつ。トイレシート、水、コウハイの簡易トイレとトイレ砂、コウハイの迷子防止のための洗濯ネット、トリミング用品、ウェットテッシュ、うんち袋、服(センパイもコウハイも普段は着用しませんが、避難先での抜け毛対策のため)。

避難袋に入れるかどうか迷っているものが、動物病院への通院記録、ドライシャンプー、おもちゃ(カッター、はさみ、ガムテーム、ゴミ袋やビニール袋、新聞紙などは人用の避難袋にいれました)。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

はじめてのお散歩【柴門ふみの50過ぎて犬を飼う】 (3.25)

  • 連載

【いぬのはてな】うれしい時に見せる犬のしぐさ (3.25)

  • 連載

【青山尚暉のワンderful LIFE】マリアの幸せ(1) (3.24)

  • 連載

【いぬのはてな】チワワはなぜかわいい? (3.24)

  • 連載

警察署前に捨てられた子犬、今ではInstagramの人気者!【保護犬と暮らす】 (3.24)

  • 連載

赤色が見えにくい!犬の眼の構造を知ろう【わんこの処方箋】 (3.23)

  • 連載

【いぬのはてな】犬は歳を取ると頑固な性格になる!? (3.23)

  • 連載

愛犬に優しいドライブ旅行計画の立て方【わんこと行くクルマ旅 特別編】 (3.23)

もっと見る

注目のグッズ

ダンボールのプロが開発!おしゃれで使い勝手のいい猫用爪とぎ

ベッドとキャリーバッグがひとつになった多機能キャットベッド

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ

ドラえもんの大好物「どら焼き」型ペットベッドが当たるキャンペーン開催

ドラえもんの大好物、どら焼きをベッドにしちゃいました! ドラえもん「どら焼きベッド」をプレ...

浮世絵師「歌川国芳」の猫をあしらったかわいい升酒グラス

イタリアの熟練クラフトマンが生んだ猫のシルバージュエリー

手すき和紙のやさしい風合いがキュート!職人手作りの猫ちゃんマグネット

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る