TOP>連載 > かわいいシルエットを作るポメラニアンのカット術【ドッグビューティー通信】
  • 連載

かわいいシルエットを作るポメラニアンのカット術【ドッグビューティー通信】

PETomorrow(ペットゥモロー)】

麻布・白金ドッグビューティー通信

かわいいシルエットを作るポメラニアンのカット術

image2-2

つぶらな瞳にふわふわな毛がとても愛らしいポメラニアン。前回ご紹介したようにカラーバリエーションも豊富でサイズや顔も様々。カットも切りそろえるとまるで小さな柴犬やライオン、タヌキの風貌を似せたようなカットもあります。毛の長さで様々なカットバリエーションがありDoggie-Doでもポメラニアンのカットは多く、人気急上昇中です。

image1-3

一方でポメラニアンは、下毛とよばれる密生した毛がとても豊富で、もつれたり毛玉にもなりやすい犬種でもあります。ちゃんと飼うには、こまめなブラッシング、定期的なトリミングなどによるお手入れが大切なんですよ。

本来、カットをする事のない犬種ですが夏場になると暑そうに見えるためカットするコも最近、増えてきています。ここで注意しなければいけない事は、暑そうだからと言って地肌が透けるような短さまで刈りこまない事。バリカンなどでむやみに短くすると、もとのキレイで長くふさふさな毛に戻らない事があるんです。バリカンを入れることで毛質が変わりキレイに毛が生えてこなくなる犬種のひとつがポメラニアンです。

image3

そのため、Doggie-Doではそのことを飼い主様にお伝えし、バリカンではなくオールシザーでのカットをオススメしています。

シザーだと短く出来る長さに限界があるのと、皮膚や毛への刺激を軽減できるのでバリカン仕上げよりもキレイに、今までのように毛が伸びてくれます。全身とは言わずお尻や胸、お腹の長い毛などを切りそろえただけでもキレイに見えますよ。

それでも何だか暑そうに見えてきになる場合はブラッシングを念入りにして下毛を取るだけでとてもスッキリします。実際に毛の長さでというよりは下毛の密生した毛で熱がこもりやすく暑いケースが多いです。

ふわふわでキレイな毛を保つのにはこの下毛を除去することと、ブラッシングは欠かせません。生えてきた下毛をそのままにしておくと、根元でもつれて毛玉になり蒸れて、フケやかゆみの原因にもなります。

毛が長い、毛量も多く下毛が密なので皮膚をきちんと見れなかったり、ご自宅でのブラッシングが難しい犬種でもあるため定期的にトリミングサロンに出してトリマーさんにチェックしてもらいましょう。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

【いぬのはてな】ペットセーバーってなに? (8.16)

  • 連載

【看板犬探訪】3匹の看板犬とまったり触れ合える! 早稲田のベジタリアン向けカフェ「Cafe... (8.16)

  • 連載

【いぬのはてな】ひなたぼっこが好きな犬が多いのはどうして? (8.15)

  • 連載

【いぬのはてな】柴犬の独特な距離感「柴距離」って知ってる? (8.14)

  • 連載

久しぶりの愛犬との再会で実践したい3つのポイント【ドッグトレーニング】 (8.14)

  • 連載

【いぬのはてな】犬と人間の脳の違い (8.13)

  • 連載

光を失った先代犬が教えてくれたのは、「今をハッピーに頑張ること」【保護犬と暮らす】 (8.12)

  • 連載

熱中症対策、ウチの子はこうしてます! 愛犬家の皆さんに聞いてみた (8.12)

もっと見る

注目のグッズ

イタリアの工房が手がけるシルバー製の猫アクセサリー

雨の日が待ち遠しくなる!キュートなドラえもんレインコート

人気ブランド「PORTER」とコラボしたここでしか買えない限定お散歩トート

江戸猫がアクセント!「歌川国芳」の猫をあしらったビールグラス

あっという間に変身できちゃう!ドラえもんかぶり帽子

ドラえもんから投げキッス♡アウター風アレンジのボーダータンク

冷却機能と早食い防止機能を備えたおしゃれなフード&ウォーターボウル

ペットとのペアルックにいかが?田中帽子製の麦わら帽子

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る