TOP>連載 > 【わんこと行くクルマ旅】鬼怒川 絆 前編
  • 連載

【わんこと行くクルマ旅】鬼怒川 絆 前編

PETomorrow(ペットゥモロー)】

青山尚暉のわんこと行くクルマ旅

鬼怒川絆メイン

今回、マリアが今大注目しているドッグフレンドリーカーの代表格、最新のオデッセイHVで出かけたのは、昨年12月に開業したばかりの「愛犬と楽しむ宿」をコンセプトとした「しぶごえグループ」最新の高級温泉旅館「鬼怒川 絆」。オデッセイのTVCFには竹林がバックになっていたりして、和の心を持つミニバンに似合う1軒として選んだわけです。

オデッセイHV鬼怒川絆
オデッセイHV

その燃費性能は両側スライドドアを備えた大型ミニバンとしてはあり得ない最高26・0km/L!!すでに自動車評論家でもあるパパがあちこち走ってテストして、17~20km/Lはいく実燃費。しかも乗り心地は以前のモデルに比べずっとマイルド、快適になったんだから、鬼怒川への遠出もまったく苦にならないってもん。

オデッセイHVには7人乗り2列目キャプテンシート(プレミアムクレードルシート)と8人乗り2列目ベンチシートの2タイプが用意されているけれど、マリアがリクエストしたのは8人乗りのほう。たしかに7人乗りのほうが2列目席プレミアムクレードルシートのかけ心地が断然良くて(特別にシート表皮裏に厚手のウレタンクッションが張られています)、シートアレンジの種類もより豊富。特にロングスライド機構を生かした2列目席足元フロアは広大そのもの。大型犬2頭が寛げるほど広いんです。

オデッセイHV2列目席差最大
7人乗りプレミアムクレードルシート

しかーし、8人乗りの2列目ベンチシートは犬が乗る前提なら座面が一体でよりフラットだから、犬が直に座っても、クレートを置くにしてもより安定して快適に乗っていられて、しかもスライドドアから乗車する地上から約30cm、つまりノンステップと同じぐらい低くフラットなフロアからシート座面先端までの高さがベンチシートのほうが約3cm低くて(フロアから約32cm)、シニア犬のマリアが飛び乗るのに好都合だから。自動車評論犬としてそのあたり、しっかりチェックしているんだよ。

オデッセイHV2列目ベンチ
8人乗りベンチシート

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

【今月のドッグフレンドリー・カー】BMW 523dツーリング ラグジュアリー (8.17)

  • 連載

【いぬのはてな】ペットセーバーってなに? (8.16)

  • 連載

【看板犬探訪】3匹の看板犬とまったり触れ合える! 早稲田のベジタリアン向けカフェ「Cafe... (8.16)

  • 連載

【いぬのはてな】ひなたぼっこが好きな犬が多いのはどうして? (8.15)

  • 連載

【いぬのはてな】柴犬の独特な距離感「柴距離」って知ってる? (8.14)

  • 連載

久しぶりの愛犬との再会で実践したい3つのポイント【ドッグトレーニング】 (8.14)

  • 連載

【いぬのはてな】犬と人間の脳の違い (8.13)

  • 連載

光を失った先代犬が教えてくれたのは、「今をハッピーに頑張ること」【保護犬と暮らす】 (8.12)

もっと見る

注目のグッズ

猫が猫型ロボットに…!?「ドラえもん」に大変身できるアイテム

イタリアの工房が手がけるシルバー製の猫アクセサリー

雨の日が待ち遠しくなる!キュートなドラえもんレインコート

人気ブランド「PORTER」とコラボしたここでしか買えない限定お散歩トート

江戸猫がアクセント!「歌川国芳」の猫をあしらったビールグラス

あっという間に変身できちゃう!ドラえもんかぶり帽子

ドラえもんから投げキッス♡アウター風アレンジのボーダータンク

冷却機能と早食い防止機能を備えたおしゃれなフード&ウォーターボウル

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る