TOP>連載 > 幸せだった子育て期間、再び【柴門ふみの50過ぎて犬を飼う】

  • 連載

幸せだった子育て期間、再び【柴門ふみの50過ぎて犬を飼う】

PETomorrow(ペットゥモロー)】

柴門ふみの50過ぎて犬を飼う(2)

幸せだった子育て期間、再び

top-1

犬は人間の3歳児と同じぐらいの知能があると、人から教えられた。

我が子が3歳だった頃。それは子育て期間中、私が一番幸せだった時間である。「ママ、ママ」と一日中まとわりつき、どこにでもついてきてママを探し、見つからないと大声で泣き叫んだ。

「私は人生で、これほどまで誰かから愛され求められたことはない」

私は感動して、感謝の気持ちいっぱいになり、毎日我が子をぎゅっと抱きしめたものである。

ところが、そんな蜜月はあっという間に過ぎ去った。大体女の子は10歳、男の子は12歳ぐらいで母親から離れて行くものだ。

母親が話しかけてもなま返事で、一緒に出掛けるのも嫌がり始める。親より友達を優先し、やがて口も利かなくなるのだ。

「もう一度、3歳の頃の我が子に出会えたら・・・」

そんな風に思う母親は、少なくない。私の友人の携帯の待ち受け画面は長い間ずっと、3歳だった頃の彼女の息子の写真だった。

子供が幼いころのホームビデオを何回も見返して涙を流すという、母親もいた。

我が子が巣立った後の母親の喪失感は、それほど大きいものなのだ。そして

「私の人生で、幸せの頂点はあの頃だった。この先どんなに長く生きたとしても、あれほどの幸福感に出会えることはないのだわ」

母親の多くは、そんな寂しい気分を味わうのである。

そういった女性が(つまり私もだが)犬を飼うと、気分が一新する。

「人間の子供と一緒!」

仔犬を飼い始めて、私はまずそのことに驚いた。そして二度と味わえないと思っていた、幼い子供が与えてくれた幸せな時間が、再び戻って来たのである。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

今春以降オープンする愛犬同伴型リゾートホテル先取り情報【わんこと行くクルマ旅 特別編】 (2.21)

  • 連載

マリアお薦めスポット伊豆高原編 『神祇大社』 (2.19)

  • 連載

コウハイについての心配ごと【犬猫家族】 (2.19)

  • 連載

お散歩デート2。【まう助日記】 (2.17)

  • 連載

マリアお薦めのランチスポット伊豆高原編 『宇賀神』 (2.16)

  • 連載

マリアのお薦め遊・食・買・作スポット 伊豆高原編「愛犬の駅」 (2.15)

  • 連載

【今月のドッグフレンドリー・カー】ダイハツ ムーブキャンバス (2.14)

  • 連載

お散歩デート。【まう助日記】 (2.11)

もっと見る

注目のグッズ

手編みの温もりが嬉しい犬猫用「くつろぎバケット」

わんこの肉球を守るDOGブーツが登場♪

わんこのバスタイムを短縮♪ 重炭酸スパクリングシャワーヘッド!

まんまる仔犬に癒される〜♪琳派の豆皿と箸置き

寒い季節にピッタリ♪ わんこ用『ドラえもん ちゃんちゃんこ』

猫が猫型ロボットに…!?「ドラえもん」に大変身できるアイテム

あったか〜い。冬もヌクヌク♪わんこが喜ぶ「英国製ブランケット」

ダンボールのプロが開発!おしゃれで使い勝手のいい猫用爪とぎ

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る