TOP>連載 > かわいいシルエットを作るポメラニアンのカット術【ドッグビューティー通信】
  • 連載

かわいいシルエットを作るポメラニアンのカット術【ドッグビューティー通信】

PETomorrow(ペットゥモロー)】

麻布・白金ドッグビューティー通信

かわいいシルエットを作るポメラニアンのカット術

image2-2

つぶらな瞳にふわふわな毛がとても愛らしいポメラニアン。前回ご紹介したようにカラーバリエーションも豊富でサイズや顔も様々。カットも切りそろえるとまるで小さな柴犬やライオン、タヌキの風貌を似せたようなカットもあります。毛の長さで様々なカットバリエーションがありDoggie-Doでもポメラニアンのカットは多く、人気急上昇中です。

image1-3

一方でポメラニアンは、下毛とよばれる密生した毛がとても豊富で、もつれたり毛玉にもなりやすい犬種でもあります。ちゃんと飼うには、こまめなブラッシング、定期的なトリミングなどによるお手入れが大切なんですよ。

本来、カットをする事のない犬種ですが夏場になると暑そうに見えるためカットするコも最近、増えてきています。ここで注意しなければいけない事は、暑そうだからと言って地肌が透けるような短さまで刈りこまない事。バリカンなどでむやみに短くすると、もとのキレイで長くふさふさな毛に戻らない事があるんです。バリカンを入れることで毛質が変わりキレイに毛が生えてこなくなる犬種のひとつがポメラニアンです。

image3

そのため、Doggie-Doではそのことを飼い主様にお伝えし、バリカンではなくオールシザーでのカットをオススメしています。

シザーだと短く出来る長さに限界があるのと、皮膚や毛への刺激を軽減できるのでバリカン仕上げよりもキレイに、今までのように毛が伸びてくれます。全身とは言わずお尻や胸、お腹の長い毛などを切りそろえただけでもキレイに見えますよ。

それでも何だか暑そうに見えてきになる場合はブラッシングを念入りにして下毛を取るだけでとてもスッキリします。実際に毛の長さでというよりは下毛の密生した毛で熱がこもりやすく暑いケースが多いです。

ふわふわでキレイな毛を保つのにはこの下毛を除去することと、ブラッシングは欠かせません。生えてきた下毛をそのままにしておくと、根元でもつれて毛玉になり蒸れて、フケやかゆみの原因にもなります。

毛が長い、毛量も多く下毛が密なので皮膚をきちんと見れなかったり、ご自宅でのブラッシングが難しい犬種でもあるため定期的にトリミングサロンに出してトリマーさんにチェックしてもらいましょう。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

【ペットのがん治療】がんの化学療法について (10.18)

  • 連載

光を失った犬が教えてくれたのは「今を頑張ること」【保護犬と暮らす】 (10.18)

  • 連載

【いぬのはてな】いくつ知ってる?「犬のことわざ」〜後編〜 (10.17)

  • 連載

【ペットのがん治療】そもそも「がん」とは? (10.16)

  • 連載

【いぬのはてな】いくつ知ってる?「犬のことわざ」〜前編〜 (10.16)

  • 連載

愛犬の健康を維持するためのフード選び (10.16)

[PR]
  • 連載

【いぬのはてな】犬を飼っていない人の家に行く時に持参したいもの (10.15)

  • 連載

【いぬのはてな】ミックス犬の魅力と種類について (10.14)

もっと見る

注目のグッズ

音や振動に反応して猫シルエットが浮かび上がるLEDライト

背中に乗るドラえもんがかわいい!写真映えするキュートなミニベスト

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ

にゃにゃっ?予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク電動ねこじゃらし

機能性とデザイン性を両立した日本製の自動給餌器

アリなどの不快害虫からわんこを守る「インセクトシールド」

浮世絵師「歌川国芳」の猫をあしらったかわいい升酒グラス

猫が猫型ロボットに…!?「ドラえもん」に大変身できるアイテム

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る