TOP>連載 > 【青山尚暉のわんこと行くクルマ旅】鬼怒川 絆 中編
  • 連載

【青山尚暉のわんこと行くクルマ旅】鬼怒川 絆 中編

PETomorrow(ペットゥモロー)】

絆到着オデッセイHV
オデッセイHVで訪れた鬼怒川 絆

モダンスティール・メタリックのオデッセイHVで訪れた初春の鬼怒川。東京から約170キロ、約2時間のドライブは、犬連れにちょうどいい距離。途中、中間地点の東北自動車道・佐野SAのドッグランで遊び、そこから今回の「わんこと行くクルマ旅」の目的地である2015年12月に開業した犬連れ専門の高級温泉旅館「鬼怒川 絆」まで約1時間。

さすがHVでモーター走行の場面が多く、静かで快適すぎるオデッセイHVだから、まったくストレスなく到着することができました。ちなみに東京から鬼怒川までの走行距離は約170キロ。平均燃費は驚愕の16.8km/L!! つまり、ガソリンの消費量はたった約10L。当日のレギュラーガソリンは1L=100円だったから、ガソリン代はたった約1000円ワン!!

さてさて、ロビーでお茶と和菓子をいただいたあと、専任の仲居さんに案内され迎賓室『竜胆(りんどう)』に入るとマリアたちの大荷物はすでにお部屋に運ばれていました。マリアとララは、ドライブ旅行先の宿ではお約束のお部屋探検に出発。何しろ182平米の広さだから探検のしがいがあります。まずは今いる本間。ここにはテレビやペットアメニティもあったよ。庭園を見渡せる広縁にはソファも完備されていて、人も犬もしっぽり!?寛げます。

りんどうリビング★
本間の奥は縁側~庭園

りんどうドッグアメニティ
本間にあったドッグアメニティ

庭園
お部屋から庭園に直接出れます

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

ケージの中だけで暮らしていたサルーキ【保護犬と暮らす】 (12.18)

  • 連載

まうじろうおじさんと散歩。【まう助日記】 (12.18)

  • 連載

【ペットのがん治療】超音波を使ったがん治療「高強度収束超音波治療」とは? (12.17)

  • 連載

トイプードルは毛の色で性格が違う…? (12.16)

  • 連載

猫の睡眠事情【犬猫家族】 (12.16)

  • 連載

【ペットのがん治療】凍らせて壊死させるがんの治療法・凍結療法について (12.16)

  • 連載

【ペットのがん治療】熱でがんが消滅!?古代ギリシア時代でも用いられていた温熱療法について (12.15)

  • 連載

産まれた赤ちゃんと引き換えによそへ出された甘えん坊の小さな犬【保護犬と暮らす】 (12.15)

もっと見る

注目のグッズ

ウイスキー評論家・山岡秀雄氏監修!キュートな猫ラベルの数量限定シングルモルト登場

避難時のペット運搬に!『避難ジャケット ベーシック(付属品9点セット)』

猫のモフモフリラックスタイム♪ 寝心地抜群の「ドラえもん フェイスベッド」

人気ブランド「PORTER」とコラボしたここでしか買えない限定お散歩トート

寒い季節にピッタリ♪ わんこ用『ドラえもん ちゃんちゃんこ』

にゃにゃっ?予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク猫じゃらし

押忍!ドラえもんの「わんこ用柔道着」が登場(笑)

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る