TOP>連載 > 悪性腫瘍?耳を切断?…【柴門ふみの50過ぎて犬を飼う】

  • 連載

悪性腫瘍?耳を切断?…【柴門ふみの50過ぎて犬を飼う】

PETomorrow(ペットゥモロー)】

柴門ふみの50過ぎて犬を飼う(10)

悪性腫瘍?耳を切断?…

それは、ゴールデンウィークのことだった。

リンコの左耳に小豆大のしこりがあることに私は気がついたのだ。耳毛をかき分けると、耳たぶの先端部分に黒っぽいおできのようなものが出来ていた。触ると、こりこりする。

何か嫌な気持ちになった私は、連休明け急いでかかりつけの動物病院にリンコを連れて行ったのである。

「最近、他の犬に噛まれたりしなかった?」

「いえ、とくに・・・」

「では、噛まれた傷の内出血ではないですね。ノミに噛まれたのかなあ?草むらに首を突っ込んだりした?」

「それは、よくします」

「だったら、ノミですよ。ちょっとカサブタを取ってみますね」

そう言って先生は、リンコを押さえピンセットでそうっとはがした。

「あれ!?」

先生の動きが止まった。

「こ、これは、・・・!!痒がったりしますか?」

「いえ、それはないです」

すると先生は、うーんと唸りながらこう言ったのである。

「カサブタの下に、丸くて赤いラズベリーのようなブツブツが見えるでしょう?この腫瘍には、二つの可能性があります。一つは、良性で2センチ大まで大きくなり、それから自然消滅しまうもの。もう一つは、肥満細胞腫という悪性のもので、この場合だと転移を防ぐために耳を切断することになります」

悪性腫瘍?耳を切断?

その瞬間、私はその場に凍り付いてしまった。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

【ペットのがん治療】超音波を使ったがん治療「高強度収束超音波治療」とは? (12.17)

  • 連載

トイプードルは毛の色で性格が違う…? (12.16)

  • 連載

猫の睡眠事情【犬猫家族】 (12.16)

  • 連載

【ペットのがん治療】凍らせて壊死させるがんの治療法・凍結療法について (12.16)

  • 連載

【ペットのがん治療】熱でがんが消滅!?古代ギリシア時代でも用いられていた温熱療法について (12.15)

  • 連載

産まれた赤ちゃんと引き換えによそへ出された甘えん坊の小さな犬【保護犬と暮らす】 (12.15)

  • 連載

【ペットのがん治療】将来に期待されるがんの治療法「実験的治療」とは? (12.14)

  • 連載

嫌いな場所。【まう助日記】 (12.14)

もっと見る

注目のグッズ

避難時のペット運搬に!『避難ジャケット ベーシック(付属品9点セット)』

猫のモフモフリラックスタイム♪ 寝心地抜群の「ドラえもん フェイスベッド」

人気ブランド「PORTER」とコラボしたここでしか買えない限定お散歩トート

寒い季節にピッタリ♪ わんこ用『ドラえもん ちゃんちゃんこ』

にゃにゃっ?予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク猫じゃらし

押忍!ドラえもんの「わんこ用柔道着」が登場(笑)

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ

空気層96%のケアマット!驚くほど快適だからわんこもぐっすり

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る