TOP>連載 > 同伴避難を考える その1【犬猫家族】

  • 連載

同伴避難を考える その1【犬猫家族】

PETomorrow(ペットゥモロー)】

石黒由紀子の犬猫家族
~豆柴センパイと捨て猫コウハイと一緒に~ vol.10

IMG_1534

豆柴のセンパイとまったり暮らしていた石黒家に、ある日捨て猫がやってきた! 犬と猫、仲よくなれるの? 不安いっぱいでスタートした夫婦+ワン!+ニャン!の日常は喜びと感動と、あきらめと……。犬と猫と暮らして見えてきたこと、使って気に入ってるグッズやおすすめのフード、趣味の動物愛護のことなど、ペットにまつわるあれこれを若干ゆるめに綴ります。

同伴避難を考える その1

IMG_6146

先日、ほんのわずかな時間でしたが熊本県にボランティアに行ってきました。旅のよろこび社という旅行会社がコーディネイトしたボランティアツアーに参加し、くまもと友救の会の活動をお手伝いしたのです。私は、全国から集まっている救援物資の中から被災者のみなさんが欲しいものを手にできるよう、そのアテンドをしました。

救援物資が集まるテントには、犬を連れた被災者さんも。「震災後も一緒に暮らせてよかったねー」と喜びあいました。「迷子にだけはしないように、必死でリードを放さずにいました」とおっしゃってましたが、犬がいるため、避難所にはあまり留まらず、おもにクルマの中で暮らしていたそうです。同伴避難はまだまだ少なく、飼い主としても周囲が気になり、気が休まらなかったとのこと。

また、避難所にも寄ることができたので、被災者の方々の暮らしを肌で感じることができました。そして「もし、私が住んでいる地域に震災が起きたら……」ということを、実感を持って想像し、考える機会となりました。

私が見学した避難所では、ペット用のスペースができていました。ペットたちはケージに入れられていましたが、屋根のついたドッグランもあります。清潔に保たれ、トイブードルが飼い主さんと楽しそうに走って遊んでいました。ドッグフードやトイレシートなど、ペット用品も全国から集まり、今のところ物資は足りているようです。人も犬も猫も(そのほかのペットも)、できれば同じスペースで暮らしたいと思いますが、避難所の生活スペースを見ると「それは難しそうだなぁ」というのが私の印象です。また、アレルギーなど持病を持つペットの場合、体質に合わせたフードを救援物資に期待できないとも思いました。

なので、特別な療養食などを食べているペットには、いつも食べているものをある程度常備し、避難用の荷物の中に入れておくといいですね。

また、地震があった直後は、ペット同伴での避難の場合、体育館の中などには入れず、外の、テントが張られている所が同伴避難者のスペースとなったとそうです。そんなとき、つい興奮して吠える犬……。避難所あるあるですが、このようなとき、スペースにいる全員がスムーズに過ごすために、日頃からしつけておきたいことをまとめてみました。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

末っ子カリドと母子の旅へ【わんちゃんからの贈り物(おでかけ編25)】 (11.12)

  • 連載

ハロウィン。【まう助日記】 (10.31)

  • 連載

食欲の秋!ペットフードの選び方について【犬猫家族 特別編】 (10.17)

[PR]
  • 連載

動物愛護週間について【犬猫家族】 (9.30)

  • 連載

パパの息子達への思い【わんちゃんからの贈り物(おでかけ編24)】 (9.26)

  • 連載

ウォーターバトル。【まう助日記】 (8.30)

  • 連載

我が家の暑さ対策【犬猫家族】 (8.29)

  • 連載

保護犬出身五男グアポの初めてのお誕生日【わんちゃんからの贈り物(おでかけ編23)】 (8.23)

もっと見る

注目のグッズ

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット

豆柴のまう助がひょっこり「こんにちは」! 日常使いにぴったりのトートが登場

柴犬好きをアピールできちゃう♪ ペットゥモロー看板犬・まう助のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る