TOP>連載 > 【青山尚暉のわんこと行くクルマ旅】鬼怒川 絆 中編
  • 連載

【青山尚暉のわんこと行くクルマ旅】鬼怒川 絆 中編

PETomorrow(ペットゥモロー)】

絆到着オデッセイHV
オデッセイHVで訪れた鬼怒川 絆

モダンスティール・メタリックのオデッセイHVで訪れた初春の鬼怒川。東京から約170キロ、約2時間のドライブは、犬連れにちょうどいい距離。途中、中間地点の東北自動車道・佐野SAのドッグランで遊び、そこから今回の「わんこと行くクルマ旅」の目的地である2015年12月に開業した犬連れ専門の高級温泉旅館「鬼怒川 絆」まで約1時間。

さすがHVでモーター走行の場面が多く、静かで快適すぎるオデッセイHVだから、まったくストレスなく到着することができました。ちなみに東京から鬼怒川までの走行距離は約170キロ。平均燃費は驚愕の16.8km/L!! つまり、ガソリンの消費量はたった約10L。当日のレギュラーガソリンは1L=100円だったから、ガソリン代はたった約1000円ワン!!

さてさて、ロビーでお茶と和菓子をいただいたあと、専任の仲居さんに案内され迎賓室『竜胆(りんどう)』に入るとマリアたちの大荷物はすでにお部屋に運ばれていました。マリアとララは、ドライブ旅行先の宿ではお約束のお部屋探検に出発。何しろ182平米の広さだから探検のしがいがあります。まずは今いる本間。ここにはテレビやペットアメニティもあったよ。庭園を見渡せる広縁にはソファも完備されていて、人も犬もしっぽり!?寛げます。

りんどうリビング★
本間の奥は縁側~庭園

りんどうドッグアメニティ
本間にあったドッグアメニティ

庭園
お部屋から庭園に直接出れます

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

ケージの中だけで暮らしていたサルーキ【保護犬と暮らす】 (10.20)

  • 連載

【ペットのがん治療】将来に期待されるがんの治療法「実験的治療」とは? (10.20)

  • 連載

【今月のドッグフレンドリー・カー】ホンダ ステップワゴン・スパーダHV (10.20)

  • 連載

爪研ぎの変えどき。そして、誕生日【犬猫家族】 (10.20)

  • 連載

【ペットのがん治療】がんの放射線療法とは? (10.19)

  • 連載

【ペットのがん治療】がんの化学療法について (10.18)

  • 連載

光を失った犬が教えてくれたのは「今を頑張ること」【保護犬と暮らす】 (10.18)

  • 連載

【いぬのはてな】いくつ知ってる?「犬のことわざ」〜後編〜 (10.17)

もっと見る

注目のグッズ

ダンボールのプロが開発!おしゃれで使い勝手のいい猫用爪とぎ

音や振動に反応して猫シルエットが浮かび上がるLEDライト

背中に乗るドラえもんがかわいい!写真映えするキュートなミニベスト

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ

にゃにゃっ?予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク電動ねこじゃらし

機能性とデザイン性を両立した日本製の自動給餌器

アリなどの不快害虫からわんこを守る「インセクトシールド」

浮世絵師「歌川国芳」の猫をあしらったかわいい升酒グラス

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る