TOP>連載 > 【いぬのはてな】犬と人間の脳の違いについて
  • 連載

【いぬのはてな】犬と人間の脳の違いについて

PETomorrow(ペットゥモロー)】

犬はニオイを感じ取る大脳の器官が発達

6-6

犬の脳は、自分の意志で命令を出す大脳、瞳孔反射の役割を担う中脳、体のバランスを整える小脳、食欲や自律神経・体温調節をする間脳、心臓や呼吸の働きを担う延髄、呼吸や排尿の役割を担う橋などから出来ています。形こそ違いますが、基本的には人間と犬の脳はほぼ同じパーツで成り立っています。

ただし、脳の働きに関しては犬と人間は異なります。例えば、人間が犬に比べ発達しているのが大脳。なかでも理性をつかさどる前頭葉が特に発達しており、高い道徳性によって本能を抑えることができると言われています。

一方、人間より犬のほうが発達しているのがニオイを感じ取ることの出来る大脳の器官、嗅脳(きゅうのう)です。犬の嗅覚が発達しているのはこのためです。優れた嗅覚は、食欲・性欲など種の繁栄に重要な機能と言われています。

人間と犬の脳、それぞれに特徴があるのです。

文/大原絵理香

配信サイト:「ペットゥモロー」
ペットとの生活をより楽しく、充実させるためのノウハウや情報をお届けするペット総合情報メディアです。
HP
http://petomorrow.jp/

ペットゥモロー公式TwitterFacebookでも記事を配信中。ぜひ、フォロー&いいね!してくださいね。
Twitter
https://twitter.com/PETomorrow
Facebookhttps://www.facebook.com/petomorrow/

《関連情報》

【いぬのはてな】絶対知っておきたい!犬にとっての危険な食べ物とは?

【いぬのはてな】換毛期ってすべての犬にあるの?

【いぬのはてな】犬の鼻は季節によって色が変わることがある!

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

殺処分を免れ、キャンパードッグとして生を楽しむミックス犬【保護犬と暮らす】 (9.22)

  • 連載

犬が一番可愛い瞬間【柴門ふみの50過ぎて犬を飼う】 (9.21)

  • 連載

2代目に進化したホンダ『N-BOX』で行く軽井沢の旅・前編【わんこと行くクルマ旅】 (9.20)

  • 連載

やっぱりおウチが一番!【柴門ふみの50過ぎて犬を飼う】 (9.20)

  • 連載

【いぬのはてな】愛犬のニオイがいつもと違ったら (9.19)

  • 連載

はじめてのお散歩【柴門ふみの50過ぎて犬を飼う】 (9.19)

  • 連載

【いぬのはてな】犬の味覚の感じ方 (9.18)

  • 連載

ウソ泣きがしつけの最後の手段【柴門ふみの50過ぎて犬を飼う】 (9.18)

もっと見る

注目のグッズ

触り方の違いを感知!スマホ技術を応用したぬいぐるみ猫ちゃん

手すき和紙のやさしい風合いがキュート!職人手作りの猫ちゃんマグネット

使い心地に大満足!ペット用木製ベッドホーム

猫が猫型ロボットに…!?「ドラえもん」に大変身できるアイテム

犬と猫、どっちを選ぶ…?村松誠の2018年版カレンダー

ペットの粗相で困っている人は必見!水を噴射して汚れを吸い取る「switle」

ドラえもんのひみつ道具が散りばめられた「I’m Doraemonプリントパーカー」

人気ブランド「PORTER」とコラボしたここでしか買えない限定お散歩トート

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る