TOP>連載 > 悪性腫瘍?耳を切断?…【柴門ふみの50過ぎて犬を飼う】

  • 連載

悪性腫瘍?耳を切断?…【柴門ふみの50過ぎて犬を飼う】

PETomorrow(ペットゥモロー)】

柴門ふみの50過ぎて犬を飼う(10)

悪性腫瘍?耳を切断?…

それは、ゴールデンウィークのことだった。

リンコの左耳に小豆大のしこりがあることに私は気がついたのだ。耳毛をかき分けると、耳たぶの先端部分に黒っぽいおできのようなものが出来ていた。触ると、こりこりする。

何か嫌な気持ちになった私は、連休明け急いでかかりつけの動物病院にリンコを連れて行ったのである。

「最近、他の犬に噛まれたりしなかった?」

「いえ、とくに・・・」

「では、噛まれた傷の内出血ではないですね。ノミに噛まれたのかなあ?草むらに首を突っ込んだりした?」

「それは、よくします」

「だったら、ノミですよ。ちょっとカサブタを取ってみますね」

そう言って先生は、リンコを押さえピンセットでそうっとはがした。

「あれ!?」

先生の動きが止まった。

「こ、これは、・・・!!痒がったりしますか?」

「いえ、それはないです」

すると先生は、うーんと唸りながらこう言ったのである。

「カサブタの下に、丸くて赤いラズベリーのようなブツブツが見えるでしょう?この腫瘍には、二つの可能性があります。一つは、良性で2センチ大まで大きくなり、それから自然消滅しまうもの。もう一つは、肥満細胞腫という悪性のもので、この場合だと転移を防ぐために耳を切断することになります」

悪性腫瘍?耳を切断?

その瞬間、私はその場に凍り付いてしまった。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

【今月のドッグフレンドリー・カー】ホンダ・ジェイド (6.21)

  • 連載

初めての海。【まう助日記】 (6.21)

  • 連載

愛犬仕様のミニバン2列目席はベンチかキャプテンシートか?【わんこと行くクルマ旅 特別編】 (6.19)

  • 連載

保護犬を迎え入れ、穏やかな家族に【わんちゃんからの贈り物(おでかけ編20)】 (6.11)

  • 連載

花より団子。【まう助日記】 (6.9)

  • 連載

春の注射も済んで、夏に向かって【犬猫家族】 (6.3)

  • 連載

レジーナリゾート琵琶湖長浜開業!【わんこと行くクルマ旅 特別編】 (5.31)

  • 連載

ばあちゃん、大好き。【まう助日記】 (5.30)

もっと見る

注目のグッズ

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット

豆柴のまう助がひょっこり「こんにちは」! 日常使いにぴったりのトートが登場

柴犬好きをアピールできちゃう♪ ペットゥモロー看板犬・まう助のTシャツが登場!

こんなに毛が取れるの?わんこのお手入れにおすすめの『ファーミネーター』!

にゃんこになれるアイマスク「めめホットキャット」が登場‼︎

手編みの温もりが嬉しい犬猫用「くつろぎバケット」

わんこの肉球を守るDOGブーツが登場♪

わんこのバスタイムを短縮♪ 重炭酸スパクリングシャワーヘッド!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る