TOP>連載 > 犬や猫にも糖尿病ってあるの?【Dr.古江のお悩み相談室】
  • 連載

犬や猫にも糖尿病ってあるの?【Dr.古江のお悩み相談室】

petomorrow連載イラスト08

お水をたくさん飲んでたくさんおしっこをする、「多飲多尿」の裏に潜んでいる怖い病気の中に「糖尿病」があります。

「糖尿病って人間だけじゃなくて動物にもあるの?」よく飼い主さんに質問される事柄の1つですが、その質問の答えはもちろん「あるんです」。

では、糖尿病ってどういう病気なんでしょうか?

糖尿病の初期によく起こる変化としては、多飲多尿の他には多食(食欲が増すこと)が認められることがあります。初期にはそのくらいしか外見的に見える変化はありません。つまり元気具合はいつもとあまり変わりないのです。そのため飼い主さんは、「水を飲む量やおしっこが多いけれど、よく食べて元気があるから、まさか病気じゃないよね。」と考えるようです。

このため糖尿病は見逃されやすいんです。

糖尿病という病気は、尿の中に糖が出るというイメージしかない方が多いのですが、実は大変な病気です!本来はエネルギーとして有効に使うはずの糖が使えなくなってしまい、エネルギーにできなかった過剰な糖が尿中にでてくる病気なので、ちゃんと食べているのに、食べた栄養がきちんと使えなくなってしまうため、体としては栄養不足の状態になります。栄養不足なので栄養を求めて多食になるんですね。

食べているのに体重が減ってくるという不思議な現象

d5b9abb92a541c98c896b9e094ce55b8_s

糖尿病の初期に食欲が増えるのは、エネルギー不足を補うための反応です。一生懸命食べるけれど、栄養としては身に付かない・・・そうすると体に貯蓄している脂肪や筋肉という、エネルギーの元を切り崩してエネルギーとして利用する様になります。そのため糖尿病が進行すると、いくら食べてもどんどんエネルギー不足になるため、食べているのに体重が減ってくるという不思議な現象が起こってきます。

使いやすいエネルギー源の糖が上手く使えずに、脂肪をエネルギー源として使用していくと、ケトン体という体にとって有害な物質が作られてしまいます。このケトン体が体にどんどん蓄積してしまうと血液が酸性に傾き、命に関わるケトアシドーシスという非常に危険な状態に陥ってしまいます。それ以外にも、高血糖状態が続く事で白内障や腎障害などの合併症が起きてくる事もあります。

このように放置していると命に関わることもある糖尿病ですが、メインとなる治療法はインスリン注射による血糖のコントロールです。よく飼い主さんから「注射をうつのは怖いので、他に飲み薬はないですか?」と聞かれるのですが、残念ながらワンコの糖尿病は膵臓からのインスリン分泌能力が低下する、またはなくなる「Ⅰ型糖尿病」がほとんどです。

そのため人でみられる、インスリンの分泌能力は残っているけれどインスリンに対しての抵抗性が増してしまう「Ⅱ型糖尿病」のように血糖降下剤という飲み薬で血糖値のコントロールをすることはできないんです。ニャンコの場合は、膵炎から「II型糖尿病」を発症する事が多いと言われていて、一時的な糖尿病になっていることがあるため、インスリンの注射をすることで糖尿病状態を離脱できることがあります。

インスリンは注射でしか摂取できない!

8b229f324338f720a63fee67e1bc64d0_s

このインスリンはタンパク質からできているホルモンなので、口から摂取しても分解されてしまい効果がなくなってしまいます。なので、錠剤、粉末、液体どんな形状であれ経口タイプのインスリンはないのです。注射しかないんですね。

インスリン注射液には色々な種類がありますが、糖尿病にかかっているワンコ、ニャンコは基本的に1日2回注射を打たなくてはいけません。そうなると、毎日2度動物病院で注射を打つ訳にはいかないので、飼い主さんがご自宅で打つ必要がでてきます。

日々の診療の中で糖尿病を診断し、病気の説明と今後のインスリン治療についてお話しすると、やはり自宅でインスリン注射を毎日おこなう事を心配される飼い主さんが多いようです。「予防注射でも痛がるのに、お家でなんてできるかしら?」と心配される方もおられました。そんな時私は、飼い主さんの前で実際に注射を打ってみせます。そうすると、飼い主さんが想像されているよりも針が細く、それほど痛がらないので、やってみようかと思える飼い主さんが多いです。医療関係者の方でなければ注射なんて打った事はなくて当たり前なんです。

93cc75c193f75a2b25828de20bbfc618_s

注射される側の性格によってやりやすい、やりにくいはありますが、実際に注射を練習して治療を続けていけば、注射する側もされる側もそれなりに上手になっていきます。はじめは、注射が不安で眠れないとおっしゃっていた飼い主さんが、半年ぐらいしてから「今までは主人に抱っこしてもらってやっていたけれど、最近ではごはんを夢中で食べている間に注射すると気づかないんですよ」とおっしゃられることもありました。

糖尿病は基本的に「治る病気」ではないけれど、上手にコントロールをしていけば、苦しい思いをさせなくてすむ病気です。発見が早ければ、体力も栄養も体にまだ残っているので、治療に対する反応も良い事が多いです。「あれ 変だな?」と感じたら、かかりつけの先生に相談してみて下さいね!

fp01

文/古江加奈子(獣医師)

パーク動物医療センター副院長。福岡県獣医師会、福岡市獣医師会、日本獣医がん学会に所属。言葉の話せない動物を治療するうえで、動物たちに聞く代わりに飼い主から沢山のことを聞き、飼い主とのコミュニケーションを最重視するドクター。http://parkanimal.jp/

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

【看板犬探訪】真田丸の舞台・九度山に実在した高野山の案内犬ゴン (8.20)

  • 連載

【わんこと行くクルマ旅 特別編】災害時に強いドッグフレンドリーカー (8.20)

  • 連載

露天風呂で愛を育む【わんちゃんからの贈り物(おでかけ編10)】 (8.20)

  • 連載

犬との幸せな時間のために生きている【柴門ふみの50過ぎて犬を飼う】 (8.19)

  • 連載

【いぬのはてな】犬がへそ天する理由って? (8.18)

  • 連載

【今月のドッグフレンドリー・カー】BMW 523dツーリング ラグジュアリー (8.17)

  • 連載

【いぬのはてな】ペットセーバーってなに? (8.16)

  • 連載

【看板犬探訪】3匹の看板犬とまったり触れ合える! 早稲田のベジタリアン向けカフェ「Cafe... (8.16)

もっと見る

注目のグッズ

音や振動に反応して猫シルエットが浮かび上がるLEDライト

機能性とデザイン性を両立した日本製の自動給餌器

予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク電動ねこじゃらし

猫が猫型ロボットに…!?「ドラえもん」に大変身できるアイテム

イタリアの工房が手がけるシルバー製の猫アクセサリー

雨の日が待ち遠しくなる!キュートなドラえもんレインコート

人気ブランド「PORTER」とコラボしたここでしか買えない限定お散歩トート

江戸猫がアクセント!「歌川国芳」の猫をあしらったビールグラス

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る