TOP>連載 > 【いぬのはてな】子犬を迎えたら便検査をしてみよう!
  • 連載

【いぬのはてな】子犬を迎えたら便検査をしてみよう!

PETomorrow(ペットゥモロー)】

体力のない子犬が、気をつけなくてはいけない病気

4-21

寄生虫による病気は、1歳未満の子犬になりやすい病気の1位とも言われており、その中でのとくに起こりやすいのが「コクシジウム症」という病気です。

この「コクシジウム症」は、寄生虫が腸内に寄生することにより、下痢・脱水症状・血便・嘔吐・食欲不振等の症状を引き起こします。

子犬が家にくるまでのルートですでにこの病気に感染していることも多く、万が一下痢等の症状が見られたら早急に獣医師さんに相談をすることが必要です。

またこの寄生虫は胎盤を通じて子犬に感染するため、母犬が感染していればほぼ100%の確立で子犬も発症すると言われています。ペットショップなどで駆虫薬の投与などは行っていますが、駆虫薬では効かない寄生虫もいるので、注意が必要です。

子犬が感染をしていると先住犬にも移る危険性も高く、また子犬自身にとっても下痢はとても体力を消耗する病気です。子犬を家に迎え入れたら、便検査を行うことをおすすめします。

文/大原絵理香

配信サイト:「ペットゥモロー」
http://petomorrow.jp/
ペットとの生活をより楽しく、充実させるためのノウハウや情報をお届けするペット総合情報メディアです。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

【今月のドッグフレンドリー・カー】BMW 523dツーリング ラグジュアリー (8.17)

  • 連載

【いぬのはてな】ペットセーバーってなに? (8.16)

  • 連載

【看板犬探訪】3匹の看板犬とまったり触れ合える! 早稲田のベジタリアン向けカフェ「Cafe... (8.16)

  • 連載

【いぬのはてな】ひなたぼっこが好きな犬が多いのはどうして? (8.15)

  • 連載

【いぬのはてな】柴犬の独特な距離感「柴距離」って知ってる? (8.14)

  • 連載

久しぶりの愛犬との再会で実践したい3つのポイント【ドッグトレーニング】 (8.14)

  • 連載

【いぬのはてな】犬と人間の脳の違い (8.13)

  • 連載

光を失った先代犬が教えてくれたのは、「今をハッピーに頑張ること」【保護犬と暮らす】 (8.12)

もっと見る

注目のグッズ

猫が猫型ロボットに…!?「ドラえもん」に大変身できるアイテム

イタリアの工房が手がけるシルバー製の猫アクセサリー

雨の日が待ち遠しくなる!キュートなドラえもんレインコート

人気ブランド「PORTER」とコラボしたここでしか買えない限定お散歩トート

江戸猫がアクセント!「歌川国芳」の猫をあしらったビールグラス

あっという間に変身できちゃう!ドラえもんかぶり帽子

ドラえもんから投げキッス♡アウター風アレンジのボーダータンク

冷却機能と早食い防止機能を備えたおしゃれなフード&ウォーターボウル

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る