TOP>連載 > 【いぬのはてな】いつもいるケージは狭く感じないの?
  • 連載

【いぬのはてな】いつもいるケージは狭く感じないの?

PETomorrow(ペットゥモロー)】

管理しやすいから安心みたいです!

6-22

犬を飼うにあたりまず決めなくてはいけない事、それは家のどこで犬を飼うのかということです。

昨今、室内飼いが主流になっていますが、気になるのが犬にとって狭いと思わないスペースを確保できているのかどうか。室内飼いの多くはケージを住処にしますが、人間の感覚では、なんだか狭くてかわいそうだな、と思ってしまうかもしれません。

しかし、犬は自分の縄張りと認識した場所、つまりテリトリーを守る習性があります。そのためケージは自分が守るもの!という認識が生まれるため、狭いという感覚は持たないようです。

もちろん、飼い主がいるときは室内を自由に動き回らせてもいいのですが、基本はケージをメインとして、そこを犬自身が安全、安心と認識できるテリトリーとして覚えさせることが大切になります。

むしろ、しっかりとそのことを教えてあげれば、家は飼い主が守ってくれるものと捉えて、家への来客などがある度に吠えたり、怯えたりすることが少なくなるといわれています。

ちなみに、当然なのですが、散歩にいかなくていいとは決してならないので、必ず散歩はいきましょうね!

文/大原絵理香

配信サイト:「ペットゥモロー」
ペットとの生活をより楽しく、充実させるためのノウハウや情報をお届けするペット総合情報メディアです。
HP
http://petomorrow.jp/

ペットゥモロー公式TwitterFacebookでも記事を配信中。ぜひ、フォロー&いいね!してくださいね。
Twitter
https://twitter.com/PETomorrow
Facebookhttps://www.facebook.com/petomorrow/

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

【いぬのはてな】愛犬のニオイがいつもと違ったら (9.19)

  • 連載

はじめてのお散歩【柴門ふみの50過ぎて犬を飼う】 (9.19)

  • 連載

【いぬのはてな】犬の味覚の感じ方 (9.18)

  • 連載

ウソ泣きがしつけの最後の手段【柴門ふみの50過ぎて犬を飼う】 (9.18)

  • 連載

【ペットのがん治療】ウイルスを用いた最先端のがん治療 (9.18)

  • 連載

【いぬのはてな】オスとメスの違い (9.17)

  • 連載

生後三か月のリンコ【柴門ふみの50過ぎて犬を飼う】 (9.17)

  • 連載

【ペットのがん治療】超音波を使ったがん治療「高強度収束超音波治療」とは? (9.17)

もっと見る

注目のグッズ

使い心地に大満足!ペット用木製ベッドホーム

猫が猫型ロボットに…!?「ドラえもん」に大変身できるアイテム

犬と猫、どっちを選ぶ…?村松誠の2018年版カレンダー

ペットの粗相で困っている人は必見!水を噴射して汚れを吸い取る「switle」

ドラえもんのひみつ道具が散りばめられた「I’m Doraemonプリントパーカー」

人気ブランド「PORTER」とコラボしたここでしか買えない限定お散歩トート

猫が猫型ロボットに…!?「ドラえもん」に大変身できるアイテム

ベッドとキャリーバッグがひとつになった多機能キャットベッド

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る