TOP>連載 > 【いぬのはてな】犬も花粉症にかかることがあるってほんと?
  • 連載

【いぬのはてな】犬も花粉症にかかることがあるってほんと?

PETomorrow(ペットゥモロー)】

犬の花粉症の症例が増えています!

4-4

犬の花粉症の症状は、人間の代表の症状とされる、目のかゆみ、くしゃみや鼻水といった症状ではなく、人間に比べてよりデリケートな皮膚へ症状が出ると言われています。

人間でも辛い花粉が多く飛び交う春や秋の時期になり、目の周り、鼻、耳、四肢の脇や下腹部など、被毛の少ない部分に湿疹やただれなどの皮膚症状が現れる場合、花粉のアレルギーを持っている可能性があります。

湿疹やただれなどを気にして身体をかくことで、膿んだり炎症を起こしたりしてしまうこともあるので、花粉の多く飛ぶ季節は、飼い主が注意して見てあげることが大切です。

動物病院では、食物アレルギーはもちろんのこと、花粉アレルギーの検査をし、アレルゲンを特定することも可能なので、花粉時期愛犬にいつもと違う症状が現れるようなら、一度検査することをおすすめします。

文/大原絵理香

配信サイト:「ペットゥモロー」
http://petomorrow.jp/
ペットとの生活をより楽しく、充実させるためのノウハウや情報をお届けするペット総合情報メディアです。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

飼い主との死別を経てセラピードッグとなった柴犬【保護犬と暮らす】 (8.21)

  • 連載

【看板犬探訪】真田丸の舞台・九度山に実在した高野山の案内犬ゴン (8.20)

  • 連載

【わんこと行くクルマ旅 特別編】災害時に強いドッグフレンドリーカー (8.20)

  • 連載

露天風呂で愛を育む【わんちゃんからの贈り物(おでかけ編10)】 (8.20)

  • 連載

犬との幸せな時間のために生きている【柴門ふみの50過ぎて犬を飼う】 (8.19)

  • 連載

【いぬのはてな】犬がへそ天する理由って? (8.18)

  • 連載

【今月のドッグフレンドリー・カー】BMW 523dツーリング ラグジュアリー (8.17)

  • 連載

【いぬのはてな】ペットセーバーってなに? (8.16)

もっと見る

注目のグッズ

夏にぴったりな涼しげカラー!ドラえもんフェイスボーダー

音や振動に反応して猫シルエットが浮かび上がるLEDライト

機能性とデザイン性を両立した日本製の自動給餌器

予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク電動ねこじゃらし

猫が猫型ロボットに…!?「ドラえもん」に大変身できるアイテム

イタリアの工房が手がけるシルバー製の猫アクセサリー

雨の日が待ち遠しくなる!キュートなドラえもんレインコート

人気ブランド「PORTER」とコラボしたここでしか買えない限定お散歩トート

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る