TOP>連載 > 【わんこと行くクルマ旅】八ヶ岳ワンワンパラダイス×アウトランダーPHEV 前編
  • 連載

【わんこと行くクルマ旅】八ヶ岳ワンワンパラダイス×アウトランダーPHEV 前編

青山尚暉のわんこと行くクルマ旅

ワンパラアウトランダーPHEV

自動車評論家でもあるパパはPHEVが大好きです。EV(電気自動車)のモーターによるガソリンを一滴も使わない環境に優しく静かでウルトラスムーズな走りと、万一、電気がなくなっても基本的に発電用のエンジンが付いていてしっかり走れる頼もしさの融合がたまらないのだとか。

そんなPHEVの代表格が三菱のアウトランダーPHEV。今回は春の足音がちょっぴり遠い、ドッグフレンドリーリゾートでもある八ヶ岳へドライブ旅行。

とはいえ何故、3月なのに、まだ雪が残る八ヶ岳に向かうのかと言えば、アウトランダーPHEVは四輪駆動で雪道に強いだけじゃなく、「EV走行を基本とした」エコドライブが得意だから。そして東京から八ヶ岳に向かう中央フリーウェイと八ヶ岳エリアには、EV用の充電スポットが充実しているんだって。

現在、EV、PHEV用の充電スポットは全国に約12000か所以上あるんだけど、今回のドライブルートだと2016年1月に山梨県内で初の急速充電サービスを開始した八ヶ岳PA(上下線各1基)のほか、石川PA(上下線各1基)、談合坂SA(上下線各2基)、双葉SA(上下線各1基)に充電スポットがあって、東京から八ヶ岳へは、ほとんどの区間でEV中心の走行が可能になるらしい。

また八ヶ岳エリアはホテルや道の駅などに無料充電スポットがあるから、高原の空気を汚さないEV走行を基本としたリゾートドライブが可能になるというわけ。なるほどね。

ちなみにアウトランダーPHEVのEV航続距離はJC08モードで60.8キロ。実EV走行距離は約45キロぐらいとか。

マリアのお家を満充電で出発したアウトランダーPHEVは(わが家には充電設備があるんだよ)中央フリーウェイ石川PAで80%充電(急速充電は80%まで)。ここまでは家から約45キロだからほぼEV走行で来れました。そしてそこから約37キロの談合坂SAで、マリアたちがドッグランで遊んでいる間にまたまた充電(80%充電で約30分)。

ここまでは上り坂で途中エンジンがかかったけど、多くの区間で静かで滑らかすぎるEV走行。おかげでうっかりララとグーグー気持ち良く寝てしまいました。

アウトランダーPHEVSA充電
談合坂SAで充電中

SAドッグラン
充電中にドッグランで遊べば効率的

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

ペットの介護生活の裏に潜むストレスや鬱、生活の質の低下 (1.19)

  • 連載

【わんこと行くクルマ旅 特別編】寒い時期にぴったり!プライベートドッグラン付きの宿 (1.19)

  • 連載

飼い主との死別を経てセラピードッグとなった柴犬【保護犬と暮らす】 (1.18)

  • 連載

【わんこと行くクルマ旅 特別編】レジーナリゾート蓼科がリニューアルオープン! (1.18)

  • 連載

おもちゃ。【まう助日記】 (1.17)

  • 連載

光を失った犬が教えてくれたこと【保護犬と暮らす】 (1.17)

  • 連載

秘密基地。【まう助日記】 (1.15)

  • 連載

沢田藍子さんの「柴犬狂言」展へ【犬猫家族】 (1.15)

もっと見る

注目のグッズ

寒い季節にピッタリ♪ わんこ用『ドラえもん ちゃんちゃんこ』

押忍!ドラえもんの「わんこ用柔道着」が登場(笑)

人気ブランド「PORTER」とコラボしたここでしか買えない限定お散歩トート

にゃにゃっ?予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク猫じゃらし

空気層96%のケアマット!驚くほど快適だからわんこもぐっすり

背中に乗るドラえもんがかわいい!写真映えするキュートなミニベスト

使い心地に大満足!ペット用木製ベッドホーム

音や振動に反応して猫シルエットが浮かび上がるLEDライト

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る